ホーム > >

Zookeeper インストールについて

Linux でインストール場合

zookeeperのダウンロードURL: https://zookeeper.apache.org/releases.html。

安定なバージョンを選択します。この記事で使用された releaseバージョンは3.4.14です。ダウンロードして、インストールしてください。

次のURLを開いてください。

https://www.apache.org/dyn/closer.lua/zookeeper/zookeeper-3.4.14/zookeeper-3.4.14.tar.gz

URLを開いた後、次のインターフェイスが表示されます。

ダウンロードアドレスを選択し、wgetコマンドを使用してダウンロードしてインストールします。

Zookeeper のインストール

$ wget https://mirror.bit.edu.cn/apache/zookeeper/zookeeper-3.4.14/zookeeper-3.4.14.tar.gz
$ tar -zxvf zookeeper-3.4.14.tar.gz
$ cd zookeeper-3.4.14 
$ cd conf/
$ cp zoo_sample.cfg zoo.cfg
$ cd ..
$ cd bin/
$ sh zkServer.sh start

実行した後、サーバーは正常に起動します。

サーバーの情報を表示します。(スタンドアロンノードを起動します)

クライアントを起動します。

$ sh zkCli.sh

helpコマンド:

ZooKeeper -server host:port cmd args
        stat path [watch]
        set path data [version]
        ls path [watch]
        delquota [-n|-b] path
        ls2 path [watch]
        setAcl path acl
        setquota -n|-b val path
        history 
        redo cmdno
        printwatches on|off
        delete path [version]
        sync path
        listquota path
        rmr path
        get path [watch]
        create [-s] [-e] path data acl
        addauth scheme auth
        quit 
        getAcl path
        close 
        connect host:port

Windowsでインストールする場合

zookeeperのダウンロードURL: https://zookeeper.apache.org/releases.html。

ダウンロードアドレスを選択し、ダウンロードするバージョンをクリックしてダウンロードします。

ダウンロードした後に解凍します。

confディレクトリのzoo_sample.cfgファイルをコピーし、名前をzoo.cfgに変更します。

インストールディレクトリに空白のdataフォルダとlogフォルダを新規作成します。

zoo.cfg構成ファイルを変更し、dataDir=/tmp/zookeeper をzookeeperインストールディレクトリが配置されているdataフォルダに変更し、データログを追加する構成を追加します。(自分のインストールパスに従って変更する必要があります)

zkServer.cmdをダブルクリックして、プログラムを起動します。

コンソールにはbind to port 0.0.0.0/0.0.0.0:2181が表示されると、サーバーが正常に起動したことを意味します。

zkCli.cmdをダブルクリックして、クライアントを起動します

Welcome to Zookeeper!が表示される と、クライアントを正常に起動したことを意味します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です