ホーム > >

Zookeeper linux サーバークラスタの構築ステップ

この記事では、3つのzookeeperサーバークラスタを構築するステップを示します。

必要なのは、3つの仮想マシン環境を作成し、Java Development Kit(JDK)をインストールすることです。VMまたはvagrant+virtualboxによって、centos/ubuntu環境を構築できます。この記事では、ホストwindows10システムとvagrant+virtualboxによって構築されたcentos7環境に基づいています。クラウドサーバーまたは物理マシンを直接使用する場合も同じです。

ステップ1:3つのzookeeper環境を準備し、他の記事に従ってzookeeper圧縮パッケージをダウンロードします。3つのクラスタcentos環境は次のとおりです。

マシン1:192.168.3.33

マシン2:192.168.3.35

マシン3:192.168.3.37

ヒント:ifconfigコマンドを使用してIPアドレスを表示できます。

ステップ2:zoo.cfgの構成情報を変更しないでください

zookeeperの3つのポート機能

  • 2181:クライアントにサービスを提供します
  • 2888:クラスタでのマシン通信に使用します
  • 3888:leader 選挙に使用します

server.id = ip:port:portによって、クラスタ構成ファイルを変更します。

3つの仮想マシンのzoo.cfgファイルの最後に構成を追加します。

server.1=192.168.3.33:2888:3888
server.2=192.168.3.35:2888:3888
server.3=192.168.3.37:2888:3888

IDと対応するアドレスに従ってmyidを構成します

vim /tmp/zookeeper/myid

この例の構成が完了した後、検索した結果は次のように表示されます。

IP 192.168.3.33マシンでmyidを構成します。このマシンは前回の記事でスタンドアロンマシンとして起動されたため、version-2が表示されます。表示されても構いません。

IP 192.168.3.35 マシンでmyidを構成します。

IP192.168.3.37 マシンでmyidを構成します。

ステップ3:クラスタを起動します

起動する前にファイアウォールを閉じる必要があります。(動作環境で対応するポートを開く必要があります)

systemctl stop firewalld

192.168.3.33を起動してログを確認します。このとき、他の2つはまだ起動しておらず、一時的に接続できないため、ログにエラーが報告されることは異常ではありません。

他の2台が起動したら、3台のマシンの状況を確認します。

IP 192.168.3.33

IP 192.168.3.35

IP 192.168.3.37

最後に、クラスタが正常に構築されたというメッセージが表示されます。Mode:leaderはマスターノードを表し、followerはスレーブノードを表し、1つのマスターと2つのスレーブの構造です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です