ホーム > >

XMLバリデータ

XMLバリデータを使用して、XMLファイルの構文を確認します。

XMLエラーはプログラムを終了する

XML文書に既存のエラーはXMLアプリケーションを終了させます。

W3CのXML基準には、次のように記載されています。XMLドキュメントにエラーがある場合、プログラムはドキュメントの処理を続行しないでください。その理由は、XMLソフトウェアは軽量で、高速で、互換性がある必要があるためです。

HTMLを使用すると、多くのエラーを含むドキュメントを作成できます(例えば、終了タグを忘れた場合)。 主な理由の1つは、HTMLブラウザーが非常に大きくて互換性が低く、エラーが見つかった場合にドキュメントがどのように表示されるかを独自の方式で決定することです。

XMLを使用する場合、この状況は存在しないはずです。

XMLの構文チェック

XMLの構文を検証しやすくするために、XMLバリデータを作成しました。

XMLを次のテキストボックスに貼り付け、[検証]ボタンをクリックして構文を検証します。

構文は正しい場合:

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<note>
<to>Tove</to>
<from>Jani</from> 
<heading>Reminder</heading>
<body>Don't forget me this weekend!</body>
</note>

構文は間違った場合:

<?xml version="1.0" ?> 
<note>
<to>Tove</to> 
<from>Jani</Ffrom> 
<heading>Reminder</heading> 
<body>Don't forget me this weekend!</body> 
</note>

ヒント:XMLが「整形式」であるかどうかのみをチェックします。XMLをDTDによって検証する場合は、この記事の最後を参照してください。

DTDによってXMLを検証する

Internet Explorerを実行している場合、下記のテキスト領域でDTDによってXMLを検証できます。

DOCTYPE宣言(DTDを含む)をXMLの要素に追加し、[検証]ボタンをクリックすればいいです。

<?xml version="1.0" ?> 
<!DOCTYPE note [
  <!ELEMENT note (to,from,heading,body)>
  <!ELEMENT to      (#PCDATA)>
  <!ELEMENT from    (#PCDATA)>
  <!ELEMENT heading (#PCDATA)>
  <!ELEMENT body    (#PCDATA)>
]>
<note>
<to>Tove</to> 
<from>Jani</from> 
<heading>Reminder</heading> 
<message>Don't forget me this weekend!</message> 
</note>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です