ホーム > >

XMLの説明

XMLは、データを送信および保存するように設計されています。

HTMLは、データを表示するように設計されています。

習得すべき基本的な知識

学習を続ける前に、下記の内容を事前に理解しておく必要があります。

  • HTML
  • JavaScript

XMLとは何ですか?

  • XMLはエクステンシブル マークアップ ランゲージ(EXtensible Markup Language)の略語です。
  • XMLは、HTMLに似てるマークアップ言語です。
  • XMLは、データを表示するのではなく、データを送信するように設計されています。
  • XMLタグは事前定義されていません。 ラベルは自分で定義する必要があります。
  • XMLは、自己記述的であるように設計されています。
  • XMLはW3Cの推奨標準です。

XMLとHTMLの違い

XMLはHTMLの代品ではありません。

XMLとHTMLは、異なる目的のために設計されています。

  • XMLはデータを送信および保存するように設計されており、その焦点はデータの内容です。
  • HTMLはデータを表示するように設計されており、その焦点はデータの外観にあります。

HTMLは情報を表示するように設計されており、XMLは情報を送信するように設計されています。

XMLは何もしない

この言い方を理解するのは少し難しいかもしれませんが、XMLは何もしません。 XMLは、情報を構造化、保存、および送信するように設計されています。

下記の例は、JaniがToveに送るメモで、XMLとして保存されています。

<note>
<to>Tove</to>
<from>Jani</from>
<heading>Reminder</heading>
<body>Don't forget me this weekend!</body>
</note>

上記のメモは自己記述的です。 送信者と受信者の情報が含まれ、同時にタイトルとメッセージ本文があります。

ただし、このXMLドキュメントはまだ何もしません。 これは、XMLタグにある純粋な情報を包装することだけです。 このドキュメントを送信、受信、表示する場合、ソフトウェアまたはプログラムを作成する必要があります。

XMLで独自のタグを作成できる

上記の実例にあるタグは、XML標準(<to>や<from>

など)で定義されていません。 これらのタグは、XMLドキュメントの作成者によって作成されました。

これは、XML言語に事前定義されたタグがないためです。

HTMLで使用されるタグはすべて事前定義されています。 HTMLドキュメントでは、HTML標準で定義されているタグ(<p、<h1>

など)のみが使用できます。

XMLを使用すると、作成者は独自のタグと独自のドキュメント構造を定義できます。

XMLはHTMLの代品ではない

XMLはHTMLの補充です。

XMLはHTMLを代替しないことを理解することが大切です。 ほとんどのWebアプリケーションでは、XMLがデータの転送に使用され、HTMLがデータのフォーマットと表示に使用されます。

XMLに対する最適な記述は:

XMLは、ソフトウェアやハードウェアに依存しない情報伝達ツールです。

XMLはW3Cの推奨標準である

XMLは、1998年2月10日にW3Cの推奨標準になりました。

XMLはどこもある

現在、XMLは、常にWebの基盤であるHTMLのように重要な役割をWebで果たしています。

XMLは、各アプリケーション間のデータ転送に最も常用のツールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です