ホーム > >

XML検証

正しい構文のXMLは、「整形式XML」と呼ばれます。

DTDによって検証されたXMLは合法的なXMLです。

整形式XML文書

整形式XML文書の構文は正しいです。

前の記事で説明した構文規則:

  • XML文書にはルート要素が必要です
  • すべてのXML要素には終了タグが必要です
  • XMLタグでは大文字と小文字が区別されます
  • XML要素は正しくネストする必要があります
  • XML属性値には引用符で囲む必要があります
<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
<note>
<to>Tove</to>
<from>Jani</from>
<heading>Reminder</heading>
<body>Don't forget me this weekend!</body>
</note>

XML文書を検証する

合法的なXML文書は、整形式XML文書であり、文書型定義(DTD)に適合します。

<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
<!DOCTYPE note SYSTEM "Note.dtd">
<note>
<to>Tove</to>
<from>Jani</from>
<heading>Reminder</heading>
<body>Don't forget me this weekend!</body>
</note>

上記の例では、DOCTYPE宣言は外部DTDファイルへの参照です。次には、このファイルの内容を示しています。

XML DTD

DTDの目的は、XML文書の構造を定義することです。 一連の合法的な要素を使用して、文書構造を定義します。

<!DOCTYPE note
[
<!ELEMENT note (to,from,heading,body)>
<!ELEMENT to (#PCDATA)>
<!ELEMENT from (#PCDATA)>
<!ELEMENT heading (#PCDATA)>
<!ELEMENT body (#PCDATA)>
]>

DTDを学習したい場合、ホームページでDTDチュートリアルを参照してください。

XML Schema

W3Cは、XML Schemaと呼ばれるXMLベースのDTD置換をサポートしています。

<xs:element name="note">

<xs:complexType>
<xs:sequence>
<xs:element name="to" type="xs:string"/>
<xs:element name="from" type="xs:string"/>
<xs:element name="heading" type="xs:string"/>
<xs:element name="body" type="xs:string"/>
</xs:sequence>
</xs:complexType>

</xs:element>

XML Schemaを学習したい場合、ホームページでSchemaチュートリアルを参照してください。

通用するXMLバリデータ

XMLファイルの構文を確認しやすくするために、XMLバリデータを作成し、任意のXMLファイルの構文を確認できます。

次の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です