XboxシリーズXのリリース時期が確定

マイクロソフトCFOが再びソーシャルプラットフォームで、新世代のゲームコンソールXboxシリーズXのリリース時期が11月の休暇中に発売すると発表しました。 今回のニュースは、世界中のホストプレーヤーにとって非常に重要で、一安心しました。

実際、マイクロソフトは7月23日にXbox Game Exhibitionを開催しました。この展示会では、多くの傑作と独自のゲームラインナップも展示されました。 マイクロソフトはまた、7月23日の展示会に関していろいろと事前準備をし、この重要なイベントでプレイヤーの注意を引き、XboxシリーズXを再びプレイヤーの注目を浴びらせました。

マイクロソフトはまた、この新世代のゲーム機にも多大な精力を費やしました。XboxシリーズXに関するトピックをオンラインで投稿したり、マイクロソフトのニュースをトップに留めたりして、端的に言えば、プレイヤーの注目を引き、Xboxシリーズ Xは市販前に勢いをつけています。

実は今年3月、マイクロソフトはXboxの公式サイトで「Xbox Series X」の新机种の情報を発表しました。発表時期は2020年のとある休みになると発表しました。この情報と合わせて、新机种の発表は2020年の11月26日の感謝祭になる可能性が高いと推測しています。

気づいたかもしれませんが、これまでのゲーム機のリリース時期を見てみると、すべて11月にリリースされていたので、感謝祭でなくても11月にリリースされていました。

マイクロソフトはXboxシリーズXのすべてのパラメーターを発表し、新世代のゲーム機戦争が始まりました。

XboxシリーズXのデザインコンセプトは「史上最強のXbox」ですが、どれほど強いですか? 8ビットから16ビット、2Dから3D、SDからHD、Microsoftは次世代のゲーム機は十分なパフォーマンスを提供し、開発者が妥協することなく、動的な解像度操作なしにゲームを 4K 60フレームで実行できるようにする必要があると考えています。 同時に、新しいホストはゲームのより高い要件を満たすために120フレームをサポートできる必要があります。 ゲームの最終的な解像度とフレームは開発者自身によって決定されますが、Microsoftがしなければならないことは、すべてのゲームが十分なパフォーマンスサポートを確実に得られるようにすることです。

最終的には、上記の考え方に基づいて、マイクロソフトの新しいホストXboxシリーズXの詳細なハードウェア構成は次のようになりました。そして、マイクロソフトは新しいホストの3つの重要な変更と機能に焦点を当てました。 (下の図では、Xbox Series XとXbox OneおよびXbox One Xのハードウェア構成パラメータの比較が添付されています。)。

CPU8 [email protected] GHz(3.66 GHz w/SMT)カスタムZen 2 CPU
GPU12 TFLOPS、52 [email protected] GHzカスタムRDNA 2 GPU
メインチップ面積360.45mm2
プロセッサー7nm Enhanced
メモリ16 GB GDDR6 w/320mb bus
メモリ帯域幅[email protected] GB/s、[email protected] GB/s
内蔵容量1 TBのカスタムNVME SSD
I/Oパフォーマンス2.4 GB/秒(元データ)、4.8 GB/秒(圧縮データ)
拡張性1 TB拡張カード
外付けストレージUSB 3.2に対応、外付けハードドライブに接続可能
オプティカルドライブ4K UHD Blu-Rayオプティカルドライブ
パフォーマンス目標[email protected] FPS、最大120 FPS

新しいホストにとって、ハードウェアアクセラレーションによるDirectXライト追跡効果は重要な機能であり、ゲームのライトとシャドウ効果を大幅に改善します。 マイクロソフトは、「Minecraft」の追跡効果の比較表を発表し、この新機能がゲームをどのように変えるかを示しました。 デモンストレーションに使用される別のゲームはGears of War 5です。これはXboxシリーズXを使用して、PCバージョンのゲームのUltra構成を実行し、解像度とテクスチャの詳細が向上しています。

さらに、ゲームのリアルタイムレンダリングは4K 60フレームで実行することもでき、より滑らかになるのですが、以前、Xbox One Xは30フレームでしか実行できませんでした。

画面に加えて、「Gears of War 5」の読み込み速度も大幅に改善され、以前ホストでオフにされていた多くの視覚効果もオンになり、画面がよりリアルになりました。 さらに、ゲームはすでに100フレームで実行でき、チームはゲームのマルチプレーヤーモードを120フレームに到達させることで、プレーヤーがコンソールでこれまでにない経験を楽しめるようにしています。 さらに重要なことは、これらすべての最適化と調整は開発チームのに約1週間しかかからなかったことです。非常に速いです。

マイクロソフトは、Gears of War 5はXboxシリーズXの発売日に次世代ゲーム機向けに最適化されたバージョンを発売されると述べています。すでにゲームを所有しているすべてのプレイヤーは無料でアップデートできます。

XboxシリーズXのもう1つの重要な変更は「速度」です。これはいくつかの側面に分かれています。

まず、プレーヤーがプログラムやゲームを切り替えるときに待機する時間を短くし、さまざまな状態からゲームにすばやく戻ることができるように、Microsoftは「Xbox Velocity Architecture」と呼ばれる新しいホストシステムアーキテクチャを特別に設計しました。 この新しいアーキテクチャとSSDハードドライブを組み合わせることで、XboxシリーズXのソフトウェアとハードウェアを緊密に統合し、ゲームに必要な素材の転送を高速化します。 マイクロソフトによると、開発者は100GBのゲーム素材をほぼ瞬時に取得してアクセスできます。

このテクノロジーの最大の収益者はオープンワールドゲームです。このタイプのゲームは動的なゲームワールドを持っています。ゲームエクスペリエンスが中断されないように、ホストは常にデータにアクセスして取得する必要があります。 これまで、開発者はトンネルやエレベーターなどのいくつかの方法を使用して、ゲームのロードを隠したりしていましたが、これらは新しいホストでは回避できます。 同時に、そのようなゲームの「高速配信」は本当に高速になります。

XboxシリーズXの読み取り速度の比較

同時に、XboxシリーズXには、ダイナミックレイテンシインプット(Dynamic Latency Input)と呼ばれるシステムがあり、HDMI 2.1、可変リフレッシュレート(Variable Refresh Rate)、および自動低レイテンシモードを搭載してこれらのテレビをサポートしています。プレーヤーが実際にゲームの遅延の減少を感じることができます。

次に、前述のクイックリカバリ機能があります。Microsoftによると、現在ほとんどのプレイヤーは月に2〜3ゲームをプレイしていますが、この世代のコンソールのクイックリカバリ機能は、多くても1つのゲームしかサポートしていません。新しいゲームを開始するには、もう1つを閉じる必要があります。 次世代のXboxシリーズXでは、プレーヤーは1つのボタンで複数のゲームの間にゲームから飛び出し、別のゲームから去ったときの状態に戻ることができます。

これらのゲームの状態はSSDに保存されるため、ゲーム機をオフにしたり、システムアップデートをインストールしたり、電源プラグを抜いたりした場合でも、電源を入れた直後にゲームを終了したときの状態に戻ることができます。 マイクロソフトのテスターは、XboxシリーズXのコンセント抜き、システムアップデートをインストールしてから一週間後、再起動するとすぐに、一週間前の時点でゲームの状態に正常に戻りました。

次世代Xboxの3番目の重要なポイントは、ゲームの互換性です。

マイクロソフトは、XboxシリーズXが4世代のXboxゲームをサポートすることを再度確認しました。前の世代のゲームは、高速な起動速度と読み込み速度、より安定したフレームレート、 高解像度と優れたゲーム画像品質など、新しいゲーム機でのパフォーマンスがさらに向上します。 同時に、マイクロソフトのチームは、新しいテクノロジーを開発し続け、過去のゲームの互換性を高め、XboxシリーズXで実行できるように努めます。

もちろん、現在使用しているほとんどのXboxアクセサリ、ゲームの保存、さまざまな進行状況などが、次世代のゲーム機で使用できます。 XboxチームがXboxシリーズXが異なる世代のケーム機の接続をサポートすることも述べたました。

最後は、同じゲームが異なる世代のゲーム機との互換性についてです。これを実現するには、スマートデリバリー(Smart Delivery)機能購入しなければなりません。この機能により、プレーヤーは一度購入するだけで、ゲームのすべてのXboxバージョンを手に入れます。購入時に手間を省き、シームレスに異なるXboxホストで切り替えて、安心して游ぶことができます。

ソニーはマイクロソフトの行動に答え、PS5の詳細なパラメーターを発表しました

ソニーが詳細なパラメーターを発表した後、彼の周りの友人の意見はいくつかに分けられました。

一つ目は、「Sonyは泥縄で、グラフィックカードを2.23 GHzに増やしましたが、パフォーマンスはXboxに勝ることができず、非常にパッシブです。」

2つ目は、「Sony はSSDは高速であり、グラフィックスカードのパフォーマンスの低下は問題ではない」という考えです。

3つ目は、「Sonyは独占ゲームを持っていますが、XBoxは独占ゲームが少ないです。独占ゲームをプレイするならやはりソニーです。」

4つ目は、「グラフィックカードが2.23 GHzを超えているということは、AMD RDNA2グラフィックカードが非常に強力になることを示しています。AMD素晴らしい!」

これらの4つの観点はそれぞれの理屈があります。PS5とXboxシリーズXの類似点と相違点をパラメーターで分析します。

理論上のパフォーマンス:Xboxが優位

第8世代と同様に、ソニーとマイクロソフトの両方がAMDのカスタムプロセッサを使用しています。 前世代のAMD Jaguar プロセッサーは、 Bulldozerマイクロアーキテクチャーの簡素化に基づいていましたが、この世代のプロセッサーは、AMDのZen 2アーキテクチャーを採用しました。同じ周波数のパフォーマンスが大幅に向上しました。

PS5とXboxシリーズXはどちらも8コアZen 2 CPUであり、Microsoftの周波数はわずかに高くなっています。PS5と比較すると、SMTハイパースレッディングテクノロジーも備えています。ゲームが適切に最適化されている場合、XboxシリーズXで実行することには明らかな利点があります。

PS5対XboxシリーズX

PS5は動的周波数設計を使用します(負荷に応じて、CPU周波数は特定の範囲内で変動します)シナリオによっては、CPU消費を削減し、グラフィックスカードに割り当てることができます。

GPUに関しては、PS5はパッシブです。 2013年にPS4とXbox Oneがリリースされたとき、XBoxはGPUパフォーマンスの競争でPS4に負け、ギャップを最小限に抑えるために発売前にプロセッサーをオーバークロックしたことを今でも覚えています。 それにもかかわらず、初期のXbox Oneは1080Pゲームを実行する際、スムーズにいかず、解像度を900Pまでに下げて、やっとPS4の効果に合わせることができました。

Microsoftが2017年にXbox One Xをリリースしたとき、GPU CUの数を一度に12から40に増やし、単精度浮動小数点は6TFLOPSに達し、ホストパフォーマンスで1位になりました。
パフォーマンスを重視する姿勢は、XboxシリーズXにも顕著に表れています。XboxシリーズX 52CUは、PS5 36CUよりも最大16個多くのGPUユニットを搭載しており、理論的に16%優れたパフォーマンスを実現しています。

CU数の違いに加えて、PS5のGPU周波数は2.23 GHzに達しており、Xboxの1.825 GHzよりもかなり高いことがわかります。

周波数を高くすると、消費電力と発熱量が増加します。ただし、PS5はCPUで動的周波数をサポートしているため、場合によっては発熱量を減らすことができます。 ソニーはGPUの周波数を2.23 GHzに上げたことは、PS5の熱発散設計に自信があることを示しています(もちろん現時点ではPS5が熱発散で問題を引きおこる可能性を排除することはできません)。

一方、PS5は、RDNA2アーキテクチャの可能性も示しています。このような高い周波数ができたことは、近々にリリースするRX 6000シリーズのグラフィックスカードも良いパフォーマンスがあると信じています。

さらに、RDNA2アーキテクチャはレイトレーシングもサポートしています。つまり、この世代のゲーム機はレイトレーシングを一般化し、将来、3A作品の標準的な仕様になるでしょう。

IOパフォーマンス:PS5ははるかに優れています

APUのパフォーマンスの違いに加えて、Xbox Series XとPS5の違いのもう一つはSSDです。

長年にわたる開発により、SSDはPCの標準的なストレージデバイスになりました。 PS4時代では、多くのプレイヤーがゲーム機を手に入れる最初のことはSSDに切り替えることです。 HDDハードディスクのIOボトルネックは非常に深刻です。ディスクの読み取りがゲーム体験に与える影響を減らすために、多くのゲームでは2つの大きなシーンの間にトンネルのようなものを配置し、プレーヤーがそれを通過するときに次のシンを読み取ります。

当然、SSDは第9世代のゲーム機の標準構成になっていますが、SSDの選択に関しては、マイクロソフトとソニーの意見は異なります。

XboxシリーズXは1TB SSDを使用し、IOスループットは2.4GB /秒(元)、4.8GB /秒(圧縮)です。 これと比較して、PS5のSSD IOスループットはほぼ2倍、5.5GB /秒(元)、8-9GB /秒(圧縮)です。 明らかに、これはソニーに、特にゲームのロードとシーンの切り替えにおいて明確な優位をもたらします。

このような高いIOスループットは、プロセッサの潜在能力を最大化するだけでなく、必要なメモリ容量も減らすことができます。IOで十分であれば、すべてのシーンを事前にメモリにロードする必要はありません。

しかし、PC側から見ると、SSD IOは重要ですが、SSD IOはメモリのプリロードを減らし、シーンの切り替え際の読み取り問題を減らすだけであり、ゲームのフレームレートは向上しません。 ソニーがプロセッサーのパフォーマンスの欠点を補うために強力なIOパフォーマンスをうまく利用できるかどうかは、その後のゲームの最適化にかかっています。

メモリとその他:両者の間に大きな差はありません

ソニーはIO性能で大勝利を収め、外付けハードドライブの拡張性のほうも少し強いです。 Xboxはシーゲイトがカスタマイズした外付SSD拡張カードのみをサポートしているのに対し、ソニーにはNVMeスロットがあります。ただし、内蔵ハードドライブはPCI-E 4.0のプロトコルであるため、外付ハードドライブがIOの足を引っ張らないようにするには、少なくともPCI-E 4.0のNVMe SSDが必要です。価格は割高です。

NVMe外を除いて、PS5はUSB HDDもサポートし、あまりプレイしないゲームでもHDDを使用し、Xboxよりは優れています。

メモリでは、どちらも16GB GDDR6ですが、Xboxには10GBの帯域幅が560GB / sにあり、残りの6GBはPS5よりも低く、336GB / sにすぎません。 実際のゲームの効果は、両者の発売を待って比較する必要があります。

オプティカル(光学式)ドライブは、双方とも4K UHDのBlu-rayを採用しており、具体的な読み取り速度は公表していませんが、オプティカル(光学式)ドライブに重点が置かれていません。

互換性:XboxシリーズXがPS5を上回る

Xboxでは、前の世代から、すでに初代との互換性をサポートしています。 XboxシリーズXを購入すると、高解像度とフレームレートで4世代のXboxプラットフォームのゲームを楽しむことができ、一部のゲームではより良いビジュアルを楽しむことができます。

PS5も下位互換性がありますが、PS4 Proに限定されています。

最後に

あなたが昔のゲーム愛好家であり、プレイしたいゲームがソニーの独占ゲームではない場合、XboxシリーズXは確かにより良い選択です。 プレイしたいゲームがPS限定の場合は、選択肢がなく、PS5を購入してください。

露出パラメーターから判断すると、XboxシリーズXは、パフォーマンスの点から優位に立ています。プレイヤーがクロスプラットフォームの傑作(銃、車、ボールなどのPCプラットフォームでもプレイできるゲーム)を好む場合は、Xboxが適しています。

しかし、ゲーム機市場はパフォーマンスのみを重視する市場ではなく、より多くのプレイヤーがゲーム機を選択するには、ゲーム機が特定の専用ゲームがあるためです。 ソニーがPS5世代で優れた独占作品を数多く生み出し続けることができれば、市場を独占し続けることは不可能ではありません。

これらの2台のゲーム機が発売までまだ時間があります。ゲームの情報を待ってみてはいかがでしょうか。

最後に、私の考えについて話させてください:独占ゲームをプレイするための専用のPS5、 AMDの高性能PC、ハンドルを接続してXboxとして、マウスを接続してEU4をプレーし、全部買ってやってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です