Windows 10のスクリーンショット方法

画面でスクリーンショットするといえば、だれもが[Print Screen]ボタンを選択します。が、実はWindows 10にはいくつかの便利なスクリーンショット方法があります。スクリーンショットの範囲を自ら決めることができ、操作も簡単です!

切り取り&スケッチ

切り取り&スケッチツールはよりアクセスしやすく、スクリーンショットを共有することが簡単ですが、Team Snipping Toolという重要な機能が欠けています。切り取り&スケッチウィンドウの左上の”新規”ボタンをクリックすることで画面をキャプチャします。

切り取り&スケッチ窓口が消えると、画面の上部では小さなメニューが表示され、四角形、フリーフォーマット、ウィンドウ、または全画面表示、4つスクリーンショットの種類を選択できます [切り取り&スケッチ]ウィンドウの[新規]ボタンの横にある下矢印ボタンをクリックして、編集を3秒または10秒遅らせることもできます。

スクリーンショットをすると、切り取り&スケッチに読み込まれ、ウィンドウ上部の鉛筆、ボールペン、蛍光ペンやその他のツールを使用して注釈を付けることができます。スクリーンショットもクリップボードにコピーされ、クリップボードには作成したすべてのメモが含まれています。

スクリーンショットツール

WindowsからSnipping Toolが存在しています。新規ボタンをクリックして画面のスクリーンショットを開始します。デフォルトの編集タイプが四角形ですが、フリーフォーマットやフ全画面、ウィンドウ等を使用することも可能です。

スクリーンショットは自動的に保存されません。閉じる前に手動で保存する必要があります。キャプチャした画像はクリップボードに自動的にコピーされます。

スクリーン印刷

画面全体をキャプチャするには、[Print Screen](PrtScnと表示される場合があります)ボタンをクリックします。 スクリーンショットはファイルとして保存されませんが、クリップボードにコピーされます。 画像編集ツール(Microsoftペイントなど)を開き、スクリーンショットをエディターに貼り付け、そこからファイルを保存します。

Windowsキー+ Print Screenキー

画面全体をキャプチャし、スクリーンショットを自動的に保存するには、Windowsキー+ Print Screenキーをクリックすると画面が一瞬暗くなります。スクリーンショットしたことを示しています。

スクリーンショットの画像はピクチャ>クリーンショットのフォルダに保存されます。

Windowsキー+ shift-S

キーボードショートカットのWindowsキー+ Shift-Sを使用して、スクリーンショットすることもできます。 画面が暗くなり、画面の上部に切り取り&スケッチの小さなメニューが表示され、キャプチャしたいスクリーンショットのタイプを選択できます。

Alt + Print Screen

ウィンドウをすばやくキャプチャするには、Alt + PrtScnを使用します。 これにより、現在使用するウィンドウがキャプチャされ、スクリーンショット画像がクリップボードにコピーされます。 保存するには、画像エディタでを開く必要があります。

ゲームバーのスクリーンショット

ゲームをプレイしているかどうかに関係なく、ゲームバーを使用してスクリーンショットができます。 Windowsキー+ Gキーをクリックして、ゲームバーを表示します。 ここで、ゲームバーのスクリーンショットボタンをクリックするか、Windowsキー+ Alt + PrtScnをクリックして、全画面をスクリーンショットします。 ゲームバーのスクリーンショットのキーボードショートカットキーを設変更するには、[設定]> [ゲーム]> [ゲームバー]に設置してください。ちなみに、このページでゲームバーを有効にして、ゲームバーを使用してゲームクリップ、スクリーンショット、およびブロードキャストの記録を切り替えます。

Windowsロゴ+ボリュームダウン

Microsoft Surfaceを使っているのであれば、実物のボタンで画面全体を切り取るスクリーンショットができます。携帯とかタブレットのスクリーンショットと類似です。この操作はSurface画面の下部にあるwindowsロゴタッチボタンを押して、タブレット側面の物理のボリュームダウンボタンを押すと画面は一瞬暗くなります。スクリーンショット画像が自動的にpictures、Screenshotsフォルダに保存されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です