ホーム > >

Windows仮想デスクトップの使用方法とそのショートカットキー

Windows 10のリリース後、Microsoftはついに同社のオペレーティングシステムに仮想デスクトップ機能を取り入れました。これはmacOSではすでに配置されています。

この機能には強いニーズがあります。仮想デスクトップがない場合、Windowsでは、ブラウザ、カレンダー、タスク管理アプリケーション、チャットソフトウェア、メールのウィンドウを頻繁に切り替える必要があります。ウィンドウ間で重ねたり、遮ったりするオーバーラップは、不快に感じさせます。

ウィンドウのオーバーラップ

ウィンドウの切り替えはボタンを押すだけですが、思考が途中で中断される可能性があります。 たとえば、私はアンナにメールを書き込もうとしていましたが、いくつかのことが起こる可能性があります。

1、以前の会話の履歴を見つけたい場合は、タスクバーの編集/ウェブページ/ファイルマネージャーの一連のウィンドウからチャットウィンドウを選択し、クリックして開く必要があります。

2、チャットを見た後、アンナに通知する前に日付を設定する必要があることに気づいき、タスクバーの一連のウィンドウの中からカレンダーウィンドウを見つけます。

3、ウィンドウを見つけて事情を了解し、メールウィンドウに戻ります。待って、アンナに何を言いたかったのですか。

理想的な解決策は、複数のモニターを購入することです。 Windowsデスクトップを複数の画面で表示し、 各画面には必要なタスクウィンドウを表示し、首をひねることでウィンドウを切り替えて内容を確認することができます。

仮想デスクトップ機能を使用すると、複数のモニターを購入する予算を節約できます。

仮想デスクトップは何ができますか?

各仮想デスクトップは、独立したワークスペース(Workspace)と見なすことができます。

仮想デスクトップが作成されるたびに、新しいワークスペースを開くようなものです。 新しいスペースでは、以前のタスクウィンドウと混同することを心配せずに、まったく異なる一連のタスクを開始できます。

仮想デスクトップ管理インターフェイス

使用中に、3つのデスクトップがちょうどよいことがわかりました。 著者はそれを「3つのデスクトップスタイル」と呼んでいます。3つのデスクトップは次のとおりです。

  • 作業デスクトップ:開発/作成などのエディターなどのソフトウェアを配置するために使用されるウィンドウ
  • 参考デスクトップ:GTD /カレンダー/参考ノートなどのソフトウェアを配置するために使用されるウィンドウ
  • 通信デスクトップ:Line / Slack / Mailなどのソフトウェアを配置するために使用されるウィンドウ

これにより、仕事に集中したいときは、まったく気にする必要はなく、他の2つのデスクトップのウィンドウの内容を見ることもできません。 参照情報が必要な場合は、「参照デスクトップ」に切り替えるだけでよいです。前回開いた参照ウィンドウに戻るので、タスクバーに移動してウィンドウを探す必要はありません。 WeChatで話し合う相手を見つけたい場合は、直接「通信デスクトップ」に切り替えることができます。開いているWeChatウィンドウがそこで私を待っています。

ウィンドウを頻繁に最大化、最小化、および切り替えることによって引き起こす「中断」を大幅に回避できます。

「3つのデスクトップスタイル」の1つの実例

仮想デスクトップの使い方は?

Windows 10の仮想デスクトップは優れていますが、スタートアップのパスは少しわかりづらいです。 以下は、仮想デスクトップを起動および切り替えるためのいくつかの一般的な方法です。

タクスビューパス

仮想デスクトップを起動する場合、最もストレートなパスは、Windowsタスクバーの[タスクビュー]ボタンです。 ボタンの位置は、Windows10のバージョンごとにわずかに異なります。

1、タスクバーの左側にタスクビューボタンがあります。それをクリックします。

2、クリックすると、「タスクビュー」が表示され、そこから「タスクウィンドウ」を切り替えたり「仮想デスクトップ」作成したりできます。

ショートカットキー

テキストの入力や編集のためにキーボード操作を実行している場合、通常はショートカットキーを使用して仮想デスクトップを切り替えます。

ショートカットキーを使用すると操作がスムーズになり、「切り替え」操作によって両手がキーボードから離れて、再びキーボードに戻って中断が発生することがなくなります。

タスクビュー操作と比較して、次の7つの「ショートカットキー」の方がより実用的です。

  • Winキー-Tab:「タスクビュー」を開きます。これは、「タスクビュー」ボタンをクリックするのと同じです。
  • Winキー-Ctrl-D:新しい仮想デスクトップを作成します。
  • Winキー-Ctrl-F4:現在の仮想デスクトップを削除します。
  • Winキー-Ctrl-左キー:隣接する左側の仮想デスクトップに切り替えます。
  • Winキー-Ctrl-右キー:隣接する右側の仮想デスクトップに切り替えます。
  • Win +上下左右キー:異なる画面をすばやく分割します
  • Alt + Tab:このデスクトップの作業ウィンドウを切り替えます

その中でも、4番目と5番目のショートカットキーは特に便利で、二つのデスクトップの間に素早く切り替えることができます。

仮想デスクトップの高度な使用方法

ショートカットキーの切り替えはすでに非常に効率的な方法ですが、以下のいくつかのシナリオでは次の使用方法がより効率的です。

まず第一に、ショートカットキーが速い理由は、筋肉の記憶が脳の思考に取って代わり、ウィンドウを見つけてマウスを動かしてクリックする必要がないためです。 ただし、ショートカットキーを使用する場合は両手で押す場合がありますので、マウスから手が離れてしまい、思考や作業が中断してしまいます。

このような問題を解決するために、以下の方法をお勧めします。

1.マウスの「カスタムボタン」ショートカットを設定します

この方法は、マウスで仮想デスクトップショートカットを設定します。

まず、カスタマイズ可能な「ボタン」を備えたマウス、つまり「左右のボタン」以外にボタンがつくマウスが必要です。

現在、多くのマウス(特にゲーミングマウス)は「カスタムボタン」ついています。 次に、「ボタン」を上記のショートカットキーにバインドます。例として、次の3つのバインドを紹介します。

  • Winキー-Ctrl-マウスの左キー(左側の仮想デスクトップに切り替えます)
  • Winキー-Ctrl-マウスの右キー(右の仮想デスクトップに切り替えます)
  • Winキー-Tab(「タスクビュー」)

Logitechマウスを例とします。マウスに付属の設定アプリケーションは「Logitech Options」と呼ばれています。

起動後、現在適用されているマウスを選択します。

対応する拡張ボタンを見つけます

最後に、対応するキーをクリックしてキー機能を変更します。

2.「マクロ」ショートカットを使用します

カスタムボタン付きのマウスがない場合は、AHK(AutoHotkey)スクリプトの使用を検討してください。

Ctrlマウスホイールを使用して、デスクトップをすばやく切り替えるスクリプトを追加します。 しかし、個人的には上記のマウスの「カスタムボタン」ショートカットほどの使用体験は得られないのでお勧めしませんが、両手で協調して操作する必要がありますが、少なくともマウスから手を離すことがありません。

スクリプトは以下になります。

~LControl & WheelUp::
Send {LWin Down}{Ctrl Down}{Left}{Ctrl Up}{LWin Up}
return
~LControl & WheelDown::
Send {LWin Down}{Ctrl Down}{Right}{Ctrl Up}{LWin Up}
return

これは本質的に単純な「マクロ」であり、いくつかの事前設定されたトリガーメソッドを介して一連のWindowsシステム操作を置き換えます。 仮想デスクトップの切り替えをトリガーするためのより便利な方法を組み込むことを試してみてください。

3.ノートパソコンのタッチパッドを使用して切り替えます。

著者は外付けのマウスとキーボードを備えたラップトップを使用していますが、出かける際、マウスを使用していない場合があります。この場合、ノートブックタッチパッドを使用して仮想デスクトップの切り替えも簡単なジェスチャーで実現できます。

タッチパッドのジェスチャーは次のとおりです。

  • 3本の指を上に:タッチパッドに3本の指を置き、外側にスワイプしてタスクビューを開きます。
  • 4本指スワイプ:タッチパッドに4本の指を置き、右または左にスワイプして、右隣または左隣の仮想デスクトップに切り替えます。

最初、この設定画面は見つかりませんでした。Macノートブックの使用経験に基づいてWindowsで偶然に見つけました。 後で、Microsoftの公式ドキュメントで、Windows 10仮想デスクトップのジェスチャがこのように組み込まれていることを発見しました。この機能は、タッチパッドを備えた現在の主流のWindows10ラップトップをすべてサポートします。

最後に

ここまでご覧になって、専属の仮想デスクトップを分割してワークスペース(Workspace)を作成したくなるでしょう。 アイデアがない場合は、上記の「3つのデスクトップスタイル」(つまり、作業用デスクトップ、参照用デスクトップ、通信用デスクトップ)を試してみてください。これにより、いくつかのアイデアが開かれる可能性があります。

実用的であるいは面白い仮想デスクトップの使用方法を発見した場合は、ぜひメッセージを残してお知らせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です