「配信の最適化」を設定して、Win10の更新が加速できます

Microsoftが「Windows Update」設定で導入した「配信の最適化」設定により、更新の方式と速度が柔軟に管理できます。Win10バージョンの更新により、MicrosoftはWindows 10 Fall Creators Update Build 16237バージョンから「配信の最適化」設定に使用される帯域幅の量を変更するためのオプションが追加されました。 無料のインターネットを利用している場合に、全速でWindowsを更新したい場合は、その使用される帯域幅の量を100%に設定すればいいです。今から著者は「配信の最適化」設定を利用して、ダウンロード速度を上げる方法を説明します。

方法(1)、「設定」にある「配信の最適化」を設定します

注意事項:Windows 10 Fall Creators Update Build 16237バージョンを使っている場合は、Microsoftがすでに「設定」の中で、「配信の最適化」項目を設けています。Windows 10 Creators Update(1703)を使っている場合は方法(2)通りに「ローカル・グループ・ポリシー・エディター」で設定できます。

「設定」―「更新とセキュリティ」―「Windows Update」を順番にクリックしてください。「Windows Update」のインタフェースで「詳細オプション」をクリックして次の画面に入ります。

「Windowsの更新時に他のMicrosoft製品の更新プログラムを受け取る」をオンにしてください。そうすれば、Windowsの更新はOSの更新だけではなく、アプリストアのアプリケーションやその他のMicrosoft製品の更新も含まれます。

下の「配信の最適化」をクリックして次の画面に入ります。

「他のPCからダウンロードを許可する」をオンにして、「ローカルネットワーク上のPCとインターネット上のPC」を選んでください。そうすれば、更新する方式はBT / P2P共有ファイルをダウンロードみたいになります。この方式でダウンロード速度はMicrosoftのサーバーより速いです。

下の「詳細オプション」をクリックして次の画面に入ります。

「ダウンロード設定」の「測定された帯域幅の割合(更新元に対して測定)」を選択し、「バックグラウンドでの更新プログラムのダウンロードに使用される帯域幅の量を制限します」をチェックマークをつけて、100%に設定してください。

終了です。今更新のダウンロード速度は全速になりました。

方法(2):「ローカル・グループ・ポリシー・エディター」で「配信の最適化」を設定します。

キーボードの(Win+R)を押して、出たインタフェースで「gpedit.msc」を入力して、「Enter」キーを押して「ローカル・グループ・ポリシー・エディター」に入ります。右側で「コンピューターの構成」―「管理用テンプレート」―「Windowsコンポーネント」―「配信の最適化」順番に入ってください。画面通りに「ダウンロードモード」と「最大バックグラウンドダウンロード帯域幅(パーセント)」を設定してください。

「ダウンロードモード」をダブルクリックして入ります。図示:

「有効」を選んでください。ダウンロードモードのところは「インターネット(3)」に設定し、「OK」をクリックしてください。これは方法(1)に言った「他のPCからダウンロードを許可する」と同じです。

次は「最大バックグラウンドダウンロード帯域幅(パーセント)」に入ってください。図示:

「有効」を選んでください。最大バックグラウンドダウンロード帯域幅(パーセント)のところは100に設定し、「OK」をクリックしてください。これは方法(1)で言った「バックグラウンドでの更新プログラムのダウンロードに使用される帯域幅の量を制限します」と同じです。

注意事項:ここで「既定値は0なら、無制限ではないか?」との疑問があるかもしれません。ここの無制限は、100%帯域幅を調整するのでなく、Win10は「配信の最適化」で設定されているパーセンテージ(0%のため)に制限されなく帯域幅を調整できることを意味します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です