27 September, 2020

Windowsモジュールインストーラーワーカー(Windows modules installer worker)のCPU使用率が高い場合の解決策

コンピューターの使用過程で、コンピューターの動作が異常に遅いことがわかった場合は、ハードウェアの温度を確認することに加えて、タスクマネージャーをチェックして、プロセスがCPUまたはメモリを占有しているかどうかを確認すべきです。確認中に、Windows modules installer workerプロセスの占有率が高いと検出された場合、 この問題を解決するにはどうすればよいですか?これから、Windows modules installer workerのCPU使用率が高い場合の解決策を共有します。

Windows modules installer workerはどのようなプロセスですか?

Windows Modules Installer Workerは、主にWindows Update(自動更新)に使用されるシステムバックグラウンドプロセスであり、Microsoftからリリースされたいくつかのインストールパッケージをインストールし、システムファイルを変更または置換します。 このファイルのCPU使用率が高いことが判明した場合は、システムがバックグラウンドで自動的に更新されている可能性があります。自動更新をオフにすればよいです。後でシステムを更新する必要がある場合は、手動で更新できます。

Windows modules installer workerのCPU使用率が高い場合の解決策

Win10システムで自動更新をオフにする方法。

1.最初にWin + Rの組み合わせのショートカットキーを使用して[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開き、次の図に示すように、入力ボックスにコマンドservices.mscを入力し、[OK]をクリックします。

2.サービス(ローカル)を開いた後、「Windows Update」サービス項目を見つけ、ダブルクリックして開きます。 次の図に示すように、スタートアップの種類として「無効」を選択し、下の「開始」を押してからしばらく経つと、「停止」をクリックし、下部にある「OK」をクリックして保存します。

Win10 企業版は以下の方法を使用してください。キーボードの「Windowsキー+ Rキー」キーの組み合わせを同時に押して「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを表示します。gpedit.mscと入力し、「OK」をクリックして「ローカルグループポリシー」を開きます 「エディタ」;左側で「コンピュータの構成」、「管理用テンプレート」、「Windowsコンポーネント」、「Windows Update」を順に開き、ダブルクリックして右側のリストにある「構成の自動更新」を開きます。「無効」を選択して、「OK」をクリックします。

Win7システムで自動更新をオフにする方法。

1.まず、下の図に示すように、デスクトップの左下隅にある「スタートメニュー」ー「コントロールパネル」ー「更新とセキュリティ」順にをクリックします。

2.システムとセキュリティのインターフェイスで、下の図に示すように、Windows Updateの項目の下にある[自動更新を有効または無効にする]をクリックします。

3.次の図に示すように、重要な更新のオプションを「更新を確認しない(推奨されません)」に変更します。

まとめ

このプロセスがCPUの消費率が高いと判明した場合は、システムアップデートを閉じて問題を解決してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です