ホーム > >

Windowsに付属しているempty.exeを使用してメモリを解放する方法

Windowsプラットフォームでのアプリケーションの容量はますます大きくなり、それに占有されるメモリリソースも増加しています。 多くのプログラムは、多くのメモリリソースを使用した後、すぐに解放できず、大きな無駄を引き起こします。 サードパーティのメモリ管理ソフトウェアを使用すると、メモリリソースを解放できますが、システムが不安定になる可能性があります。 Windows Server2000 / 2003リソースツールボックスにある「empty.exe」コマンドは、この問題を効果的に解決できます。 Empty.exeコマンドはサードパーティソフトウェアのメモリ管理ソフトウェアとは異なり、システムはすべてのメモリリソースを強制的に解放せず、必要なリソースのみを解放しますので、ハードディスクへの負荷は増加しません。

このコマンドを使用するには、Windows Server2000 / 2003リソースツールボックスをインストールする必要があります。

著者は、Windows XPシステムを例として、MSN Messengerプログラムが占有していたメモリリソースを解放します。 コマンドプログラムをダウンロードしてから、それをシステムディレクトリ(c:/ windowsなど)にコピーします。

Empty.exeコマンド形式:

empty.exe {pid(プロセスID)| task-name(イメージ名)}

ステップ1

empty.exeコマンドを使用して、MSN Messengerプログラムが占有しているメモリリソースを解放するには、まずプログラムのプロセスIDまたはイメージ名を見つける必要があります。 CTRL + ALT + DELキーを押した後、「タスクマネージャー」を実行して「プロセス」タブに切り替えると、MSN Messengerプログラムのイメージ名が「msnmsgr」であり、プロセスIDが「1932」であることがわかります。 “、占有メモリリソースは” 5896KB “です。 もちろん、「タスクリスト」を使用して上記のコンテンツを見つけることもできます。

ステップ2

「スタート」―「実行」をクリックし、実行ダイアログボックスに「cmd」と入力すると、コマンドプロンプトウィンドウがポップアップ表示されます。 ウィンドウで「empty1932」コマンドまたは「empty msnmsgr」コマンドを実行するだけです。 この時点で、MSNメッセンジャープログラムによって占有されているメモリリソースが大幅に削減されていることに驚かれることでしょう。

Windows Server2000 / 2003システムでempty.exeコマンドを使用する方法は同じであり、ここで詳細は説明しません。 Microsoft Windows Server 2003リソースキットツールで提供されたものは実用です。2k / xpで使用できます。

使用方法は:empty.exe {pid | task-name}、例えば:empty iexploreはieが占有していたメモリを解放します。pidとtask-nameはタスクマネージャから表示できます。また、xp / 2003でtasklistコマンドを実行して、表示することもできます。

頻繁に使用する場合は、次のようなバッチファイルを作成できます。

empty task-name1
empty task-name2
empty task-name3

これをメモ帳で作成し、free.batとして保存し、empty.exeと一緒にWindowsまたはWinntディレクトリに配置して、スタートメニューの実行ダイアログボックスからfreeを直接入力すればよいのです。

また、システム独自のスケジュールされたタスクを使用してempty.exeを定期的に実行し、定期的かつ自動的にメモリをクリーンアップすることもできます。

1、「empty.exe」ファイルをダウンロードします。保存パスは:

a、システムディレクトリ/ Windows / System32 /ディレクトリ(cmd.exeと同じディレクトリ)にコピーします。

b、または、変更したプログラムを特定のディレクトリに配置します。 ただし、バッチ呼び出しの際完全なるパスが必要であり、例えばDドライブのルートディレクトリに配置し、手順2のバッチファイル呼び出しは「D:\ Empty.exe sqlservr.exe」のように記述します。

2、”メモリプログラムを解放する.bat”バッチファイルを作成します。 Empty.exeの使用は非常に簡単です。コマンドの形式は次のとおりです。 Empty.exe pid(pidはプロセスのproduct IDを指します) Empty.exe task-name(task-nameはプロセスの名前を指します)。

新しいテキストドキュメントを作成し、次の内容をテキストドキュメントにコピーします(今回は2つのプログラムの空きメモリのみを解放しました。必要に応じて変更できます。 “@ Empty.exe *”はすべてのプログラムのメモリです)、 “リリースメモリプログラム . bat”として保存します。(サフィックス名は.bat)

次の行からコピー

@Echo ===================メモリが解放され始める===================
@Rem メモリを解放するプログラムを追加する
@Empty.exe sqlservr.exe
@Empty.exe w3wp.exe
@echo ====================メモリが解放された====================

前の行をコピーして終了

このうち「@」は、コマンドプロンプトウィンドウが表示されないことを意味する

3.サーバーは「タスクプラン」を追加し、定期的に「メモリ解放プログラム.bat」を実行してメモリを解放する

Empty.exeはMicrosoftリソースキットツール(Resource Kit Tools)の一部です。WindowsServer 2003 Resource Kit Toolsは、以下のアドレスからダウンロードできます。容量は約12Mで、英語版のみです。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9d467a69-57ff-4ae7-96ee-b18c4790cffd&displaylang=en

含まれているツールは次のとおりです。

Acctinfo.dll (documented in Readme.htm)
Adlb.exe: Active Directory Load Balancing Tool、AD負荷バランス
Admx.msi: ADM File Parser、ADMファイルの解析
Atmarp.exe: Windows ATM ARP Server Information Tool
Atmlane.exe: Windows ATM LAN Emulation Client Information
Autoexnt.exe: AutoExNT Service
Cdburn.exe: ISO CD-ROM Burner Tool、ISOディスクの書き込み
Checkrepl.vbs: Check Replication,、コピを確認する
Chklnks.exe: Link Check Wizard、リンク確認
Chknic.exe: Network Interface Card Compliance Tool for Network Load Balancing
Cleanspl.exe: Spooler Cleaner、印刷プールのクリーニングする
Clearmem.exe: Clear Memory,メモリのクリーニング
Clusdiag.msi: Cluster Diagnostics and Verification Tool、クラスター診断および検証
Clusfileport.dll: Cluster Print File Port
Clusterrecovery.exe: Server Cluster Recovery Utility、クラスター回復
Cmdhere.inf: Command Here
Cmgetcer.dll: Connection Manager Certificate Deployment Tool
Compress.exe: Compress Files、圧縮ファイル。
Confdisk.exe: Disk Configuration Tool、ディスク配置
Consume.exe: Memory Consumers Tool、メモリの消費
Creatfil.exe: Create File、ファイルの作成
Csccmd.exe: Client-Side Caching Command-Line Options
Custreasonedit.exe: Custom Reason Editor (documented in Readme.htm)
Delprof.exe: User Profile Deletion Utility、ユーザープロファイルの削除
Dh.exe: Display Heap
Diskraid.exe: RAID Configuration Tool,RAID配置。
Diskuse.exe: User Disk Usage Tool,ディスクの使用状況
Dnsdiag.exe: SMTP DNS Diagnostic Tool (documented in Readme.htm) ,SMTP/DNS診断
Dumpfsmos.cmd: Dump FSMO Roles
Dvdburn.exe: ISO DVD Burner Tool,ISO DVD 書き込み
Empty.exe: Free Working Set Tool
Eventcombmt.exe: Check Replication
Fcopy.exe: File Copy Utility for Message Queuing,メッセージリストファイルのコピー
Frsflags.vbs
Getcm.exe: Connection Manager Profile Update,管理構成ファイル更新の接続
Gpmonitor.exe: Group Policy Monitor,グループポリシーの確認
Gpotool.exe: Group Policy Objects,グループポリシーオブジェクト
Hlscan.exe: Hard Link Display Tool
Ifilttst.exe: IFilter Test Suite
Ifmember.exe: User Membership Tool
Inetesc.adm: Internet Explorer Enhanced Security Configuration
Iniman.exe: Initialization Files Manipulation Tool
Instcm.exe: Install Connection Manager Profile
Instsrv.exe: Service Installer,サービスのインストール
Intfiltr.exe: Interrupt Affinity Tool
Kerbtray.exe: Kerberos Tray
Kernrate.exe: Kernel Profiling Tool
Klist.exe: Kerberos List
Krt.exe: Certification Authority Key Recovery
Lbridge.cmd: L-Bridge
Linkd.exe
Linkspeed.exe: Link Speed,リンク速度
List.exe: List Text File Tool,テキストファイルの確認
Lockoutstatus.exe: Account Lockout Status (documented in Readme.htm)
Logtime.exe
Lsreport.exe: Terminal Services Licensing Reporter
Lsview.exe: Terminal Services License Server Viewer
Mcast.exe: Multicast Packet Tool
Memmonitor.exe: Memory Monitor,メモリのチェック
Memtriage.exe: Resource Leak Triage Tool
Mibcc.exe: SNMP MIB Compiler
Moveuser.exe: Move Users,モバイルユーザー
Mscep.dll: Certificate Services Add-on for Simple Certificate Enrollment Protocol
Nlsinfo.exe: Locale Information Tool,地理情報
Now.exe: STDOUT Current Date and Time
Ntimer.exe: Windows Program Timer
Ntrights.exe
Oh.exe: Open Handles
Oleview.exe: OLE/COM Object Viewer
Pathman.exe: Path Manager,パス管理
Permcopy.exe: Share Permissions Copy,共有権限のコピー
Perms.exe: User File Permissions Tool,ユーザーファイル許可ツール
Pfmon.exe: Page Fault Monitor
Pkiview.msc: PKI Health Tool
Pmon.exe: Process Resource Monitor
Printdriverinfo.exe: Drivers Source
Prnadmin.dll: Printer Administration Objects
Qgrep.exe
Qtcp.exe: QoS Time Stamp
Queryad.vbs: Query Active Directory,AD問い合わせ
Rassrvmon.exe: RAS Server Monitor,RASサーバ確認
Rcontrolad.exe: Active Directory Remote Control Add-On
Regini.exe: Registry Change by Script
Regview.exe (documented in Readme.htm)
Remapkey.exe: Remap Windows Keyboard Layout,キーボードレイアウトの再度マッピング
Robocopy.exe: Robust File Copy Utility,強力なファイルコピー
Rpccfg.exe: RPC Configuration Tool,RPC配置
Rpcdump.exe
Rpcping.exe
RPing: RPC Connectivity Verification Tool
Rqc.exe: Remote Access Quarantine Client
Rqs.exe: Remote Access Quarantine Agent
Setprinter.exe: Spooler Configuration Tool
Showacls.exe
Showperf.exe: Performance Data Block Dump Utility
Showpriv.exe: Show Privilege
Sleep.exe: Batch File Wait
Sonar.exe: FRS Status Viewer
Splinfo.exe: Print Spooler Information
Srvany.exe: Applications as Services Utility
Srvcheck.exe: Server Share Check
Srvinfo.exe: Remote Server Information
Srvmgr.exe: Server Manager,サーバー管理
Ssdformat.exe: System State Data Formatter
Subinacl.exe
Tail.exe
Tcmon.exe: Traffic Control Monitor,トラフィック制御確認
Timeit.exe (documented in Readme.htm)
Timezone.exe: Daylight Saving Time Update Utility
Tsctst.exe: Terminal Server Client License Dump Tool
Tsscalling.exe: Terminal Services Scalability Planning Tools
Uddicatschemeeditor.exe: UDDI Services Categorization Scheme Editor
Uddiconfig.exe: UDDI Services Command-line Configuration Utility
Uddidataexport.exe: UDDI Data Export Wizard
Usrmgr.exe: User Manager for Domains,ドメインユーザー管理Vadump.exe: Virtual Address Dump
Vfi.exe: Visual File Information
Volperf.exe: Shadow Copy Performance Counters
Volrest.exe: Shadow Copies for Shared Folders Restore Tool
Vrfydsk.exe: Verify Disk,ディスクのチェック
Winexit.scr: Windows Exit Screen Saver
Winhttpcertcfg.exe: WinHTTP Certificate Configuration Tool
Winhttptracecfg.exe: WinHTTP Tracing Facility Configuration Tool
Winpolicies.exe: Policy Spy
Wins.dll: WINS Replication Network Monitor Parser
Wlbs_hb.dll & Wlbs_rc.dll: Windows Load Balancing Server Network Monitor Parsers

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です