ホーム > >

Windows 10のセキュリティモードをどうやって立ち上げますか

新しいソフトウェアやハードウェアをインストールした後、様々なコンピュータの問題に直面したりすることはきっとあるでしょう。こういった時にセーフモードでWindows 10を起動する必要がありますが、従来のF8キーを押して Windowsセーフモードの起動方法はWindows 10では機能しません。Windows 10のセーフモードへのアクセス方法を知りたければ、この記事を読んでWindows 10のセーフモードに関するすべての内容を把握することになります。

90年代以降、マイクロソフトはos(オペレーティングシステム)市場で主導的な地位を占めてきました。多くの人がWindowsを信頼している理由は、インタフェースやセーフが優れているからです。Windows XPとWindows 7は大成功を収めました。Windows Vista、Windows 8やWindows 8.1は市場の反響は無難でした。

このような背景の中で、2015年にWindows 10を無償で公開しました。 Windows 7やWindows 8.1を利用する人は無料でWindows 10にアップグレードできます。ユーザーは早くもWindows 10に手をつけました。一部の人はそれを気に入ていたが、多くは気に入らなかったんです 。使いにくい一番のの原因は多くのショートカットが削除されたことです。 セーフモードに関しては、初期バージョンではWindowsシステムがロードしていると同時にF8ボタンを押してセーフモードを起動することができたが、現在では非常に複雑になってます。

多くのユーザーが落ち込んでおり、セーフモードでWindows 10を起動するにはどうすれば良いかを尋ねてきました。そこで、我々はWindows 10のセーフモードについて説明していきます。任意の与えられた方法に従って、数分以内にセーフモードでWindows 10が起動されます。しかし、その前に、セーフモードとは何か、その目的は何かを理解するのが最善でしょう。

Windows 10のセーフモードとは?

セーフモードはコンピュータでのユーザプロファイルのようなものです。機能はもっと少ないです。Windows 10がセーフモードで起動する際には、起動に必要な最小限のファイル、ドライバ、アプリケーションがロードされます。要するに、基本的な構成のみがロードされます。デスクトップにはスタイリッシュな壁紙がありません 。フォントやアイコンが大きく見えます。画面の4つの角にはセーフモードが書かれており、Windowsバージョンは上部の中央に書かれています。スピーカーが正常に作動しないのはドライバがロードできないからです。ファイルにアクセスでき、マウスやキーボードを使うことができます。これがセーフモードです。セーフモードでは、標準的な起動と比べる多くの変更に気づくでしょう。

その中のいくつかを見てみましょう

  • ほとんどのドライバはロードされていないため、Windows 10がセーフモードで起動するとき、ほとんどのハードウェアが機能しません。
  • システムのデフォルトのグラフィックス・ドライバは使われません。セーフモードでは標準のVGAのグラフィック・モードを使用します。
  • 音声、インターネット、マイクなどハードウェアはセーフモードでは動作ません。
  • PowerShell、コマンドプロンプト、コンピュータマネージャ、イベントログビューア、デバイスマネージャなどが利用可能です。
  • Microsoftの古いブラウザInternet Explorer を使うことがでますが、Windows 10のセーフモードでは、マイクロソフト新しいWebブラウザが使えなくなります。

なぜWindows 10をセーフモードで起動する必要があるのですか?

新しいソフトウェアをインストールしたり、ある新しいハードウェアにドライバを追加したりする時に、システムがクラッシュしたり崩壊したりしているかもしれません。実、これはオペレーティングシステムがロードする特別な方法です。誤りが出たときにセーフモードを使用して、Windowsのバグ探し出して除去し、システムの崩壊や他の何らかの問題の背後にある原因も見つけることができます。システムをリセットしたり、アンチウイルスソフトを使ってウイルスをチェックしたり、 マルウェアを削除したりすることができますが、セーフモードで実行するのが安全で一番いい解決方法です。システムが最小限の基本サービスとドライバを使っているため、システムが速くなり、影響を受けにくいためです。

他の2種類のセーフモードがあります。サイバーセーフモードとコマンドプロンプトを用いたセーフモードです。一緒に見てみましょう。

サイバーセーフモードとは何か ?

サイバーセーフモードは標準なセキュリテイモードと大体同じですが、ネットワークドライバが追加して搭載されています。ネットワークドライバがロードされているため、コンピューターをInternetや他のネットワークに接続することができます。ブラウザを開き、インターネットを使用することができますが、セーフモードでインターネットを使用しないことをお勧めします。セキュリテイモードでのコンピュータは実際、保護されていなくて攻撃されやすい状態にあります。したがって、 サイバーセーフモードを使うなら安全なサイトのみにアクセスすることをお勧めです。

コマンドプロンプトセーフモードとは?

このモードでは、標準的なWindows GUIではコンピュータが起動することができません。というのはデスクトップやメニューがなく、直接コマンドプロンプトのウィンドウに案内されます。これも専門家しか高級なトラブルシューティングを使用できない理由になります。

どうやってWindows 10のセーフモードを起動しますか

Windows 10のセーフモードをどうやって起動するかを見てみましょう。七種類のセーフモードでWindows 10を起動する方法をチェックしましょう。把握している知識は多ければ多いほどいいです。

システム構成ツールを用いてセーフモードでWindows 10を起動します。

これはWindows 10においてセーフモードで起動する最も簡単な方法の1つです。ユーザーがファイル名msconfig.exeを使用してセーフモードを起動してください。

ステップ1. Windowsロゴボタン+ Rを押して「ファイル名を指定して実行する」ダイアログ枠を開いてmsconfig.exeを入力し、クリックします。

ステップ2.次のウィンドウで「ブート」を選択します。左下の「引導オプション」下でセーフブートをチェックして”最小”をクリックします。

ステップ3.次のダイアログボックスが開きます。ここで、再起動を選択してすぐにセーフモードに入るかまたは後で実行するを選択します。まだ何か処理する仕事がある場合は、再起動せずに終了を選びます。 Windows 10のセーフモードへのアクセスの準備が出来てあるなら再起動を選択してください。

最後のステップの後、システムはセーフモードでWindows 10を再起動します。

鍵セットを用いてセーフモードでWindows 10を起動します

これはWindows 10でセーフモードをブートする方法より簡単であり、より多くのオプションが利用できるようになっています。この方法を使うならコマンドプロンプトを使って、サイバーセーフモードを起動することもできます。

ステップ1. Windowsのロゴボタンを押すかスタートメニューに移り、電源ボタンをクリックします。

ステップ2.キーボードのShiftキーを押しながら再起動をクリックします。

ステップ3.青い画面が表示されます。4つの選択項目があります。4つ目のオプションの「トラブルシューティング」を選んでください。

ステップ4.次の画面で、詳細オプションを選択します。

ステップ5.次の画面では、スタートアップ設定を選択してください。

ステップ6、次の画面でWindowsを再起動してから変更する内容が表示されます。このリストはセーフモードも含まれています。右下には再起動のボタンをクリックします。

ステップ7、コンピューターを再起動し、9つのオプションのブルー画面が表示されます。ここでは、セーフモードを選択することができます。標準のセーフモードにするには、キーボードの4かF4を押してください。サイバセーフモードを起動すれば5またはF5を押してください。コマンドプロンプトを使ってセーフモードを起動すればキーボードの6かF6を押してください。

必要なセーフモードを選択してアクセスしたら、Windows 10はこの特定のタイプのセーフモードに移して起動します。

回復設定を使ってWindows 10のセーフモードを起動します

これはセーフセーフモードにアクセスする別の方法です。この方法を使用して任意種類のセーフモードを起動することも可能です。

ステップ1、設定アプリケーションを開きます。実現できる方法は2つあります。スタートボタンを押して、設定ボタンを選択します。或いはWindowsロゴボタン+ Iを押すだけでいいです。

ステップ2. Windowsの設定において、最後のオプション”更新とセキュリティ”を選択します。

ステップ3.左側欄から回復を選択します。

ステップ4.回復の設定で、PCの起動をカスタマイズする部分で”すぐ再起動”をクリックします。

ステップ5.コンピューターが再起動されます。そして青い画面が表示され、、4つの選択オプションから第4のトラブルシューティングを選びます。

ステップ6.詳細オプションをを選択します。

ステップ7.スタートアップ設定を選択します。

ステップ8.次の画面で、画面右下の再起動ボタンをクリックします。

ステップ9.コンピュータが再起動すると、先の方法で見た9つのオープションと同じ青色の画面が開きます。この画面には、上記説明したすべて3種類のセーフモードが表示されます。需要に応じて4または5または6を押すとWindows 10は 対応のセーフモードで起動します。

アクセスするセーフモードのタイプを選択すると、Windows 10がセーフモードで起動します。

Windows 10ディスク/ドライバをを用いてインストールし、セーフモードを起動します

この方法は、Windows 10のインストールディスクやUSBメモリを持つユーザに適用です。もしお手元にない場合は、Windows 10用の起動可能なUSBドライブを作成する方法をお読みください。インストールするWindows 10ディスク/ドライバのご用意ができたら、コンピュータをセーフモードに誘導します。この方法は、オペレーティングシステムを完全に起動できなかったり、破壊されたりしたコンピュータでは非常に有効です。以下の手順でWindows 10ディスク/ドライバをインストールし、セーフモードへの移行を誘導します。

ステップ1. Win10のディスク/ドライバを挿入しロードを待ちます。ロードした後、言語とキーボードのレイアウトを選びます。 次のステップをクリックします。

ステップ2.次の画面左下に、PCを修復が表示されます。そのボタンをクリックします。

ステップ3.青画面が表示されます。ここでトラブルシューティングを選択します。

ステップ4.次の画面で、コマンドプロンプトを選択します。

ステップ5.コマンドプロンプトのウィンドウが開きます。コマンド 「 Bcdedit /set {default} safeboot minimal」
を書いてEnterボタンを押します。

ステップ6.最後、コマンドプロンプトのウィンドウに新しいメッセージが表示されます :“操作完了”。コマンドプロンプトのウィンドウを閉じます。

ステップ7.ブルー画面で次へを選択します。

コンピューターは自動的にセーフモードに再起動されます。

Windows 10上でリカバリードライバを用いてセーフモードを起動します

Recovery DriveアプリケーションからWindows 10で回復デバイスを作成することができます。この方法を開始する前に、USBデバイスを作成する必要があります 。フラッシュドライブまたは外部ハードディスクを取得します。

ステップ1. USBリカバリードライバの作成が完了すると、それを用いてWindows 10コンピュータを起動し、そのコンテンツをロードします。

ステップ2.コンテンツをロードした後、最初の画面で、キーボードのレイアウトを選択することを要求され、使用するものを選択します。

ステップ3.キーボードを選択すると、次の画面に進み、トラブルシューティングを選択します。

ステップ4.この画面でスタートアップ設定を選択します。

ステップ5. スタートアップ設定画面で、再起動ボタンを押します。

ステップ6.そしてWindows 10は別のブルー画面が表示されます。 この9つのオプションのうち、Windows 10はセーフモードで起動することができます。4か5か6のいずれかを選択します。

最後、Windows 10はセーフモードで起動されます。

自動修復モードを用いてWindows 10のセーフモードを起動します

Windows 10では、3回連続でコンピュータが正常にosを起動できないなら4回目に自動修復モードに入ります。自動修復モードから、Windows 10をセーフモードで起動できます。

ステップ1.自動回復モードにアクセスするには、3回連続してコンピューターの起動を中断しなければならなりません。そのため、コンピューターを起動時にブートプロセスを停止させ、コンピューターの電源或いはリセットボタンを使用してください。電源ボタンを用いて割込みを行う場合はボタンを少なくとも4秒間押す必要があるかもしれない。この画面で自動修復を作成しているのをご覧になれば、起動が3回中断されたことを意味します 。

ステップ2.Windows 10がシステム上で自動診断を実行するのを待ちます。

ステップ3.Windows 10がシステム上で自動診断を実行するのを待つちます。

ステップ4.次の画面でトラブルシューティングを選択します。

ステップ5.次の画面で、詳細オプションを選択します。

ステップ6.この画面では、スタートアップ設定を選択してください。

ステップ7. スタートアップ設定設定のこの画面で、Windowsを再起動した後に変更する内容を確認することができます。このリストはセーフモードも含まれています。右下には再起動するボタンをクリックします。

ステップ8.コンピューターが再起動されます。システムを再起動すると、別の青い画面が表示されて、その中に九つのオープションがあります。ここでは、アクセスするWindows 10のセーフモードを選択することができます。F4で標準セーフモード、F5がネットワークセーフモード、F6がコマンドプロンプトセーフモードです。

F8 + Shiftを用いてWindows 10でセーフモードを起動します

先ほど述べたようにWindows 7ではWindowsのロード時にF8キーを押すと簡単にセーフモードにアクセスできます。その後、詳細オプションウィンドウが開き、そこからセーフモードを選択することができます。

Windowsをロードするとき、Shift + F8を使って、セーフモードでWindows 10を起動することができます。リカバリーモードに移行し、その中からセーフモードを選択することができます。

しかし、問題はこのプロセスはすべてのバージョンのシステムに機能するわけではありません。Windows 10では機能しないかもしれません。この方法の成功率はパソコンの起動の速さにかかっているためです。2012年、マイクロソフトはこの問題に関するブログを発表しました。Windows 8やそれ以上のバージョンのWindowsは、あまりにも早く起動し、F8のようなボタンを検出する時間がなかったため、ブートプロセスが中断された可能性があると説明しています。

したがって、現代的なハードウェアを備えたシステムを使って、特に高速SSDドライブおよびUEFI BIOSを使用するなら、 F8やShift + F8を使ってWindows 10のセーフモードにアクセスすることはできなません。

結論

Windows 10は非常に人気のあるオペレーティングシステムです。あらゆる可能な方法を説明したため、Windows 10をセーフモードで起動する助けになると思います。Windows 10でのセーフモードについてご質問がございましたら、以下にコメントをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です