27 September, 2020

Windows 10 OSでの一時ファイルを削除する方法

Windows 10で一時ファイルを削除する簡単で安全な方法があります。 サードパーティのソフトウェアを利用せずに、PC端末の「設定」で気楽に一時ファイルを完全に削除できます。以下は Windows 10 OSで「設定」を利用して一時ファイルを削除する方法です。

Windows 10 OSでの一時ファイルを削除します。

1、「スタート」で「設定」を開いてください。

2、「設定」のインターフェースが出た後、「システム」をクリックして入ります。

3、「記憶域」をクリックしてください。画面の右下にある「その他のストレージ設定」で「他のドライバの記憶域利用状況を表示する」をクリックします。

4、「ローカルストレージ」でシステムドライブをクリックすると、ドキュメント、メール、アプリと機能などの各ものストレージ使用量がリストで表示されます。「一時ファイル」を見つけてください。

5、下の図に示されたように、一時ファイルの項目で占めたスペースがが表示されます。PCで一時ファイルは11.5GBを占めました。Windows 10(古いバージョン)は「ダウンロード」、「フォルダ」、「ごみ箱」、「一時フォルダ」が占めたスペースを表示します。一時ファイルのサイズを計算します。

「一時ファイル」をクリックしてください。

6、次は一時ファイルのインターフェースで各種の一時ファイルのチェックボックスを選択し、「ファイルの削除」をクリックしたら、すべての一時ファイルをPCから削除できます。確認ダイアログボックスが出たら、「OK」又は「はい」をクリックして削除できます。

手動で一時ファイルを削除する方法

1、(Win+R)で「ファイル名を指定して実行」を開きます。

2、「%temp%」を入力して、「enter」キーを押して、「Temp」フォルダを開きます。

3、すべてのファイルとフォルダを選んで、上の「削除」をクリックして、選んだ一時ファイルを削除します。エラーを発生しないように暫く「ごみ箱へ移動」を選んでください。移動した数日後、もし異常がなければ、ごみ箱を空にしてください。異常が起きたら、削除された一時ファイルを復元すればいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です