24 September, 2020

Windows、MacあるいはLinuxでHostsを編集方法

ARPANET(Internetの前身)はネットワーク中の各ノードのアドレスをDNSを用いて解析してません。当时、この用途に対して中心化システムがなかったため、それぞれ各自のインターネットノード地図を使用しています。対応する名前を割り当ててユーザーが覚えやすいようにしました。当時、ネットワーク上のすべてのシステムが同じ名前で表されていることを確保するシステムはなく、他のユーザーのhostsファイルを読み取って自動的にコピーする方法もありませんでした。

ARPANETの規模が小さいため、特定の場合にhostsファイルを使って事前に約束された名前をつけます。典型的なネットワークノードは1つのアドレスが付いて、複数の名前を持つ可能性があります。パーソナルネットワークが膨大になるとhostsファイルを管理することが難しくなります。

hostsは拡張名のないシステムファイルです。メモなどのツールを使って開きます。その機能は、一般的に使用されるいくつかのURLドメイン名とそれに対応するIPアドレスの「データベース」を確立することです。ユーザがブラウザで登录したいアドレスを入力する時、システムがまず、hostsファイルから対応するIPアドレスを自動的に探します。見つけると、直ちに対応するWebページを開きます。見つからなかった場合はシステムはURLをDNSドメイン名解決サーバーに送信してIPアドレスを解析します。

hostsファイルは他に用いられる场合もあります。例えば、既知の広告サーバーを広告なしのマシン(通常はローカルIPアドレス:127.0.0.1)にリダイレクトして広告をフィルターする。同時にオンライン広告をダウンロードしないことを通じて、インターネットの使用率を減らします。hostsファイルを使うことでDNSサーバーへのアクセスを減らし、アクセススピートがアップさせ、帯域幅の消費を減らすこともできます。

Hostsファイルの役割

1、ドメイン名の解析をスピードアップします。
頻繁にアクセスするサイトでは、Hostsにドメイン名とIPのマッピング関係を配置することにより、ドメイン名解析スピードを向上させます。マッピング関係があるため、ドメイン名をコンピューターに入力するとネットワーク上のDNSサーバを要求することがなく迅速的にIPの解析ができます。

2、イントラネット利用者に便利です
多くのイントラネットの中で、サーバーがユーザーに提供して使用します。しかし、イントラネットの中ではDNSサーバの設定は少ないため、サーバーを訪問する際、覚えにくいIPアドレスを入力しないといけないことが多くの人にとって面倒です。それらのサーバーに覚えやすい名前をつけてhostsでIPマッピングを確率します。その後訪問するとき、このサーバーの名前を入力すればいいのです。

3、WEBサイトのブロック
沢山のサイトはユーザーの同意なしにさまざまなプラグインをコンピューターの中にインストールします。これらのうち、一部は木馬またはウェルスかもしれないです。こういうサイトに対してhostsを利用して、該当サイトのドメイン名を誤ったIPやローカルのコンピューターのIPにマッピングすれば訪問しなくて済みます。windowsシステムでは、127.0.0.1がローカルコンピューターのIPアドレスで、0.0.0.0は間違っているIPアドレスです。
Hostsには下記のように入力すれば:
127.0.0.1はサイトAのドメイン名をブロックする
0.0.0.0はサイトBのドメイン名をブロックする
このように、コンピューターがドメインAとBを解析すると、ローカルのIP或いは誤ったIPを解析され、サイトAとサイトBをブロックする目的を達成します。

4、システムに接続
Lotusサーバ及び一部のデータベースサーバに対しては、アクセス時にIPアドレスを直接入力するとアクセスできず、サーバ名を入力しなければアクセスできません。Hostsファイルを用意した上でサーバ名を入力すればスムーズにアクセスできるようになります。

5、バーチャルドメイン名
多くの場合、サイトの建設者はソフトウェア環境を構築してから、アップロードのデバッグを行う必要があります。メールサービスの様なサービスはドメイン名を使用して補助デバッグ必要があります。この場合はローカルIPアドレスと1つのバーチャルドメイン名をアドレス指向したらコストをかけずに目的の効果を得ることができます。
例えば、127.0.0.1サイトのドメイン名、その後,ブラウザのアドレスバーに対応するウェブサイトのドメイン名を入力すればよいのです。

保存位置

hostsファイルの位置は、osによって異なる(Windows版により異なる)

下記はhostsファイルが異なるシステムの中で置かれている目次

Windows XP/2000/Vista/7/8/8.1/10:C:\windows\system32\drivers\etc\
(XPシステムは、bat パッチコマンドを使用してホストを直接置き換えることはできません。ホストを有効にするには、ネットワークケーブルを手動で置き換えて再接続するか、再起動する必要があります)

(変更可能\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\DataBasePath項目hostの位置を修正する)

Windows 95/98/Me:%WinDir%\ (本当はC:\WINDOWS)

LinuxおよびUnix 操作システム: /etc/

Mac OS 9及びそれ以前のシステム:System Folder: PreferencesあるいはSystem Folder(ファイルフォーマットがWindowsとLinuxに対応するファイルが異なる)

Mac OS X:/private/etc(BSDスタイルのhostsファイルを使用)

OS/2及びeComStation:”bootdrive”:\mptn\etc\
Android:/system/etc/

Symbian第1/2版携帯電話:C:\system\data

Symbian第3版携帯電話:C:\private\10000882( AllFilesと互換性のあるファイルブラウザを使用してアクセス可能。)

iPhone OS:/etc/(脱獄が必要)
iPad OS:/private/etc
webOS:/etc
iPhone OS:/etc/(脱獄が必要、脱獄とはiphoneをある操作すると制限されることが解除される)
iPad OS:/private/etc
webOS:/etc

編集

1、Hostsファイルの修正:
通常ではhostsファイルを開くと例があり、フォーマットに合わせて修正すればよいのです。
例えば以下の内容
127.0.0.1 abc.com
つまり、abc.comのアドレスを開くと127.0.0.1まで解析され、IPアドレスとURLの間に少なくとも1つのスペースがあります。勿論、「Tab」キーで編集するのを薦めます。綺麗で編集ミスが少ないです。これはローカルなリターンアドレスを解析することによって、不親切ないサイトやIPをブロックすることができます。もちろん、この行を先頭に#番号を付けて一時的に無効化することができます。 

2、hostsファイルのシステムプロパティ
hostsファイルにはデフォルトで非表示の属性があり、システムのデフォルト設定では表示されません。もちろん、このファイルに入ってもパス入力以外は見れません。解決方法:コンピューターを開き→ツール→フォルダーオプション→表示→選択されている保護隠すシステムファイルをキャンセル→確定。変更後は保存できません:Hostsファイルを右クリックして、[プロパティ]-> [読み取り専用プロパティを削除]-> [OK]をクリックして保存します。

3、HostsはUACセキュリティポリシーで開くことも編集することもできない場合
Windows VISTAまたはWindows 7オペレーティングシステムを開いて編集できない場合、UACセキュリティメカニズムによって「ファイルを作成できません」または「ファイル操作に失敗しました」というプロンプトが表示されます。解決するには、次の方法を使用できます。
Shiftキーを押したまま、Hostsファイルを右クリックして、管理者として実行します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です