25 September, 2020

Win10 OSでフォルダーオプション設定を開く方法

フォルダーオプションは、Windows OSで重要な機能であり、PCのファイルやフォルダーに対してさまざまな設定や操作を実行できます。 Windows OSがWin10バージョンにアップグレードされた後、多くのインタフェイスが変更され、フォルダーのオプションも同じ状況です。開く方法が多少異なります。 Win10 OSでフォルダーオプションをどうやって開きますか? 設定する方法を説明します。

Win10 OSでフォルダーオプション設定を開く方法

1、PCを開き、上の「表示」をクリックして、設定オプションが見つけます。ほとんど常用の設定です。ピクチャ、ナビゲーション、並べ替えなど、古いOSの設定をここに移動しました。

2、「表示」メニューで右上の「オプション」をクリックして、古いOSのフォルダーオプションが出ます。ここでフォルダーの詳しいオプションを設定できます。ファイルとフォルダーの表示も設定できます。

フォルダーオプションの常用設定

項目チェックボックス

項目チェックボックスを選択した後、アイコン前の枠でチェックマークをつけて複数のファイルを選べます。Ctrlキーを押すまま複数のファイルを選択すると同じです。

ファイル名拡張子

ファイルの種類を識別するため、拡張子をファイルの末尾に追加されました。例えば、.rarは圧縮ファイル、.xlsはExcelファイルです。データファイルを実行するためにファイルの拡張子を変更する必要がある時にファイル名拡張子を表示する必要があります。

隠しファイル

如果你細心的話,就會發現在文件屬性中,可以把文件進行隱藏,我們可以使用這個功能來隱藏一些個人私隱文件或者重要的不能刪除的系統文件。
探したら、ファイルのプロパティで隠しファイルのオプションが見つけます。このオプションを使ってプライバシーファイル或は削除できないファイルを隠します。

プライバシー

このオプションはコンピューターの使用状況によって「クイックアクセス」に履歴を表示する或は隠すを設定できます。

以上はWin10 OS フォルダーオプションの開く方法と設定する説明です。フォルダーオプションにはもっと役立つ機能があります。興味があれば、ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です