どうしてガラホを使う人が多いですか

スマホ・マーケットは発展しつつあります。今ガラケーはあまり見えないですが、ガラケーのファンがまた多いです。ガラケーはこんなに魅力がある原因は何でしょうか?

現在、携帯電話分野では、iPhoneが各地の電気ショッピングモールで販売していますが、多くの人はまだ折り畳み式のガラケーを利用しています。

NTT Docomo は1991年に「mova」シリーズを発売しました。左側のは折り畳み式携帯電話です

歴史から見ると、国内で折り畳み式携帯電話はずいぶん前から登場しました。1991年に NTT Docomoが発売した「超小型携帯電話」シリーズの中に折り畳み式携帯電話(左1)を見つけます。

21世紀になって、製造コストが下がるとともに携帯電話は新しい家電製品として普通の消費者も受け入れるようになりました。

しかし、どこでもストレート式携帯が見る時期には、折り畳み式携帯が人気になる原因も様々な言い分があります。

ある人は折り畳み式携帯が内部と外部二画面のデザインで、プライバシーを重視する人に対応します。使用者は内部の画面を見ずにメッセージや着信通知が外部の画面で大体分かれます。他人は詳しい内容が見えません。

ふたが閉める時‘パッ’の音が好きな人もいます。

しかし、一番合理的な説明は携帯電話のマーケットポジショニングに関係があります。

i-modeが1999年に発売された時に、航空券を予約する機能を展示しました。あの時の携帯電話はまだモノクロ液晶です

ここでは NTT Docomo が発売した「iモード」を言わなければならないです。

3Gネットワークは2000年頃に正式に商業化されました。NTT Docomoは通信事業者の大手企業として、21世紀前期にニュースの閲覧、メールの送受信、チケット予約など、今日私たちが慣れた機能を統合し、当時の携帯電話に配備します。

これらの機能が具備した携帯電話は単なる通信手段ではなく、多種機能付きの設備です。

このタイプの携帯電話は専用の「「iモード」ボタン」があります。ユーザーが押した後、メニューで天気予報、地下鉄の時刻表、電子書籍とネットサイトなど機能が使えます。

NECが発表したN502itの広告には大画面とカラー画面、二つのメリットを強調しました

「iモード」の登場により、携帯電話が全体的にアップグレードしました。NECが発売したN502it携帯電話は大きいサイズのカラーLCDスクリーンを配備したから、若い世代で人気商品になりました。  

折り畳み式のガラケーのメリットは現れます。‘i-mode’の本質はインターネットの多機能の統合で、大きいサイズスクリーンで表現必要があります。折り畳み式のガラケーは携帯全体がほぼ同じサイズでありながら、大画面とキーボードの両方が完備し、使用者が画面を読み流すとタイピングの需要を満たします。

2006年にシャープがSH903iTV(3インチテレビ機能付きの携帯電話)を発表しました

ネットワーク環境が改善した後、多くのガラケーは画面を横に90度回転させ、本体の側にアンテナを引いてテレビを見るになりました。これらはスマホが登場する前に普及する機能です。

多くのアニメーションにもガラケーが出てきます

このタイプのガラケーは一時期に各国で人気商品になりました。ガラケーのスクリーンが大きいから自撮りしやすく、本体の見かけをDIYでき、特に女性は大歓迎です。ガラケーの蓋をキラキラにして、アクセサリーをつけるのはよくあることです。

シャープは幾つかの折り畳み式のデュアル液晶携帯電話を発表しました

ガラケーの内部と外部の二つのスクリーンを利用して、ガラケーを「電子書籍」に変える人もたくさんいます。 ふたを開かなくても、外部のスクリーンで通常通りに長い文章を読めます。

ガラケーの盛時に、日本の通信会社は毎年約20から30台のニューモデルを発表しました

残念ながら、NTT Docomoは先進的なモバイルインターネットモデルを海外に発展していないです。逆に閉鎖的な状態で、間接的に本土の携帯メーカーの創造力が抑制されました。

iPhone、Androidなどの舶来品が登場とともに、携帯産業の主導権は携帯通信事業者から携帯メーカーに移しました。元携帯市場を独占したNEC、パナソニック、富士通、シャープなど本土の会社はスマホ時代の激しい競争の中で次第についていけなくなりました。

「2019年国内携帯電話出荷台数ベンダー別 シェア」から見ると、アップルは絶対優位に立っています

この数年間、日本の携帯電話業者に残されたシェアはあまり多くないです。 今iPhoneは日本の携帯電話市場にほぼ50%市場率を占めており、絶対優位に立つと言えます。

コストを削減するため、パナソニックなどの日本携帯メーカーは合併するか、市場からオプトアウトします。ソフトウェア・システムの開発も徐々に中止されました。今Androidをベースにしました。

当時人気がある「iモード」の非接触ICの「FeliCa」、携帯テレビ、オンラインショッピングなど機能は、今iOSや Android で気楽に利用できます。使用体験に関してはガラケーよりスマートフォンのほうがはるかに良いといえます。

本土メーカーの衰退とアップルの iPhoneを代表とする海外ブランドの発展が、携帯電話市場は携帯通信事業者が支配する時代に別れます。今携帯メーカーとサービスを提供するインターネット会社は主導権を握っています。

AUは2019年に新品のガラホを発売しました

この状況の中でもが、伝統的なガラホは消えていなかったです。この2年間、三つの大手携帯通信事業者は新しいガラホを発表しつづけました。

スマホと伝統的な携帯を分けて呼ぶのがオンラインショップでよく見えます。iPhoneのようなタッチスクリーン携帯は「スマホ」と呼ばれます。スマートフォンとのことです。

伝統的な折り畳み式携帯、多機能携帯はガラケーと呼ばれます。

富士通 ARROWS F-03L

日本携帯電話の発展は非常に進んでいるため、多機能携帯はモバイル決済、ビデオなどスマホ時代の機能がガラホ時代もうすでにできています。これも一部のユーザーがスマホに興味がない原因です。

高齢化社会もスマホの普及を妨害する原因の一つです。ほとんどの中高齢者は折り畳み式やボタン付きのガラケーが好きです。普段音声通話やSMS機能だけで十分の彼たちにとって、スマホの機能は過剰です。

3Gオンラインサービスはいずれ終了する日が来るはずです。NTT Docomo開発した「iモード」及び FOMA 3Gのサービスを2026年3月31日に終了すると発表しました。他の二つの携帯通信事業者、auとSoftBankも大体この時間に3Gサービスを終了する見込みです。

常連を守るため、慣れたガラケーの使用習慣を変わらず、スマホの機能も使えるように、携帯通信事業者は元のガラケーの中身にスマホの機能とソフトウェアをインストールする解決策を提出しました。

このような携帯を「ガラホ」と呼ばれます。実はスマホとガラケーを合体した略称です。

シャープは2019年4月に第三世代AQUOS ケータイを発表しました

外観から見ると、このタイプのガラホは前のガラケーと同じです。上半はスクリーンで、下半はボタンのデザインですが、システムはアンドロイドで、4Gネットワークサポート、WiFi、及びBluetooth接続に対応できます。Lineのようなコミュニケーションアプリも使えます。

グローバルから見ると、このような格安でスマホ機能が使える製品は将来スマホの普及率が低い国にて売れる見込みです。

ガラケーとスマホの差を穴埋めたKaiOSシステム

インドで販売しているKaiOS搭載したJioPhoneもガラケーと同じ外観ですが、WhatsApp、Googleマップなど人気のアプリに対応できます。JioPhoneはユーザーが社会との関連を切り離さないようにした人気商品になります。

朝日新聞が発表した記事によると、2000万から3000万人は3G対応のガラケーを使用しています。今多くの携帯通信事業者は「一円スマホ」キャンペーンを実施して、激安価額でガラケーのユーザーが携帯のアップグレードをさせるつもりです。

各種機能の使い方がわからない高齢者向けに、「スマホ教室」が開催されました。丁寧にスマホの使い方を教え致します。

このようなガラホが存在する限り、ガラケーに慣れた人々が今後もボタンの便利さを楽しめます。

今最先端の折りたたみスマホさえ折り畳みという概念を取り入れています。

「伝統」は必ず遅れているとは限りません。古いものを改造すれば、新しい創造物にもなれます。ファッションは周期的に繰り返されるもので、スマホ業界もそうかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です