Vue.jsフォーム

次には、Vue.jsフォームでのアプリケーションを説明します。

v-modelディレクティブを使用して、フォーム制御要素に双方向のデータバインディングを作成できます。

v-modelは、コントロールタイプに従って要素を更新するための正しいメソッドを自動的に選択します。

入力ボックス

次の例には、input要素とtextarea要素でv-modelを使用して、双方向のデータバインディングを実現する方法を示しています。

<div id="app">
  <p>input 要素:</p>
  <input v-model="message" placeholder="編集……">
  <p>メッセージ: {{ message }}</p>	
  <p>textarea 要素:</p>
  <p style="white-space: pre">{{ message2 }}</p>
  <textarea v-model="message2" placeholder="複数行のテキストを入力する……"></textarea>
</div>
<script>
new Vue({
  el: '#app',
  data: {
    message: 'ceodata.com',
	message2: 'Florian Studio\r\nhttp://www.ceodata.com'
  }
})
</script>

チェックボックス

チェックボックスが1つの論理値である場合、複数のチェックボックスがある場合、それらは同じ配列にバインドします。

次の例では、チェックボックスの双方向データバインディングを示しています。

<div id="app">
  <p>単一のチェックボックス:</p>
  <input type="checkbox" id="checkbox" v-model="checked">
  <label for="checkbox">{{ checked }}</label>
  <p>複数のチェックボックス:</p>
  <input type="checkbox" id="ceodata" value="ceodata" v-model="checkedNames">
  <label for="ceodata">ceodata</label>
  <input type="checkbox" id="google" value="Google" v-model="checkedNames">
  <label for="google">Google</label>
  <input type="checkbox" id="yahoo" value="yahoo" v-model="checkedNames">
  <label for="yahoo">yahoo</label>
  <br>
  <span>選択した値: {{ checkedNames }}</span>
</div>
<script>
new Vue({
  el: '#app',
  data: {
	checked : false,
    checkedNames: []
  }
})
</script>

次では複数のチェックボックスをチェックした場合の効果図です。

シングルボタン

次の例は、シングルボタンの双方向のデータバインディングを示しています。

<div id="app">
  <input type="radio" id="ceodata" value="ceodata" v-model="picked">
  <label for="ceodata">ceodata</label>
  <br>
  <input type="radio" id="google" value="Google" v-model="picked">
  <label for="google">Google</label>
  <br>
  <span>選択した値: {{ picked }}</span>
</div>
<script>
new Vue({
  el: '#app',
  data: {
	picked : ceodata
  }
})
</script>

選択した効果は次の図のようになります。

selectリスト

次の例では、ドロップダウンリストの双方向データバインディングを示しています。

<div id="app">
  <select v-model="selected" name="fruit">
    <option value="">ウェブサイトを選択する</option>
    <option value="www.ceodata.com">Florian Studio</option>
    <option value="www.google.com">Google</option>
  </select>
  <div id="output">
     選択したウェブサイト: {{selected}}
  </div>
</div>
<script>
new Vue({
  el: '#app',
  data: {
	selected: '' 
  }
})
</script>

Florian Studioを選択すると、出力効果は次のようになります。

修飾子

.lazy

デフォルトの場合、v-modelはinputイベントの入力ボックスの値とデータを同期しますが、changeイベントで同期に変更するためにlazy修飾子を追加できます。

<!-- "input"イベントではなく、 "change"で更新する -->
<input v-model.lazy="msg" >

.number

ユーザーの入力値を自動的にNumberタイプに変換する場合(元の値の変換結果がNaNの場合、元の値が返されます)、v-modelに修飾子numberを追加して入力値を処理できます。

<input v-model.number="age" type="number">

type=”number”はHTMLに入力された値が常に文字列型を返すため、非常に便利です。

.trim

ユーザーが入力した最初と最後のスペースを自動的にフィルタリングする場合は、 trim修飾子を v-modelに追加して、入力をフィルタリングします。

<input v-model.trim="msg">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です