22 October, 2020

VPNとは?はじめに:インターネットを安全に閲覧し、プライバシーを確保する方法

VPN(Virtual Private Network)仮想プライベートネットワークは、インターネット接続を保護し、送受信するデータを暗号化するために使用されます。 VPNは、パブリックネットワーク上に構築された仮想暗号化データチャネルと考えることができます。 接続中、コンピュータはリモートサーバーと信頼できるキーを交換します。 会社の従業員の場合、VPNを使用すると、会社のローカルエリアネットワーク(LAN)に接続するのと同じように、会社のデータセンターやネットワークリソースにリモートアクセスできます。

実際、多くの攻撃は、man-in-the-middle(MiTM)攻撃やサービス拒否(DoS)攻撃などの安全でないネットワークの使用によって引き起こされ、公共のwi-fiネットワークに接続するとプライバシーや情報が危険にさらされます。

インターネットは確かに素晴らしい発明ですが、誰もが知っているように、リスクはインターネットのいたるところに隠されています。 悪意のあるプログラムやIDが盗まれるのを防ぎ、追跡されて広告主が個人情報を盗むのを防ぎ、同時に子供がオンラインで安全なサイトをアクセスするでことを確認するように注意する必要があります。 したがって、いわゆる「仮想プライベートネットワーク」(VPN)は、上記の問題を回避するための優れた方法の1つです。

無料のパブリックWi-Fiを使用する際に安全を確保したい場合は、VPNが信頼できるオプションです。 今日、市場には比較的安価で評判の良いVPNサービスが多数あり、無料のものもあれば、支払いが必要なものもあります。 ただし、サポートされている通信プロトコル、サーバーの場所、モバイルアプリケーション、マルウェア対策、スパイウェア対策など、完全な機能を備えた完全なVPNを見つかることが非常に重要です。

VPNはかなりの程度のプライバシーとセキュリティが提供できますが、VPN製品ごとに機能が大きく異なる場合があります。

VPNに関するいくつかの基本的な概念を次に示します。

VPN(Virtual Private Network)仮想プライベートネットワークとは何ですか?

ほとんどのVPNは匿名で安全なインターネットブラウジングを提供します。やり方は、コンピューターまたはモバイルデバイスとVPNプロバイダーのサーバー(別のコンピューター)の間に安全な接続を確立することです。 実際、あなたはこのサードパーティのコンピュータを介してインターネットに接続されています。 つまり、アクセスしたWebサイトはVPNサーバーのアドレスを参照するため、あなたのIPアドレスを追跡できません。

これはプライバシーを確保するための朗報です。 しかし、セキュリティについてはどうですか? 実際、VPNは元々安全で暗号化された接続チャネルを提供します。 したがって、犯人がオンラインバンキングやその他の機密性の高いWebサイトへの接続を盗聴することはできません。 このような攻撃は公共のWi-Fiホットスポットで特に発生する可能性が高く、ハッカーはWi-Fiユーザーが知らないうちにGmailまたはインターネットバンキングアカウントにログインするのを待っている場所に隠れます。 これは、背後に隠れてパスワードを覗き見るようなもので、アカウントが侵害される可能性があります。

VPNがあれば、これらすべての情報が暗号化されたチャネルによって保護されます。 一部のVPNは、スパム添付ファイルやモバイルアプリケーションなどの悪意のあるプログラムを誤ってダウンロードすることを防止する機能があると主張しています。 フィッシングWebサイトやその他の悪意のあるWebサイトに接続できないようにする、いわゆるローカルVPNもあります。

VPNが「出来ない事」とは何ですか?

すべてのVPN製品が同じであるとは限らないことを覚えておく必要があります。さまざまな製品によって提供されるサービスの内容と品質は大きく異なり、機能も異なるため、事前に各製品の特徴を知り慎重に選択することが非常に重要です。 たとえば、各製品でサポートされているオペレーティングシステムと携帯電話のプラットフォーム、各サブスクリプションが提供できる同時接続の数、一部はスマートデバイスをサポートしています。

VPNは匿名性を完全に保証することはできません。 VPNオペレーターはあなたの閲覧記録を保留する場合があり、法執行機関から要求された場合、オペレーターはこれらの記録を提供する義務があります。

さらに、インターネットのセキュリティを確保するための唯一のツールとしてVPNを使用することはできません。 いくつかのヘルプを提供するものもありますが、ウイルス対策ソフトウェアやパスワード管理ツールに取って代わることはできません。そのためVPNはこれらのツールや他のツールと組み合わせてセキュリティを向上させるべきであり、その代わりではないです。

VPNは、ブラウザによって提供されるプライベート閲覧または無痕モードと同じであるか?

まったく異なります。これは非常に重要です。ブラウザのプライバシー閲覧や無痕モードについて、実はプライバシーの保護が思ったよりよくありません。 このモードでは、デバイスは、ユーザーが検索またはWebサイトにアクセスしたデータを保存せず、アカウントのパスワードやWebサイトのCookieも保存しません。 これらのデータは、プライバシー閲覧や無痕モードを閉じると表示されなくなります。

この機能は、公共のコンピューターを使用してインターネットを閲覧している場合に非常に便利です。貴方の後でコンピューターを使用するユーザーは閲覧履歴を見たり、インターネットアカウントを入力したりすることがないためです。 さらに、この機能を使用すると、航空券やレストランを予約するときに割引が受けられる場合があります。相手があなたの訪問記録を見つけることができないため、新しい訪問者として、より安い価格が提供できるためです。

ただし、プライバシー閲覧中にダウンロードしたファイルやブックマークは残りますのでご注意ください。 さらに、プライバシー閲覧では、悪意のあるWebサイトの閲覧や悪意のあるプログラムのダウンロードの防止ができません。 あなたのIPアドレスを知っているISPや他の組織は、あなたの閲覧習慣を追跡することができます。

対照的にVPNでは、IPアドレスは公開されません(Proxyを使用する場合と同様)。閲覧しているWebサイトのコンテンツも転送中に暗号化されるため、ISPまたはWebサイトオペレーターはユーザーを追跡できません(VPNオペレーターのみがこれらのレコード保存できます)。ISPはあなたがさまざまな異なるIPアドレスに接続していることだけが確認できますが、あなたとこれらのWebサイトとの間でどのような情報が送信されるのかはわかりません。

ISPおよびVPNプロバイダーは何かが追跡できますか?

つまり、VPNを使用していない場合、インターネットサービスプロバイダー(ISP)は、コンテンツが最初に暗号化されていない限り、アクセスしたWebサイトとWebサイトコンテンツが確認出来ます。 Webサイト自体が暗号化されている場合(HTTPS://で始まるURLなど)、ISPはURLと暗号化されたコンテンツが認識できませんが、DNSクエリ情報を監視および記録できるため、 接続しているWebサイトを確認する別の方法があります。 Webサイトのフィンガープリントのようないくつかのテクノロジーもあります。これは、閲覧しているWebサイトをISPに知らせることもできます。 さらに、米国のISPはそのような資料を広告主に販売し、必要に応じて法執行機関に提供することもできます。

VPNは、ISPがそのような情報が見えないようにすることができますが、VPNごとに効果が同じであるわけではありません。さらに、モダリティ設定が正しいかどうかにも影響するため、多くの消費者は自分が守られているかどうかを知ることが困難です。考慮すべきもう1つのことは、VPNプロバイダー自体がオンラインで行うすべてのことを見る可能性があることです。これは技術的に実現可能であり、プロバイダーがこの情報を使用して何を行うかはわかりません。したがって、最も重要なことは信頼できるVPNベンダーを見つけることです。そのため、多くの専門家がユーザーに無料のサービスを選択しないようにアドバイスしています。

VPNは実際にはいくつかのカテゴリに分類できます。中にはユーザーが期待するほど厳密ではない暗号化を提供するものもあります。これまで、一部のサービスにはセキュリティの弱点が含まれていると非難されており、ネット犯罪者が簡単にハッキングして安全なチャネルを介して送信されたデータを盗む可能性があります。そのため、VPNサービスを選択する際は、まず色んな事項を確認しておいてください。

ローカルVPNとクラウドVPNの違い

これまでは、基本的に「クラウドVPN」について説明してきました。これは、ユーザーが安全でプライベートな接続を介してグローバルネットワークにアクセスできるようにするサービスです。 別のタイプのVPNは、いわゆる「ローカルVPN」です。

「コンテンツリアルタイム保護」ローカルVPNは、暗号化されたチャネルを介してVPNプロバイダーのWebサーバーに接続しません。 これは、Webサイトの脅威とコンテンツフィルタリングサーバーの縮小版であり、デバイスに直接インストールされます。 クラウドVPNと比較すると、ローカルVPNは、毎回インターネットに接続するのではなく、Webサイトをチェックするときにデバイスに保存されているローカルデータをチェックするだけでよいため、インターネットの閲覧速度が速くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です