VLOOKUP関数、複数条件で検索する3つの方法

日常の仕事には、EXCELのVLOOKUP関数はよく使われますが、複数条件で検索する場合、あまり順調ではありません。

vlookup関数で複数条件検索を実行する方法について分からなければ、次の3つの方法をご覧ください。

方法1:補助列を作成する

メリット:理解しやすく、初心者向けです。

デメリット:補助列を作成しなければなりません。面倒です。

補助列を作成します。=B5&C5はVLOOKUP関数の検索条件に満たすために、二つの条件を1つの条件に結合します。

いつも通りに検索します。

=VLOOKUP(B18&C18,A4:E13,5,0)

方法2:IF関数を使用して、数式を作成する

メリット:1つの数式でOKです。補助列が必要ありません。excelに慣れているユーザーに向いています。

デメリット:数式は理解しにくいです。

if({1,0},)のような形式の関数は配列になり、2列のデータを格納します。 次の数式を入力し、CTRL+SHIFT+Enterを同時に押してください。

=VLOOKUP(B18&C18,IF({1,0},B4:B13&C4:C13,E4:E13),2,0)

方法3:choose関数を使用して、数式を作成する

メリット:1つの数式でOKです。補助列が必要ありません。excelに慣れているユーザーに向いています。

デメリット:数式は理解しにくいです。

choose({1,2},)のような形式の関数は配列になり、2列のデータを格納します。 次の数式を入力し、CTRL+SHIFT+Enterを同時に押してください。でなければ、エラー値が出ます。

=VLOOKUP(B22&C22,CHOOSE({1,2},B4:B17&C4:C17,E4:E17),2,0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です