ホーム > >

Excel VLOOKUP関数で別シートを検索することについて

Excelを使用したことがあれば、必ずVLOOKUP機能を使用したことがあります。

構文

=VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索方法)

、読者の皆さんはもう身に付けているでしょう。

VLOOKUP構文の範囲では、通常、ワークシートに手動で範囲を選択する必要があります。今回は、より高度な操作を説明します。この操作は範囲がどのテーブルにあるかを自動的に検索し、VLOOKUP関数で複数のテーブルの検索操作を実現できます。

次には4つのシートがあります。その中で、1つは合計です。

1年生
2年生
3年生
合計

VLOOKUP普通の使い方

レビュー:範囲と表示順序は予想外です。

VLOOKUPの普通の使い方は1つのセルに1つの数式を対応する必要があるため、面倒です。

[千葉中学校1年生]を例として、VLOOKUP引数の範囲[千葉中学校1年生!A:E]は手動的に選択する必要があります。列番号には5を入力します。

VLOOKUP高度な使い方

MATCHとINDIRECT

MATCHと組み合わせて、列番号が自動化になります。

この使い方は年生ずつ数式を入力する必要があるため、面倒です。

1年生を例として、MATCHと組み合わせてVLOOKUP関数の列番号が自動的に識別できますが、VLOOKUPとMATCHの検索範囲はまた手動で選択する必要があります。

ヒント:MATCH関数はセルが範囲内の行番号と列番号を検索するために使用されます。構文:

=MATCH(検査値,検査範囲,照合の種類)
MATCHと組み合わせた数式

INDIRECTと組み合わせて検索範囲が自動的に識別されます

INDIRECT関数で検索範囲を自動的に識別し、1つの数式で合計を作成します。

ヒント:INDIRECT関数は、セルの内容を参照するために使用されます。 構文:=INDIRECT(セル)。 例えば、=INDIRECT(“G3”)はセルG3の内容を参照し、=INDIRECT(“千葉中学校1年生!A:E”)は千葉中学校1年生の列AからEまでのセルの内容を参照します。次の図には元の数式の[千葉中学校1年生]というシート名を合計シートのセルA2に置き換え、各セルがVLOOKUPに対応する[範囲]を自動的に識別します。

MATCH、INDIRECTと組み合わせた数式

エラー値#N/Aが表示された場合はどうしますか?IFERROR関数を追加しましょう。

IFERROR関数を追加します。

数式は長いですが、VLOOKUP+INDIRECT+MATCH関数の組み合わせで別シートを検索する操作が実現できました。身に付けましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です