ホーム > >

Vbaでワークブックの名前を付けて保存を実行する

ワークブックを使用する場合、ワークブックのバックアップがよく実行する必要があります。 名前を付けて保存は素晴らしい機能です。

次のコードは、現在のワークブックを[検索.xlsm]として保存します。同じ[検索.xlsm]というファイルが現在のパスに存在する場合、コードは提示を表示します。

コード:

Sub SaveAsWb()
ThisWorkbook.SaveAs Filename:=ThisWorkbook.Path & "\検索.xlsm"
End Sub

提示:

「いいえ」または「キャンセル」を選択すると、エラーが発生します。

On Error Resume Nextを追加し、エラーを無視します。

Application.DisplayAlerts = Falseも使用して、元のワークブックを上書き(置換)することもできます。

パスを変更し、ファイルをローカルディスクCに保存します

注意点:SaveASメソッドを使用してワークブックを新しいワークブックとして保存した後、元のワークブックは閉じられ、元のワークブックの変更は保存されません。

ワークブックを新しいワークブックとして保存し、元のワークブックの編集を続行する必要がある場合は、SaveCopyAsメソッドを使用できます。 同じ名前のファイルがある場合、SaveCopyAsメソッドは元のファイルを自動的に上書き保存します。

コード:

Sub SaveAsWb()
ThisWorkbook.SaveCopyAs Filename:=ThisWorkbook.Path & '\バックアップを検索する.xlsm'
End Sub

結果:同じパスでファイルをバックアップします。

vbaを使用して、Excelをさまざまな形式に保存できます。

マクロが付きのワークブックに名前を付けて保存する

ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=ThisWorkbook.Path & "\" & "ファイル名", FileFormat:=xlOpenXMLWorkbookMacroEnabled

xlsxワークブックに名前を付けて保存する

ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=ThisWorkbook.Path & "\" & "ファイル名", FileFormat:=xlWorkbookNormal

xlsワークブックに名前を付けて保存する

'ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=ThisWorkbook.Path & "\" & "ファイル名", FileFormat:=xlExcel8

PDFに名前を付けて保存する

ActiveWorkbook.ExportAsFixedFormat Type:=xlTypePDF, Filename:=ThisWorkbook.Path & "\" & "ファイル名"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です