VBAプロセスを強制終了する方法

VBAの実行中に応答がない、または実行時間が長いVBAコードを強制終了したい場合は、どうすればよいですか?

まず、キーボードのCtrl + Pause/Break ボタンを同時に押してみてください。 応答がない、またはキーボードにPause / Breakキーが見つからない場合は、何回もESCキーを押し続けてみて、VBAの実行が強制終了したかどうかを確認します。

これら2つのショートカットキーのどちらも役立たず場合は、ソフトウェアの中断アイコンを押してもいいです。

次にはVBAプログラムが実行中に中断機能を使用する方法を説明します。

1、次の方法を使用して、実行中のVBAプログラムを中断します。

  • [実行]タブの[中断]をクリックします。
  • ツールバーにあるの[中断]アイコンをクリックします。
  • キーボードのCtrl + Breakキーを同時に押します。
  • Macro Setup(マクロの作成)Stop(終了) (E5071Cスクリーンを測定する)
  • E5071Cのフロントパネルにある中断ボタンを押します。

2、ダイアログボックスに強制中断が表示され、プログラムが中断されます。

次のボタンを選択します。

  • 続行:プログラムの実行を再開します。
  • 終了:VBAプログラムを終了します。
  • デバッグ:ランタイムエラーを表示します。
  • ヘルプ:VBAオンラインヘルプを開きます。

VBAプログラムを強制終了する

この部分では、実行中のプログラムを強制終了する方法について説明します。次の方法によってVBAプログラムが強制終了すると、LCDディスプレイ下部のツールバーに[プログラム中断]のメッセージが表示されます。

次の方法によってVBAプログラムを強制終了します

[実行]タブの[リセット]をクリックします。
ツールバーにある[リセット]アイコンをクリックします。
コーディングにEndステートメントを挿入します。

VBAの実行中に表示されるプログラムが応答なし、キーボードのキーも応答せず、ソフトウェアインターフェイスのメニューとボタンをクリックしても応答がない場合は、Ctrl+Alt+Delキーを同時に押すだけで、プロセスを強制終了できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です