ホーム > >

VBAエディターでExcel VBA開発を行う

Excel VBA開発の場合、VBAエディターが大切な開発ツールです。Excel VBA開発のすべてのステップは、編集、デバッグ、テスト、実行、コードの構成など、VBAエディターで実行されています。

この記事では、主にVBAエディターの基本機能を解説します。次、VBAの基本機能を勉強する時、よく使われます。

この記事を読む時には、Excelワークブックを開いて、記事の内容に従って自分試してみることをお勧めします。これは、VBAを学ぶための一番速い方法です。

VBAエディターを開く

方法1、開発ツールタブを使用します。

[開発]タブの[Visual Basic]コマンドをクリックします。

[開発]タブを開く方法については、この記事から探します

方法2、ワークシートのメニューを右クリックします。

ワークシートタブを右クリックし、ポップアップオプションリストで[コードの表示]を選択します。

方法3、ショートカットキーAlt + F11を使用します。

VBAエディターを理解する

上記の方法でエディターを開くと、次のインターフェイスが表示されます。 エディターの各モジュールの名前はマークされています。

エディターにある各モジュールの使用方法は次のとおりです。

  • ツールバー:Excelのツールバーと同様のエディターコマンドバーは、Excel VBA開発に関連するコマンドが含まれています。
  • VBAプロジェクト:当VBAプロジェクトに含まれるすべてのオブジェクトが表示されます。 通常、ワークブックはVBAプロジェクトであり、Excelオブジェクト、ワークシートオブジェクト、モジュールなどが含まれます。
  • プロパティウィンドウ:選択したオブジェクトのプロパティを設定するウインドウです。
  • コード編集ウィンドウ:コードが実際に編集する場所です。コードの入力、変更、保存はすべてここで行われます。
  • イミディエイトウィンドウ:コードの実行プロシージャから、印刷された内容がイミディエイトウィンドウに表示されます。 通常、コードのデバッグに使用されます。

VBAプロジェクトを管理する

通常、ワークブックはVBAプロジェクトであり、Excelオブジェクト、ワークシートオブジェクト、モジュールなどが含まれます。 複数のワークブックを同時に開く時、同一のVBAエディターを共有し、VBAプロジェクトウィンドウにすべてのVBAプロジェクトが表示されます。

モジュールの挿入/削除

VBAプロジェクトに新規モジュールを挿入する場合は、VBAプロジェクトに右クリックして、挿入したいモジュールの種類を選択すればいいです。

モジュールを削除するには、モジュールを選択して右クリックし、[モジュールの解放]を選択します。

オブジェクト/モジュールのプロパティを変更する

VBAプロジェクトにある任意のExcelオブジェクトまたはモジュールをクリックすると、選択したオブジェクトのプロパティ情報が下のプロパティウィンドウに表示されます。 左側がプロパティ名で、右側がプロパティ値です。ここでは、プロパティ値を手動で直接変更できます。

次にはExcelワークシートオブジェクトのプロパティウィンドウです。

ヒント:以前に共有した「ワークシートを非表示にする方法」チュートリアルでは、ワークシートのプロパティウィンドウを使用してVisibleプロパティを変更し、非表示を実現します。ここをクリックして、チュートリアルを開きます。

VBAコードを実行する

エディターでVBAコードを実行することは、おそらく最も頻繁に実行される操作です。 開発のプロシージャでは、コードを更新するたびに、コードを実行して結果が正しいかどうかを確認する必要がある場合があります。

仮にモジュール1には次のコードがあります(VBAコードの編集方法は次の記事に解説します)。

Sub MyCode()
Sheet1.Range("A1") = "Hello World"
End Sub

コードの意味は、Sheet1ワークシートのセルA1に「Hello World」を入力することです。

エディタでVBAコードを実行する方法は3つあります。

1.ツールバーコマンドを使用する

まず、実行するコードの任意の場所にクリックし、ツールバーの「実行」→「sub/ユーザー フォームの実行」を選択します。

2.ショートカットツールバーコマンドを使用する

まず、実行するコードの任意の場所にクリックし、ショートカットツールバーの「▶」ボタンをクリックします。

3.ショートカットキー[F5]を押す

まず、実行するコードの任意の場所にクリックし、ショートカットキー[F5]を押してコードを実行します。

方法2に従ってコードを実行する結果は次のとおりです。

まとめ

上記はVBAエディターの基本的な使用方法です。このチュートリアルに従って自分でやってみることをお勧めします。 自分でやることは、100回のチュートリアルを見るより心に刻めます。VBAエディターに関するその他のコンテンツとチュートリアルは、単独の一章で解説します。今は上記の基本知識が分かれば、次の学習には支障が出ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です