ホーム > >

VBAコメントの使い方と実例について、コードの使い方と不要なコードのコメントアウト

Vbaにコメントを追加すると、コードが読みやすくなります。これは、自分自身や、将来ソースコードを閲覧する方にとって便利です。

Excelのvbaコードにコメントステートメントを追加するには、2つの方法があります。コメントの一重引用符記号を使用するが、またはREMステートメントを使用します。

vbaコメントの記号である(‘)であり、またはremステートメントであり、どちらを使用するかに関係なく、記号の後の内容を無視するようにvbaに指示します。これはただコード内のコメントです。

コメントの書き方

VBAのコメント構文は、英字の一重引用符(‘)で始まり、その後に説明が必要な内容が続きます。基本的な構文は次のとおりです。

'コマンドの内容

次には例をご覧ください。

コメントは1行に書くことができ、一重引用符の後の内容はコメントの内容です。

Sub MyCode()
'名前変数を定義します
Dim name As String
End Sub

コメントは、コード行の最後に置くこともできます。同様に、一重引用符の後の内容はコメントの内容です。

Sub MyCode()
'名前変数を定義します
Dim name As String
name = Range("A1").Value 'セルA1から名前を読み取ります
End Sub

コメントの内容は複数の行の内容である場合、各行の先頭に一重引用符を使用する必要があります。

'このプロセスは、セルA1の値を読み取るために使用されます
'最終更新日:2018-12-13
'このコードはceodata.comの例です
Sub MyCode()
'名前変数を定義します
Dim name As String
name = Range("A1").Value 'セルA1から名前を読み取ります
End Sub

一重引用符を使用してコメントを追加する以外、REMステートメントを使用してコメントステートメントを追加することもできます。

次のコードのように:Remは、セルA1にvbaコメントステートメントである[ceodata]を入力します。

Sub vbaコメントの記号の練習()
Rem セルA1に“ceodata”を入力します
Cells(1, 1) = "ceodata"
End Sub

remはどういう意味ですか? Remステートメントは、プログラムのコメントステートメントです。 Remステートメントの後に、行の残りの部分に任意の説明ステートメントを入力できます。 コメントが複数行の場合は、各行の先頭にRemステートメントを追加します。 Remステートメントの代わりに一重引用符を使用できます。

Remステートメントの構文は[Rem コメント]です。Remキーワードと次のコメントの内容の間に一つのスペースを追加します。

remコメントは1行を占めます。改行しない場合は、次のように、コードの後に半角コロンを追加します。

Sub vbaコメントの記号の練習()
Cells(1, 1) = "ceodata": Rem セルA1に“ceodata”を入力します
End Sub

コメントの用途

もちろん、最も基本的な用途は、コードを説明することです。例えば、

  • プロシージャまたは関数の基本情報と用途を提供します。
  • 変数の用途を説明します。
  • 現在のやり方を使用する理由を説明します。
  • 異なるコードブロックを分けます。

コメントのもう1つの常用な使い方は、開発およびデバッグの場合、一部のコードを実行させないように、臨時にコードをコメントし、残りのコードにエラーがあるかどうかを確認します。

まとめ

コメントは、プログラミングに最も基本的で重要な部分です。

コメントをつける習慣を身につけることをお勧めします。実際の開発過程では、プログラムに多くの変数やステートメントが含まれるため、油断するとコードが混乱します。そうなれば、最初から確認する必要があるため、時間を無駄にしてしまいます。ましてや、数日後、他の人にコードを見せときなおさら混乱してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です