ホーム > >

Python 3インタープリター

Linux / Unixシステムでは、デフォルトでPythonバージョンは2.xです。

python 3.x を/ usr / local / python3ディレクトリにインストールできます。

インストールが完了したら、パス/ usr / local / python3 / binをLinux / Unixオペレーティングシステムの環境変数に追加できるため、シェル(shell )ターミナルから次のコマンドを入力して Python3 を起動できます。

$ PATH=$PATH:/usr/local/python3/bin/python3    # 環境変数を設定します。
$ python3 --version
Python 3.4.0

ウィンドウシステムでは、PythonがC:\Python34の下にインストールされていると仮定して、次のコマンドを使用してPython環境変数を設定できます。

set path=%path%;C:\python34

インタラクティブプログラミング

コマンドプロンプトに”Python”コマンドを入力して、Pythonインタープリターを起動できます。

$ python3

上記のコマンドを実行すると、次のウィンドウメッセージが表示されます。

$ python3
Python 3.4.0 (default, Apr 11 2014, 13:05:11) 
[GCC 4.8.2] on linux
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> 

pythonプロンプトで次のステートメントを入力し、Enterキーを押して実行結果を確認します。

print ("Hello, Python!");

上記コマンドの実行結果は以下のとおりです。

Hello, Python!

複数行の構造を入力する場合は、行の継続が必要です。 次のifステートメントを参照してください。

>>> flag = True
>>> if flag :
...     print("flag 条件は True!")
... 
flag 条件は True!です

スクリプトプログラミング

次のコードをhello.pyファイルにコピーします。

print ("Hello, Python!");

次のコマンドでスクリプトを実行します。

python3 hello.py

出力は次のとおりです。

Hello, Python!

Linux/Unixシステムでは、スクリプトの先頭に次のコマンドを追加して、PythonスクリプトをSHELLスクリプトのように直接実行可能にします。

#! /usr/bin/env python3

次に、スクリプトのアクセス許可を変更して実行アクセス許可を設定します。コマンドは次のとおりです。

$ chmod +x hello.py

次のコマンドを実行します。

./hello.py

出力は次のとおりです。

Hello, Python!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です