Unix / Linux基本的なユーティリティケース-電子メールを印刷する

この記事では、Unixの基本的なユーティリティとしての印刷と電子メールについて詳しく説明します。 今まで、Unix OSの性質とその基本的なコマンドを説明しました。 この記事では、通常、使用される重要なUnixユーティリティについて説明します。

ファイルを印刷する

Unixシステムでファイルを印刷する前に、ファイルを再フォーマットして余白を調整したり、いくつかの単語を強調表示したりする必要があるかもしれません。 ほとんどのファイルは再フォーマットせずに印刷することもできますが、元の印刷はそれほど魅力的ではない場合があります。

Unixの多くのバージョンには、nrofftroffという2つの強力なテキストフォーマッタが含まれています。

prコマンド

PRコマンドは、端末画面で実行するか、プリンター用に少量のファイルをフォーマットします。 例えば、ファイル内の名前のリストが長い場合、画面上の2つ以上の列にフォーマットできます。

以下のはprコマンドの構文です-

pr option(s) filename(s)

PRは、画面または印刷のファイルの形式のみを変更し、元のファイルは変更しません。 次の表に、いくつかのPRオプションを示します。

番号オプションと説明
1-k
k列を出力します。
2-d
出力の間隔を2倍にします(すべてのPRバージョンではありません)。
3-h“タイトル”
次の項目をレポートのタイトルとして使用します。
4-t
タイトルと上下の余白の印刷を削除します。
5-l PAGE_LENGTH
ページの長さをPAGE_LENGTH(66)行に設定します。 デフォルトのテキスト行数は56です。
6-o MARGIN
MARGIN(ゼロ)スペースで各行をオフセットします。
7-w PAGE_WIDTH
複数のテキスト列を出力する場合のみ、ページ幅をPAGE_WIDTH(72)文字に設定します。

prを使用する前に、サンプルファイルfoodの内容を以下に示します。

$cat food
Sweet Tooth
Bangkok Wok
Mandalay
Afghani Cuisine
Isle of Java
Big Apple Deli
Sushi and Sashimi
Tio Pepe's Peppers
........
$

prコマンドを使用して、Restaurants というタイトルの2列のレポートを作成します。

$pr -2 -h "Restaurants" food
Nov  7  9:58 1997  Restaurants   Page 1

Sweet Tooth              Isle of Java
Bangkok Wok              Big Apple Deli
Mandalay                 Sushi and Sashimi
Afghani Cuisine          Tio Pepe's Peppers
........
$

lpおよびlprコマンド

画面表示と正反対に、lpまたはlprコマンドを実行して、ファイルを紙に印刷します。 prコマンドでフォーマットする準備ができたら、これらのコマンドのいずれかを使用して、コンピューターに接続されているプリンターでファイルを印刷できます。

システム管理者がサイトにデフォルトのプリンタを設定している可能性があります。 デフォルトのプリンターでfoodという名前のファイルを印刷するには、次の例に示すようにlpまたはlprコマンドを使用します。

$lp food
request id is laserp-525  (1 file)
$

LPコマンドで表示されるIDで、印刷ジョブのキャンセルや状態確認ができます。

  • lpコマンドを使用する場合は、-n Numオプションを使用してNum(件数)を印刷できます。 lprコマンドと一緒に、-Numを使用できます。
  • 共有ネットワークに複数のプリンターが接続されている場合は、-dプリンターオプションとlpコマンドを使用してプリンターを選択できます。同じ目的で、-Pプリンターオプションとlprコマンドを一緒に使用できます。 プリンターはプリンター名です。

lpstatおよびlpqコマンド

lpstatコマンドは、プリンターキューにあるもの(要求ID、所有者、ファイルサイズ、ジョブ位置が印刷および送信されるタイミング、および要求のステータス)を表示します。

自分以外のすべての出力要求を表示する場合は、lpstat -oを使用します。 リクエストは印刷順に表示されます-

$lpstat -o
laserp-573  john  128865  Nov 7  11:27  on laserp
laserp-574  grace  82744  Nov 7  11:28
laserp-575  john   23347  Nov 7  11:35
$

LPQは、lpstat -o –と異なる情報を提供します。

$lpq
laserp is ready and printing
Rank   Owner      Job  Files                  Total Size
active john       573  report.ps              128865 bytes
1st    grace      574  ch03.ps ch04.ps        82744 bytes
2nd    john       575  standard input         23347 bytes
$

最初の行は、プリンタのステータスを示しています。 プリンタが無効になっているか、用紙がない場合、最初の行に別のメッセージが表示されるかもしれません。

cancelおよびlprmコマンド

cancelコマンドは、印刷要求からlpコマンドを終了します。 このLPRMコマンドは、すべてのLPR要求を終了します。 要求されたID(lpまたはlpqで表示される)またはプリンター名を指定できます。

$cancel laserp-575
request "laserp-575" cancelled
$

現在印刷中のリクエストをキャンセルするには、IDに関係なし、cancelとプリンター名を入力するだけでいいです。

$cancel laserp
request "laserp-573" cancelled
$

LPRMは、コマンドに属している場合、アクティブなジョブをキャンセルします。 それ以外の場合は、ジョブ番号をパラメータとして使用するか、ダッシュ(-)を使用してすべてのジョブを削除できます。

$lprm 575
dfA575diamond dequeued
cfA575diamond dequeued
$

LPRMコマンドは、プリンタキューから削除された実際のファイル名を通知します。

メールを送信する

Unix mailコマンドを使用して、メールを送受信します。 以下のは電子メールを送信する構文です-

$mail [-s subject] [-c cc-addr] [-b bcc-addr] to-addr

これは、メールコマンド-sに関連する重要なオプションです。

番号オプションと説明
1-sコマンドラインで課題を指定します。
2-Cコピーをユーザーリストに送信します。 リストは、コンマで区切られた名前のリストである必要があります。
3-bブラインドコピーをリストに送信します。 リストは、名前のコンマ区切りのリストである必要があります。

以下は、[email protected]にテストメッセージを送信する実例です。

$mail -s "Test Message" [email protected] 

次に、メッセージを入力してから、行の先頭に「control-D」と入力する必要があります。 停止するには、以下に示すようにドット(。)を入力するだけでいいです–

Hi,

This is a test
.
Cc: 

以下に示すように、redirect <演算子を使用して、完全なファイルを送信できます。

$mail -s "Report 05/06/07" [email protected] < demo.txt 

Unixシステムで受信メールを確認するには、以下に示すようにemailを入力するだけでいいです。

$mail
no email
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です