Twitterなどのソーシャルメディアのアバター画像の最適なサイズについて

ソーシャルメディアにはさまざまな種類があり、ソーシャルメディアで人気を得たい場合は、コンテンツの最適化に加えて、画像サイズの処理も重要です。 ここでは、これらの外国のソーシャルメディアの画像サイズについて詳しく説明します。

コンテンツにはFacebook、Twitter、Instagram、Linkedin、Pinterest、YouTubeが含まれます。

Facebook画像のベストサイズ

  • Facebookアバター画像:推奨200 x 200、最小180 x 180
  • Facebookホームページの表紙画像:推奨851 x 315、最小399 x 150
  • Facebook共有画像:1200 x 630推奨、最小399 x 150
  • Facebookリンク画像:推奨1200 x 630、最小399 x 150

ちなみに、Facebookホームページの表紙画像が100Kを超える場合は、アップロード後に自動的に圧縮されます。表紙は、他人を騙したり、誤解を招いたり、著作権を侵害したりすることはできません。ホームページのアバター画像が15K未満の場合、表示効果は良くありません。

Twitter画像のベストサイズ

  • Twitterホームページのアバター画像:推奨400 x 400、最小200 x 200
  • Twitterホームページの表紙画像:推奨1500 x 500、最小1263 x 421
  • Twitter共有画像:推奨1024 x 512、最小440 x 220

ちなみに、Twitterはツイートごとに140文字の制限があるため、画像にテキストを追加することで全体の文字を追加できます。 また、ホームページの表紙画像にQRコードを付加して、別のサイトへの案内ができます

Instagram画像のベストサイズ

  • Instagramホームページのアバター画像:推奨180 x 180、最小110 x 110
  • Instagram共有画像:推奨1080 x 1080、最小600 x 600

ちなみに、Instagramは画像共有専門のプラットフォームで、画像はアップロード後に自動的に圧縮されます。画像を共有する場合は、1080×1080の高解像度画像を使用するのが最適です。

Linkedin画像のベストサイズ

  • Linkedin個人用アバター画像:推奨400 x 400、最小160 x 160
  • Linkedin個人用表紙画像:推奨1584 x 396
  • Linkedin会社用アバター画像:推奨400 x 400、最小300 x 300
  • Linkedin会社の表紙画像:推奨1536 x 768、最小1192 x 220

ちなみに、Linkedinの表紙画像がぼやけている場合、画像アップロードの上限は8Mですが、この値に近い画像であれば一般的に悪くはありません。

Pinterest画像のベストサイズ

  • Pinterestホームページのアバター画像:推奨280 x 280、最小165 x 165
  • Pinterest共有画像の小画像:推奨600 x 900
  • Pinterest共有の大画像:推奨600 x 1560、最小600 x 1560

ちなみに、Pinterestの画像共有は適当なインフォグラフィックを作成したら、クリック率は高くなります。

Youtube画像のベストサイズ

  • YouTubeチャンネルのアバター画像:推奨800 x 800
  • YouTubeチャンネル表紙画像:推奨2560 x 1440
  • YouTubeビデオ表紙画像:推奨1920 x 1080、最小1280 x 720

ちなみに、YouTubeチャンネルの画像アップロードの上限サイズは2Mです。画像が大きすぎる場合は、画像ロスレス圧縮ツールを使用して圧縮できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です