24 October, 2020

ThinkPad T480 Optane Edition評価:ハイエンドクラシックとブラックテクノロジーの融合

ビジネスオフィスノートパソコンと言えば、ThinkPadは言及しなければなりません。ビジネスオフィス分野で研究し続ける結果、今日ではののような伝説的なブランドを生み出しています。 ユニックな赤ボタンは沢山のビジネスマンの心の中で、人生のピークに到達するのを助けるための最良の仲間になっています。

ThinkPadについて言えば、クラシックなTシリーズは下げては通らない話題です。少し年配の人は誰もかTシリーズがThinkPadの主要なハイエンド製品であることを知っています。何十年の間に 変わらないのはそのボディデザインと内部構造です。ThinkPadは頑丈な外観、壊れにくい、安定したパフォーマンス、そしてカーネルパニックが起こらないことなどのクラシックな要素を完璧に継承しています。 長い間、Tシリーズは多くのビジネスマンに気に入られてきました。

今日の評価の対象は、ThinkPadTシリーズのThinkPad T480 Optane Editionです。これは、Intelの新時代のブラックテクノロジーとThinkPadハイエンドクラシック要素を組み合わせたテクノロジー製品です。実際のパフォーマンスについては、PConlineテストを通して見てみましょう。

ThinkPad T480 Optane Edition:従来のビジネスデザインを継承

ThinkPad本体の表面には、繊細で滑らかな肌のようなコーティングが施されており、14インチの1366 * 768解像度の画面が使用されています。

ThinkPad T480 Optane Editionは、従来の小さな赤いボタン(タッチパッドとマウスに取って代わることができます)と常に使いやすい1.8mmロングキーストロークキーボードを継承しています。弾力があり、タイピング時に優れたフィードバックを提供できます。 長時間タイピングしても疲れません。

ThinkPad T480 Optane Editionは、プッシュタイプの指紋識別装置を追加し、指紋のロック解除をサポートし、より安全で高速なブート体験をユーザーに提供します。

放熱口を本体の左側に変更しましたので、右手に熱風が吹き付けません。

インターフェースに関しては、Thunderbolt 3機能をサポートするType-Cインターフェースと専用のドッキングステーション(Docking Station)インターフェースがあります。

本体の右側には、2つのUSB 3.0ポート、1つのHDMIポート、1つのネットワークポート、およびSDカードスロットが装備されています。

Intel Optaneメモリでノートパソコンの可能性を最大限に引き出します

インテルは昨年3月に、Intel Optane Memory(Intel Optane テクノロジー)を発売しました。このメモリは、コンピューターシステム全体で最も弱い機械式ハードドライブを高速化し、高価なSSDソリッドハードディスクに匹敵するパフォーマンスを実現できます。システムの 効率を大幅に改善するだけでなく、新しいPC製品のコストパフォーマンスも向上します。ThinkPad T480 Optane Editionを分解して、このOptaneも見つかりました。

ThinkPad T480 Optaneバージョンは、頑丈なボディ構造で、ボディ背面のネジを緩めても、ネジが外れることはありません。紛失を防ぐためにボディの背面カバーに固定されています。 とても優しい設計です。

分解するのは難しくありません。バールを使ってゆっくりと背面カバーを持ち上げると、緑色のマザーボードが見えます。 全体として、本体内部の構造は非常にコンパクトで、すべてのスペースが完全に利用され、無駄な隙間はありません。

マシンには2つのメモリスロットがあり、私が持っているパソコンはSamsung 8G DDR4 2400MHz高周波メモリが搭載されています。

バッテリーの使用時間を考慮して、ThinkPad T480には2つのバッテリーが内蔵されています。24ワット+ 24ワットのデュアルバッテリーで合計48ワットです。また、72ワット+ 24ワット構成を選択でき、バッテリー使用時間を2倍にすることもできます。

現時点では、内部ハードウェアの優れた組み合わせにより、ThinkPad T480 Optane Editionの48Whバージョンのバッテリー使用時間は良好です。実際のテストの結果、1日5〜6時間で使用しても約30%の電力を維持できます。

本体左側のCPUファンはターボタイプで、独立のグラフィックスカードがない薄型軽量ノートパソコンには十分です。

16GB INTEL OPTANEはノートブックのM.2ポートに接続され、Optane1つは1台の機械式ハードドライブでのみ使用できます。

Intel Rapid Storage Technologyドライバーをインストールし、Optaneを実行する

ThinkPad T480 Optane Editionシステムには、Optaneドライバープログラムが付属しています。このプログラムでOptaneのオン/オフを切り替えたり、採用されている機械式ハードディスクを変更したりできます。 ThinkPad T480 Optane Editionには、500G HDDが装備されていますが、Optaneは即座に500G SSDハードドライブに匹敵できるようなものに変身します。

実際の体験と効果はどうですか?いくつかのテストを通じて、インテルのブラックテクノロジーを体験しました。

通常、テスト点数は最も直感的で明確ですが、Optaneの有効化と無効化の2つの状態で、同じテストソフトウェアをに実行して比べてみました。

Optaneを閉じた場合

テスト結果から判断すると、Optaneをオフにすると、ThinkPad T480は112,956ポイントを獲得できます。薄くて軽いビジネスノートブックでは良い結果ですが、ディスクのパフォーマンスはわずか2,730ポイントです。

Optaneを開く場合

ただし、Optaneを開いた後、合計スコアは10,000ポイント近く増加しました。最も改善された項目は、もちろん、以前の2730ポイントから12750ポイントに367%増加したディスクパフォーマンスです。

ハードディスクパフォーマンステスト:CrystalDiskMark

よりプロフェッショナルなディスクテストソフトウェアであるCrystalDiskMarkのテストでは、ソフトウェアのデフォルト設定に従って合計5回テストを実行し、毎回4Gデータをテストして、最終的にテスト結果を取得します。

結果から、Optaneは、特に単一の大きなファイルの連続読み取りの場合に、ハードディスクの読み取りおよび書き込み速度を大幅に改善しました。読み取り速度がわずか121MB / s から932.5MB /秒までに改善されました。 この結果を参考にすると、4Kムービーを開いたり、ゲームを開いたり、PRでビデオファイルをインポートしたりするなど、コンピューターが1つの大きなファイルを読み取る速度が大幅に向上します。

ただし、連続的書き込み速度の向上は比較的制限されています。Optaneでサポートされているハードディスクに単一の大きなファイルをコピーする場合、速度は一般的な機械式ハードディスクよりもそれほど速くはありません。

一部のゲームやシステム操作に影響を与える4Kの読み取りおよび書き込みのパフォーマンス速度に関して、Optaneを追加した機械式ハードディスクのパフォーマンスは、1MB /秒未満から62.2MB / sおよび108.7MB / sに数百倍向上しました。 このパフォーマンスレベルでは、コンピューターの動作が速くなることをはっきりと感じることができると思います。

実際のハードディスクパフォーマンステスト:PCMark8 Storage

PCMark 8のストレージテストには、いくつかの小さなテスト項目が組み込まれています。主にハードディスクのパフォーマンスをテストするために使用されます。

ストレージテストでは、PCMark 8は、コンピューターでPhotoshopやPremiereなどのADOBEソフトウェア、Microsoft Officeオフィスソフトウェア、および「World of Warcraft」および「Battlefield3」ゲームを実行し読み込み速度テストします。得られた結果は、ユーザーの日常の使用体験をよりよく表しています。

Optaneを閉じる場合

Optaneをオフにすると、PCARK8のストレージテストは実際には3時間近くかかり、スコアは2101でした。全体として、この機械式ハードドライブは悪くありませんが、ソリッドステートドライブよりもはるかに劣っています。

Optaneを有効にする場合

ThinkPad T480がOptaneを有効にした後、ほぼすべてのプロジェクトの実行速度と読み込み速度がほぼ以前の2倍であったため、テストはすぐに完了しました。

スコアも元の2101ポイントから4687ポイントに増加し、123%増加しました。 4,687のスコアは、以前にテストしたCrucial 275GB SATA3 SSDに近いものです。 この観点から、OptaneによってサポートされたHDDは、ソリッドステートドライブと同等のパフォーマンスを備えています。

CPUパフォーマンス比較テスト

最初に結論を出します。CPUのパフォーマンステストの結果は、Optaneのオン/オフがCPUパフォーマンスにほとんど影響を与えないことを示しています。

Optaneを閉じる場合:CBR15シングルコア133cb、マルチコア655cb

Optaneを開く場合:CBR15シングルコア143cb、マルチコア656cb

プロのCPUパフォーマンステストソフトウェアの結果から、Optaneがオン/オフはCPUパフォーマンスにあまり影響を与えないことがわかります。ThinkPadT480OptaneバージョンのCBR15スコアは非常に優れていることは言及する価値があります。以前テストしたi5-8250Uプロセッサのマルチコアパフォーマンスは一般に500cbですが、ThinkPad T480は驚異の656cbに達しました。頑丈な内部材料と適度な熱放散設計のおかげで、ハードウェアにはパフォーマンスを向上させる余地ができています。

3 OptaneがThinkPadをサポートし、実際のアプリケーション使用体験について

ただし、ランニングスコアがすべてを表すとは限りません。重要なのは、よく使用されているソフトウェアを使用して、Optaneによってもたらされる改善を個人的に体験することです。

起動時テスト:

起動は毎日行うことです。コンピュータの電源が完全にオフになったら、起動ボタンを押してからシステムインターフェイスに入るまでの時間を測定し、合計3回のテストを行いました。

起動時テスト:

起動は毎日行うことです。コンピュータの電源が完全にオフになったら、起動ボタンを押してからシステムインターフェイスに入るまでの時間を測定し、合計3回のテストを行いました。

Optaneを有効にすると、コンピューターの起動速度が大幅に向上し、起動するたびに1分近くの待機時間が節約されました。

PSソフトウェアの開く速度テスト

Photoshop CC 2015

Photoshop CC 2015ソフトウェアの開く速度テストでは、Photoshopアイコンをダブルクリックしてスタートし、PSを開いて新しいファイルを作成できるようになったら、起動時間を計算し、各モードで3回テストしました。

その結果、ハードディスクが初めてプログラムを起動するのに42秒かかり、待ち時間が長くてつまらないのですが、2回目と3回目の起動時間はやや改善されて約10秒になります。

Optaneを有効にすると、PSプログラムを初めて約10秒のレベルであって、2番目と3番目のスタート時間さらに短縮されます。これは、元のハードディスクの応答速度よりもはるかに高速です。

PSバッチ処理画像速度テスト

次に、42メガピクセルのカメラで撮影した合計100枚のRAW写真(各写真のサイズは約82MB、合計7.97GB)を使用して、クリックして開始するからすべての圧縮が終了するまで、JPEGファイルに変換する時間をテストしました。 2つのモードで3回テストしました。

結果から、PSバッチ処理画像はハードディスクの速度の影響を受けにくいため、主にCPU、GPU、メモリのパフォーマンスに依存します。したがって、Optaneがオンとオフによっての効率の向上はあまり見られませんでした

PRビデオエンコーディング速度テスト

PSソフトウェアと同様に、Optaneを開いた後、Premiereソフトウェアの開く速度とビデオ素材の読み込み速度が大幅に向上し、日常業務の応答速度も向上したため、操作がよりスムーズになりました。

実際、レンダリング処理は依然としてCPU、グラフィックカード、その他のハードウェアのパフォーマンスに依存しており、ハードディスクの影響は比較的小さいため、1080P、H.265エンコーディングを使用して約1 GBのビデオをレンダリングする場合、いくつかのテストが行われ、結果は似ています

WinRAR圧縮速度テスト

100枚のRAW写真(写真ごとに約80MB、合計7.97GB)を解凍するテストでは、Optaneをオンにした後、解凍速度もある程度向上していることがわかります。

ゲームの読み込み速度テスト

ゲームテストでは、Optaneがサポートするハードドライブにより、ゲームでの読み取りバーの待機時間が大幅に短縮され、ゲームの読み込みが以前よりもはるかに速くなりました。

Eclipse Photon C ++起動速度テスト

Eclipse Photon C ++ソフトウェアの起動速度テストの結果からHDDが初めてプログラムを起動するのに35.5秒かかり、時間がかかりました。2回目と3回目の起動時間は改善されておらず、時間もほぼ同じです。

Optaneを有効にしてから、Eclipse Photon C ++プログラムを初めて起動するのに約27秒かかりました.2回目と3回目のスタート時間が大幅に短縮され、元のHDDの応答速度が大幅に向上しました。

同時に、Tableau 2018.1、Visual Studio Community 2017、Android Studio 3.1.2、Zend Studio 13.6、Power Point 2016、Excel 2016、その他のソフトウェアのプログラムの起動、ファイルを開くなどの機能もテストしました。テスト結果は、 Optaneを有効にした後、アプリケーションの起動速度と使用速度が改善されます。

SSDを購入することを選択しないのはなぜですか?SSDは非常に高速ですが、コストも非常に高くなります。ゲームやビデオファイルのサイズが大きくなるにつれて、小容量のSSDはますます非実用的になり、1Tほどの大容量のSSDは通常5万円近くになり、通常のプレーヤーには手頃な価格ではありません。
一方、最も広く使用されている1THDDは5千円未満であり、Optaneを追加しても、合計2万円を超えることはありません。また、テストを通じて、Optane +HDDのパフォーマンスは、実際に一部のSATASSDに匹敵します。

評価のまとめ

一般に、Optaneは、HDDを高速化するためのハードウェアで、CPU、メモリ、グラフィックカードには影響しませんが、ハードドライブの速度が上がるため、起動とプログラムの応答が速くなります。待ち時間を減らすために、すぐに仕事とゲームに取り組むことができます。 Optaneを追加したThinkPadT480は、より優れたコストパフォーマンスを備えており、より多くのユーザーに役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です