ホーム > >

Swift 変数

変数は、コンピュータのメモリアドレスを参照するための便利なプレースホルダーです。

Swiftの各変数には、変数が占めるメモリのサイズを決定する特定の型が割り当てられ、さまざまなデータ型も保存できる値の範囲を決定します。

他の記事では、整数Int、浮動小数点数DoubleおよびFloat、ブール型Bool、文字列型Stringなどの基本的なデータ型を説明しました。さらに、Swiftは、Optional、Array、Dictionary、Struct、Classなどの他のより役立つデータ型を提供しています。

次には、Swiftプログラムで変数の宣言と使い方を説明します。

変数宣言

変数宣言とは、メモリ内の変数のストレージスペースと放置の場所をコンパイラに通知することを意味します。

変数を使用する前に、次に示すように、varキーワードによって変数を宣言する必要があります。

var variableName = <initial value>

次にはSwiftプログラムでの変数宣言の例を挙げます。

import Cocoa

var varA = 42
print(varA)

var varB:Float

varB = 3.14159
print(varB)

上記のプログラムの実行結果は次のとおりです。

42
3.14159

変数の命名

変数名は、文字、数字、およびアンダースコアで構成できます。

変数名は文字またはアンダースコアで始まる必要があります。

Swiftは大文字と小文字を区別する言語であるため、大文字と小文字は異なります。

次の例に示すように、変数名は簡単なUnicode文字であることができます。

import Cocoa

var _var = "Hello, Swift!"
print(_var)

var hallo = "halloworld"
var 初心者チュートリアル = "www.ceodata.com"
print(hallo)
print(初心者チュートリアル)

上記のプログラムの実行結果は次のとおりです。

Hello, Swift!
Halloworld
www.ceodata.com

変数の出力

変数と定数は、print関数(swift 2はprintをprintlnに置き換えました)によって出力できます。

括弧とバックスラッシュによって変数を文字列に挿入できます。次には例を挙げます。

import Cocoa

var name = "初心者チュートリアル"
var site = "http://www.ceodata.com"

print("\(name)の公式サイトアドレスは:\(site)")

上記のプログラムの実行結果は次のとおりです。

初心者チュートリアルの公式サイトアドレスは:http://www.ceodata.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です