ホーム > >

Swiftチュートリアル

Swiftは、複数のプログラミングパラダイムとコンパイルをサポートするオープンソースプログラミング言語で、Apple会社は2014年に開催されたWWDC(世界開発者会議)でリリースされました。これはiOS、OS X、およびwatchOSアプリケーションの開発のために使用されます。

SwiftはCとObjective-Cのメリットを組み合わせており、Cの互換性に制限されません。

Swiftは、MacOS、iOSプラットフォームでもObject-Cと同じオペレーティング環境を使用できます。

2015年6月8日、AppleはWWDC 2015で、Swiftがコンパイラと標準ライブラリを含むソースコードをオープンすることを発表しました。

このチュートリアルに適する方

このチュートリアルは、モバイル端末(iphone)の開発やOS Xアプリケーションに携わりたいプログラマーに適しています。プログラミングの基礎が身に着ければ、より良いです。

このチュートリアルのすべての例は、Xcode8.2.1(Swift 3.0.2構文形式)に基づいて開発およびテストされています。

最初のSwiftプログラム

もちろん、最初のSwiftプログラムは、「Hello、World!」を出力することで始まり、コードは次のとおりです。

実例

/* 最初のSwiftプログラム */
var myString = "Hello, World!"
 
print(myString)

実例の分析

  • var myString = “Hello, World!”:varキーワードでmyString変数を定義し、値はHello, World!です。
  • print:変数の値を出力します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です