ホーム > >

Swift 開発環境の構築について

Swiftは、OSXおよびiOSアプリケーションの開発に使用されるオープンソースのプログラミング言語です。

アプリケーションを正式に開発する前に、Swift開発環境を構築して、さまざまな開発ツールと言語によって迅速なアプリケーション開発を行えるようにする必要があります。 Swift開発環境はOS Xシステムで実行する必要があるため、その環境の構築はWindows環境とは異なります。次にはswift開発環境を構築する方法を説明します。

swift開発環境を構築する条件:

Appleコンピューターが必要です。統合開発環境XCodeはOS Xシステムでのみ実行できるためです。
コンピュータシステムはOS 10.9.3以降のバージョンである必要があります。
コンピューターはXcode統合開発環境をインストールする必要があります。

Swift開発ツールのXcodeをダウンロードする

Swift開発ツールの公式Webサイト:https://developer.apple.com/xcode/download/

Swiftソースコードをダウンロード:https://swift.org/download/#latest-development-snapshots

ダウンロードが完了した後、ダウンロードしたdmgファイルをダブルクリックしてインストールします。インストールが完了した後、Xcodeアイコンをアプリケーションフォルダーに移動します。

App Storeでxcodeを検索して、インストールできます。

最初のSwiftプログラム

Xcodeをインストールした後、Swiftコードの記述を始めます。

次には、アプリケーションフォルダでXcodeを開き、開いた後、画面上部のツールバーからFile => New => Playgroundを順番にクリックします。

次、playgroundの名前を設定し、iOSプラットフォームを選択します。

Swiftのplaygroundは、インタラクティブなドキュメントのようなものです。swiftの練習に使用されます。コード行を記述して結果行を生成し(右側)、コード結果をリアルタイムで表示できます。swift言語の学習に優しいです。

次は、Swift Playgroundウィンドウのデフォルトコードです。

import UIKit

var str = "Hello, playground"

OS xプログラムを作成する場合、Cocoaパッケージをインポートする必要があります。

import Cocoaコードは次のとおりです。

import Cocoa

var str = "Hello, playground"

上記のプログラムがロードされると、プログラムの実行結果がPlaygroundウィンドウの右側に表示されます。

Hello, playground

最初のSwiftプログラムの学習はここで終わりです。ご入門、おめでとうございます。

最初のプロジェクトを作成する

1、xcodeツールを開き、 File => New => Projectを順番にクリックします

2、”Single View Application”を選択し、「next」をクリックして、シンプルなアプリアプリケーションを作成します。

3、次には、プロジェクト名(ProductName)、会社名(Organization Name)、会社IDプレフィックス名(Organization Identification)を入力し、開発言語(Language)を選択し、デバイス(Devices)を選択します。

その中で、LanguageにはObjective-cとswiftの2つのオプションがあります。もちろん、swiftを学習するため、swiftを選択します。「Next」をクリックします。

4、ストレージディレクトリを選択します。Gitソースコード管理を使用する場合、[Source Control]の[create git repository on My Mac]にチェックマークを付け、[create]をクリックしてプロジェクトを作成します。

5、プロジェクトが作成された後、デフォルトでサンプルファイルが生成されます。swiftがoc内のhファイルとmファイルを1つのファイル(つまり、swiftサフィックスファイル)にマージすることがわかります。Main.storyboardはxibファイルに相当し、xibより多くの機能が組み込みます。

6、main.storyboardを開き、デフォルトでシンプルな空白のアプリケーションインターフェイスが表示されます。そのサイズは、タブレットインターフェイスと同じです。iPhoneと互換性のあるアプリのみを開発する場合、[Use Auto Layout]をオフにします。(デフォルトではチェックマークがオンに設定されます。)

7、ダイアログボックスが表示されます。インターフェイスのサイズ(iPhoneまたはiPad)を選択します。 iPhoneのサイズを選択します。

8、インターフェイスのサイズがiPhoneの幅と高さに変更されていることがわかります。

将来の操作を容易にするために、インターフェースに関連する寸法を次に説明します。

型番幅と高さモード
iPhone 3GS320*4801x
iPhone 4320*4802x
iPhone 5320*5682x
iPhone 6375*6672x
iPhone 6 Plus414*7363x

9、インターフェイスにコンテンツを追加し、右下にあるTextコントロールを見つけ、storyboardにドラッグし、ダブルクリックして「Hello World!」というテキストを入力します。

シミュレーターを実行します。(command+Rショートカットキーを押し、またはメニューバーでProduct => Runを選択します)

最初のSwiftプロジェクトの作成はこれで完了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です