25 September, 2020

Stadia使用体験:未完成です

Googleの有名なクラウドゲームプラットフォームであるStadiaは、現在では一時的に少数のユーザー向けのサービスであり、米国と英国を含む14の国と地域のみをサポートしており、129ドルの「創始者バージョン(Founder Edition)」プランを購入したユーザーのみが体験できます 。

このプランには、公式のStadiaコントローラーとChromecast Ultra に加えて、3か月の「Pro」会員資格が含まれます。これは、初期の試用資格が獲得したのに相当します。
厳密に言えば、クラウドゲームの特性に基づいて、Stadiaはローカルハードウェアに対してあまり多くの必須要件を設けていません。 実のゲーム本体はなく、ゲームはGoogleサーバー上で完全に実行されるため、ダウンロードプロセスはありません。
理想的には、Chromeブラウザを開くことができるネットワークデバイスがあり、PS4 / Xboxコントローラーに接続している限り、直接プレイすることもできます。

しかしグーグルはまだユーザーが自分のプラットフォーム用のコントローラーを購入することを望んでいます。これがStadiaプラットフォームに関連する唯一のハードウェア製品です。
公式声明によると、このStadiaコントローラーにはWi-Fiチップが内蔵されており、ユーザーのキーコマンドをサーバーに直接送信するため、ローカルデバイスから信号を送信する必要がなくなり、入力遅延 問題を改善できます。

パッケージを開く

パッケージはApple製品のように非常に美しく、パッケージにこだわりのある人にはきっと満足しています。 コントローラー、ケーブル、充電器変圧器、Chromecast Ultra、ネットワークケーブルインターフェースがあります。 Stadiaのすべての説明で強調されているネットワークケーブルがないのは残念ですが、コンピュータの購入で、ネットワークケーブルが付属品になくてもさぞ問題はないようです。

ゲームリスト

さらに、GYLTは私が今まで見た中で最も悲惨な独占ゲームであり、「More Games」に配置されており、Stadiaで十分にサポートされていないJust Dance(Pixelスマートフォンが必要です)の後ろに配置されています。

悲惨なゲーム

「Destiny2(デスティニー2」の従来から接続不良([Stadia]サーバーに接続しているときに[Destiny 2]のサーバーから切断されたのはこれが初めてです。ユニークな体験です)。 『侍魂曉』のCPUに殺された後、 『アサシン クリード オデッセイ』を購入してしばらく遊びました。 ここに私の専門でない感想を簡単にリストしました。

ゲーム体験

長所

•応答が非常に速く、遅延がまったく感じられません。
•5-Ghz Wifiでのビデオとオーディオのフリーズはほんのわずかで、インターネットケーブルに接続した後はそのような問題はまったくなく、フレームレートは大幅に改善されました。
•ダウンロードを待つ必要がないのは素晴らしい。
•Web側(Web側のみ)でさまざまなコントローラーが完全にサポートされます(下図を参照)。

「現在利用できない」とマークされているものは、将来的には使用できる…かもしれません。

短所

•想像したのと異なり、画質オプションは完全ではなく、ビデオ圧縮の問題でもありません(テキストの端子は非常にシャープであり、過度に圧縮するとぼやけるはずです)。
•特定の画質とフレームレートを見るツールはありません(必要に応じて指定することはできません)。
•Webページのみがマウスとキーボードをサポートしていますが、ゲーム内のメニューはStadiaコントローラを完全にはサポートしていません。たとえば、『アサシン クリード 』のメニューコントロールは、コントローラーでマウスをシミュレートすることによって実現されます。
•金曜日にWebを使用すると、明らかな圧縮痕がありますが、土曜日はそうではありません。サーバーの帯域幅が緊急にアップグレードされた可能性があります。
•Web側はStadiaコントローラのワイヤレス接続をサポートしておらず、コントローラのデータによると、将来サポートするにしてもBluetoothをサポートします。Web側はStadiaコントローラをサーバーに直接接続することによる遅延の最適化を使用できないことを意味します。
•ゲームの購入を含むほとんどの機能はモバイルアプリでしか使用できないため、非常に不便です(上記を参照)。
•現在、携帯電話ではGoogle独自の製品のみをサポートしています。

Stadiaコントローラー

長所

•十字キーのタッチは非常にユニークで、少し硬いマウスボタンのようで、押す感覚はとても快適です。
•専用のワイヤレス信号送信機を備えたXboxコントローラーとは異なり、マイクとヘッドフォンジャックを備えており、実際に使用できます。
•特徴的なWifi接続は、遅延を削減できるため、Stadiaに最適です。•Stadiaのオレンジと白の2色の指示ライトはきれいです。
•振動は多様で強力です。
•充電式バッテリーが内蔵。

短所

•ジャイロスコープなし。•コントローラーを押すには力がかかります。
•Chromecastで有線ネットワークと無線ネットワークを切り替えると、接続は直接失われます。
•グリップが小さく、内側に曲がる範囲が広いです。完全に握ると、手のひらが過度に曲がって長時間保持するのに不便になります。指だけで握ると不安定です。
•Bluetooth機能は使用しません。
•Googleアシスタントは機能できません。

Chromecast Ultra

長所

•小さくて美しい。
•4K HDRを出力できます。
•多くのビデオプラットフォームをサポートします。

短所

•ネットワークケーブルインターフェイスを電源に配置し、データケーブルを介して電気とデータを送信し、意味不明です。 本体をより美しくすることで売上を伸ばせるのでしょうか?

まとめ

ハードウェアの観点から見ると、StadiaコントローラーとChromecast Ultraはどちらも確かに良いもので、どちらも69ドルの価値があります。このように、Stadiaは129ドルしか売れませんが、それは安くてお得な値段ではないでしょうか。しかし、Stadiaを使用しない場合、これら2つを購入することはありません。ソフトウェアの観点から見ると、ショッピングモール、Googleアシスタント、コントローラーサポート、携帯電話サポートなど、多くの機能が「未実現」状態にあり、半完成品という強い印象があります。ゲームの観点から見ると、ラインナップは現在かわいそうであるだけでなく、Stadiaでプレーするには特別な最適化を行う必要があります。Stadiaの市場シェアは小さいです(もちろん、発売されたばかりの製品どれでもそうです)。短時間で多数のラインナップを展開することはできません。 4K HDR画質を主張しましたが、サーバー側の画質と解像度をマックスしておらず、自分自身とホストプラットフォーム間の最も強力な競争ポイントの1つを放棄しました(おそらく、将来的には改善されないでしょう)。

Stadiaは面白くて、高度な技術をもっていながらも、半完成品であり、ホストほどの競争力が欠けています。しかし、eBayの「創始者バージョン(Founder Edition)」の価格を見ると、急いでそれを返品する必要はありません、売るにしても少しは儲かるはずです。このまあまあな半製品をのんびり遊んで、どうなっていくのを見てみましょう。HDRディスプレイを購入すべき時が来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です