24 October, 2020

Sony WH-1000XM4レビュー:最高クラスのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットに進化しました

ノイズキャンセリングイヤホンと言えば、2年前に発売されたSony WH-1000XM3をお勧めします。ノイズキャンセリング性能が良く、快適な装着感は特長です。 しかし、人間の欲には限りがないです。いつも新しい機能とより高性能を求めています。 過去2年間、Sonyはすでに優れているノイズキャンセリングイヤホンの改進方法を考えてきました。その答えは、近年人気があるAIです。 Sony WH-1000XM4はAIを利用し、直感的な体験を提供し、中高域の騒音に対してのキャンセル性能がさらに向上しました。 購入する前に、著者のレビューをご覧ください。

外観

SonyはM4がほとんどM3から継承されています。特に外観の変化は非常に少なく、偶にM4とM3の区別がつかないですが、見澄ますと、区別が分かります。相違点はM4がイヤホンのヘッドバンドとハウジングを同じ処理方法で色を付けました。一体感が増しています。

また、ヘッドバンドが少し細くなり、弧度も頭の曲線に合い、装着感が向上しています。重量配分が均一になり、イヤーパッドが耳を包みこむような快適な装着性も向上しました。左耳側のボタン名も少し異なります。電源ボタンの横にあるボタンは1000XM3で「NC/AMBIENT」表記が、1000XM4では「CUSTOM」となりました。ユーザーは専門アプリを使って、自分でカスタマイズできます。

新しい機能

次は新しい機能を紹介します。WH-1000XM4は直接または直感的な使用体験が売りポイントです。特に新機能「スピーク・トゥ・チャット」は素晴らしい機能です。ユーザーがヘッドフォンを装着している時に、ノイズキャンセリング機能している時もすぐにモードを切り替えて人と会話できます。すでに非常に便利とは言える右ユニットのタッチセンサーコントロールパネル全体を手で触れる動作(環境音と取り入れるための操作)すらしなくても大丈夫です。

「スピーク・トゥ・チャット」は、左耳側にある3つのマルチ配列マイクと左右それぞれのフィードフォワードマイクがAI技術により開発された発声検出アルゴリズムにより、ヘッドホンが装着者の声を周囲の音から区別し、認識するといった機能です。したがって特定の指令(単語)を言わず、ただ装着者は言葉を発した半秒ほどこの機能が自動的に起動し、環境音を取り入れるモードに切り替えます。この機能について著者は使用後に以下のアドバイスがあります。

最初に短句(たとえばhello)を話してヘッドホンの「スピーク・トゥ・チャット」機能を触発し、ヘッドホンが環境音を取り込んだ後、会話をします。(「スピーク・トゥ・チャット」機能が起動する時のエフェクト音があります。)。こうすれば、ヘッドホンは反応時間があり、相手の応答が早すぎて、相手の会話を逃してしまうことが防ぐことができます。会話も違和感がなくスムーズに行われます。会話終了の15秒後ほど、ヘッドホンがノイズキャンセリング機能に戻って、音楽を楽しむことができます。もちろん、「スピーク・トゥ・チャット」機能の待機時間も自分の好みに調整できます。30秒、一分間または手動で調整するのに設定できます。

もう1つの新機能は細部を重視する機能であると著者は考えます。装着者は装着する時に検知する機能が進歩しました。 従来M3に装着検知機能があり、ヘッドホンが装着されていないと自動的に一時停止し、長い間に装着していなければ自動的にシャットダウンします。 M4は装着されていない時は、誤操作しないようにタッチパネルが使えないです。電源ランプも点灯します。ただ装着している時に消灯します。さすがSonyです。この機能は何の作用があると聞きたいでしょう?電源ランプの点灯や消灯機能は装着者が電源ランプで ヘッドホンの状態を知ります。もしヘッドホンがずっと装着している場合は点灯していても見えないでしょう?闇の中(特に飛行機を乗る時)点灯することは他人に迷惑をかけます。

改善点

M4の新機能はこれだけではなく、Headphones Connectアプリと連携し、「アダプティブサウンドコントロール」と「DSEE Ultimate」を導入しています。 前者はSonyのノイズキャンセリングヘッドホンに前から使われていますが、過去は環境音を解析する次第にノイズキャンのモードが変わります。M4には今いる場所を選択し、例えば自宅、職場を選択すると、その環境に専用のモードを使用できます。ノイズキャンセリングモードはちょこちょこ変更しません。

DSEE Extremeは今年Sonyが発表した高音質技術です。圧縮によって失われがちな高音域や消え際の微小な音を再現する効果はDSEE HXより優れます。そして端末のサポートが必要なし、イヤホンでオーディオを処理できます。そのため、同じ技術が搭載している Sony Xperia 1 II を買わなくてもいいです。Moovのメリットは128 kbpsと24ビットバージョンのオーディオストリーミングすることです。著者もこの機能を使って、DSEE Extremeの使用効果を比較してみました。特に盧廣仲さんの「魚仔」を聞く時に、128 kbpsバージョンはギターの音質が高めました。

WH-1000XM4の仕様から見ると、端末は2台まで接続できます。残念ながら、体験サンプルはまだこの機能を使えません。正式のリリース後に更新によって追加できます。 つまり、M4を買った読者は二台の端末(例えばスマホとパソコン)を接続できます。そうすると、接続を切断しなくても、両方の端末にオーディオを再生できます。

次は改善された機能です。M4のハードウェアはM3と同じ高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1を搭載されていますが、高性能BluetoothオーディオSoC が連携しているため、前より高めるノイズキャンセリング処理が実行できます。毎秒700回以上センシングし、毎秒200回のAirPods Proより2倍高いです。さまざまな音響環境に対してリアルタイムにノイズキャンセリング処理を適応させます。Sonyが発表したデータから見ると、人声のノイズキャンセリング処理が改善されるため、通勤中他人の会話を避けられます。

優れた機能

SonyWH-1000XM4は40mmドーム型のドライバーユニットを採用し、高音質を提供します。強いステレオ感やクリアな細部の音質はLDAC高解像度Bluetoothを接続すると、スマホ端末から高品質なオーディオを復元できます。 スマホの附属品とするM4は通話性能も悪くありません左耳側にある3つのマルチ配列マイクのおかげで相手の声を聞き取りやすいです。オンラインミーティングでも、ハンズフリーでも、M4に任せても構いません。

M4の使用時間が長いです。多くの機能が追加されるが、30時間のノイズキャンセリング再生時間はキープされました。10分間充電して5時間使えます。近年 Sony が推し進めている360 Reality Audioにも対応します。Tidal、Deezer 、 nugs.netなどの体験サブスク音楽配信サービスがあります。地域によって、配信サービスも異なります。

まとめ

最後、著者もSonyのノイズキャンセリングヘッドフォンの製造技術に感心します。前世代のQN1にはすでに強いノイズキャンセリング性能があるため、基本機能としてすでに優れています。その上にSonyが「スピーク・トゥ・チャット」という新機能を開発してくれました。M4以降またどんな機能がありますか?著者は楽しみですが、今のWH-1000XM4はこの後の数年間ライバルがいないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です