27 September, 2020

Windows 10 Windows Defenderをオン/オフにする方法

Windows 10にあるWindows セキュリティを利用してPCを安全に保ちます。 Windows Defenderウイルス対策は電子メール、アプリケーション、クラウド、及びWebサイトのウイルスを定期的にチェックすることができます。ウィルス、マルウェア、スパイウェアなどの脅威を防止します。

ただし、開きたいソフトウェアがウイルスであると判断された場合はユーザーに迷惑をかけますので、一旦この機能をOFFにし、ソフトウェアを開いた後、ONにすることができます。

1、検索枠でdefenderを入力して、Windows セキュリティをクリックしてください。

2、「ウィルスと脅威の防止」をクリックしてください。

3、「Microsoft Defender ウィルス対策のオプション」をクリックしてください。

4、「オフ」にしてください。

5、実行又はインストール完了後、「オン」にしてください。

レジストリエディターで Windows 10のDefenderを完全に無効にする方法

1、検索ボックス(win+R)でregeditを入力して、レジストリエディターを開きます。

2、.次の内容をコピーしてアドレスバーに貼り付けてください。(古いPC端末を使用している場合は、手動で内容次第に移動する必要があります)HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows Defender

3、「Windows Defender」フォルダーを右クリックして、「新規」>「DWORD(32ビット)値」を順番にクリックしてください。

4、ファイル名は「DisableAntiSpyware」を入力してください。

5、作成されたDWORDを開き、値のデータの所は0(無効)を1(有効)に変更してください。

6、変更を保存した後、PCを再起動して変更を有効にします。

元に戻したい場合は、上の手順をやり直して、DWORD値を0に変更すればいいです。

ローカルグループポリシーエディターでWindows Defenderを完全に無効にする方法

ローカルグループポリシーエディターはただWindows 10企業向けと法人向けの一部です。これでWindows Defenderをオフにするには、次の操作を行ってください。

1、検索ボックス(win+R)でgpedit.mscを入力して、ローカルグループポリシーエディターを開きます。

2、以下の内容次第に目標設定を見つけます。「コンピューターの構成→管理用テンプレート→Windowsコンポネント→Microsoft Defenderウイルス対策」

3、右側に「Microsoft Defenderウイルス対策を無効にする」を見つけます。

4、このファイルを開き、「有効」を選んで、「OK」をクリックしてください。

有効にすると、Windows Defenderはすぐに無効になります。元に戻したい場合は、先の設定を「無効」或は「未構成」に変更してください。

Windows Defenderウイルス対策を長い間に無効しないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です