22 October, 2020

これらの11種類の9グリッドの構図テクニックを読んだ後、あなたの写真のレベルはさらに高くなります!

多くの写真家が最初に構図について学んだのは9グリッドの格子構図です。著者が最初に写真に触れたときも、9グリッドの構図での構図の扉を開いて新しい構図の世界に入りました。

9グリッド構図は井字型構図とも呼ばれ、ゴールデンセクション構図の簡易バージョンであり、最も一般的な構図方法の1つです。 9グリッド構図とは、絵を縦と横の線で9つの空間に分割することで、絵は九つのグリッドになります。

9グリッドの写真には4つの交差点が形成されます。これらの交差点を注目の中心と呼びます。いかに注目の中心を使用して図を構成するのでしょうか。構図は引き続き垂直、細分割、および深い思考の側面から、以下の実際のショットを共有します。

9グリッド構図

1、左上の一点で構図

被写体を左上に配置します。この種の構図は、9グリッド構図では比較的一般的な構図です。この構図は、人々の視覚的な習慣に一致しています。花などの小さなものを撮影するとき、より多くお試しください 。

上の写真は、9グリッド構図を使用して、左上の交差点に被写体を配置しています。残りのスペースは、背景をぼかした緑の植物用にしたため、被写体を識別しやすくなっています。

上の写真では、メインフラワーが左上の交差点にあり、画面要素の配置が比較的単純で、右半分に大きな余白があり、画面レイアウトが美しく、メインとセカンダリが区別されています。

この写真はとてもきれいで、メインの月が画面の左上にあるので、月が中央にある配置より芸術的感じます。

2、左下の一点で構図

左下の交差点に被写体を配置します。この構図方法では、空をよりよく写真に収めることができ、広大な空を効果的に撮影し、画像の空間感を高めることができます。水面や地面の上の被写体を撮影する際より適切です。

この写真は、水面を移動する船を撮影したものです。船は左へ進むため、左下の交差点に配置することで、写真の遠くへのイメージを伸ばしていくことができます。

同様左下の交差点に配置しています。前の写真と比べると、麦畑は右への対角線を形成し、視線を導く役割を果たします。したがって、右下の交差点より左下の交差点を選択したほうが、より空間が広くなります。

3、右上の一点で構図

右上の交差点に被写体を配置します。このような構図もよく使用されます。被写体の下の形式をコンパニオンとして選択したり、下に細かい部分を表示できる場合は、右上の1点構図を使用すると便利です。 同時に、この構図方法は右上の乱雑な景色を回避できます。

右上の交差点に事物を配置し、綺麗な背景で被写体が鮮明になり、人と船と水の中影はより芸術性を発揮します。

右上の位置に被写体を配置します。画面のメインカラーは地面の緑です。これにより、一部の画面要素が減り、画面がすっきりします。

4、左下の一点で構図

右下の1点構成は比較的使用頻度が低く、視覚的な習慣としては、右下隅が最後の交点なので、この構成は優れた芸術的効果をもたらすことがよくあります。

右下の交差点に蝶を配置すると、緑の葉と蝶が調和した美しさ表現できます。

メイン人物は右下に配置され、人物の視線は遠くへ眺め、写真は非常に空間感をもたらしています。

背景色は比較的薄暗く、メインの蓮の葉は色が明るく、非常に鮮明です。

5、上の2点で構図

上の2点で構図により、視覚的な暗示効果を得ることができます。人間の目線は画面の主体位置に集中します。撮影時には、メインの2点のものサイズの違いを把握することに注意してください。画面の豊かさを増やすのに役立ちます。

上の写真の緑と赤の植物は、画面上部の2つの交差点にあります。

人物を画面上部の2つの交点に配置し、横の撮影角度で右へと伸ばす効果をもたらします。

花火を撮影するとき、上二点の構図では下の地面により空間をもたらし、細部を増やすことで写真がより豊かになります。

6、下の2点で構図

写真で最も魅力的で重点を置くものを、下の2つの交点に配置されます。この方法は、空を撮影するのに非常に適しており、写真をより純粋にすることができます。

左下の交差点に飛行機を配置し、右下の交差点に雲を配置します。

逆光撮影、木のシルエットは下の2つの交差点にあり、上の空と雲は重なっていき、美しいです。

7、左側の2点で構図

左の2つの交点に写真の2つの重点を配置します。2つの垂直な交点は、垂直的なイメージを与えます。

左の交差点に手と花をそれぞれ配置し、手と花が一体になって下へと伸びるイメージです。

8、右側の上下二点で構図

画面最も目線を引く2つの重点を、右側の上と下の交差点に配置します。

上の写真では、2人が1人が右へ、もう1人が左へと対照的な芸術的効果を生み出していると同時に、左側の煙が画像に横の水平感をもたらしています。

9、正対角線構図

視線を惹きつける絵の2点、またはメイン被写体とコンパニオンを左上と右下の交点に配置することで、構図のバランスを効果的に確保できます。

右下にメインの白い蓮を配置し、左上の開いていない蓮を補足として選択し、写真のバランスが取れます。

色どりの蓮の花を写真の左上の右下の2つの交差点に配置します。このとき、画像は斜めの効果を生み出します。垂直効果や水平効果とは明らかに異なり、よりダイナミックな写真になります。

10、逆対角線構図

画像の重点を右上と左下の2つの交差点に配置し、両重点が呼び合うような効果がもたらします。

右上と左下の2つの交差点に、最も近い2つのバルーンを配置します。両バルーンが呼び合うような構成で、画像にバランス感をもたらします。

ペットとバッグを写真の対角線の2つの交差点に配置します。地面の子犬は安定して快適です。空気中のバッグは非常にダイナミックで不安定です。このコントラスト効果により、写真に活気が与えられます。

11、9グリッドの四点構図

9グリッドの4点構図により、画面の主体を目たちながら、画面バランスが取れます。
以下は、例の構成図です。

9グリッド構図はごく一般的な構図方法ですが、使用の際上記の方法だけで撮影するのでなく、人それぞれにアイデアが違うので、作品ごとに写真家自身のアイデアが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です