ホーム > >

Scala 集合

Scalaには、優れたセットの集合を提供し、集合の型の抽象化を提供します。

Scala集合は、可変集合と不変集合に分けられます。

可変集合は、必要に応じて更新または拡張できます。これは、集合の要素を変更、追加、および削除できることを意味します。

対照的に、不変集合クラスは変更しませんが、操作の追加、削除、または更新をシミュレートできます。ただし、これらの操作では、元の集合を変更せずに、どんな状況でも新しい集合を返します。

次には、常用のいくつかの集合の型について説明します。

番号集合と説明
1Scala List(リスト)
Listの特徴は、その要素が線形に格納され、重複するオブジェクトを集合に格納できることです。
2Scala Set(集合)
Setは最もシンプルな集合です。集合内のオブジェクトは特定の方法で並べ替えられておらず、重複するオブジェクトがありません。
3Scala Map(マッピング)
Mapは、キーオブジェクトと値オブジェクトをマッピングする集合です。Mapの各要素には、キーオブジェクトと値オブジェクトのペアが含まれています。
4Scala タプル
タプルは、さまざまな型の値の集合です。
5Scala Option
Option[T] 値を含む可能のコンテナを表し、含まないことも可能です。
6Scala Iterator(イテレータ)
イテレータはコンテナではなく、コンテナ内の要素に1つずつアクセスするメソッドです。

実例

下記のコードは、上記のすべての集合の型の定義実例です。

// 整数Listを定義します
val x = List(1,2,3,4)

//  Setを定義します
val x = Set(1,3,5,7)

//  Mapを定義します
val x = Map("one" -> 1, "two" -> 2, "three" -> 3)

// 2つの異なる型の要素のタプルを作成します
val x = (10, "Ceodata")

//  Optionを定義します
val x:Option[Int] = Some(5)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です