Samsung Galaxy S20のワイヤレスPowerShareワイヤレス逆充電機能の使用方法

新しいSamsung Galaxy S20や他の電話は、ワイヤレスPowerShareワイヤレス逆充電機能をサポートしています。これは新しいワイヤレス充電機能です。他のスマートフォンやスマートアクセサリーを充電する必要があるときはいつでも簡単に使用できます。もちろん 、このデバイスがワイヤレス充電もサポートしていることが前提です。

この記事では、この機能の詳細と、Galaxy S20でのこの機能の使用方法とアクティブ化の方法を紹介します。引き続きお読みください。
ワイヤレスPowerShareの新機能により、最新のGalaxyシリーズのフラッグシップデバイスをワイヤレス充電パッドまたはモバイルチャージャーとして使用して、他のスマートアクセサリー(Galaxy Watch、Galaxy Buds、その他のQi対応スマートフォンなど)に充電できます。指示に従って、Galaxy電話は、ワイヤレスPowerShareを使用するには少なくとも30%のバッテリー電力を維持する必要があります。そうしないと、電話の充電を求めるプロンプトがポップアップされます。

Samsung Galaxy S20ワイヤレスPowerShareワイヤレス逆充電機能をアクティブにする手順

ワイヤレスPowerShare機能を使用すると、Galaxy S20をワイヤレス充電器に変えて、他のデバイスに充電して使用時間を長くすることができます。GalaxyS20でこの機能にアクセスするための標準的な手順は次のとおりです。

1、まず、通知パネルを有効にします。
画面上部を下にスワイプして開きます。
2、通知パネルで、クイック設定パネルを下にドラッグします。
通知パネルの下部にある点線または水平線であり、ドラッグするとさらに沢山のアイコンが展開されます。
3、「ワイヤレスPowerShareワイヤレス逆充電アイコン」を見つけてクリックします。
次に、ワイヤレス電源共有の指示メニューが表示されます。
4、Galaxy S20を下向きにして平らな場所に置き、ワイヤレス充電機能付きのデバイスを携帯電話の背面に置きます。
デバイスがGalaxy S20の背面の中央に配置されていることを確認します。
充電が開始されたという通知が表示されます。

充電が完了したら、スマートフォンの背面からデバイスを離します。
ワイヤレスPowerShare機能は元々Galaxy S10シリーズで導入されました。技術的な原則は、GalaxyデバイスをQi充電パッドにして、バッテリー電力を共有し、他のデバイスをワイヤレスで充電することです。スマートアクセサリに加えて、他のスマートフォン(iPhone XS、LG G7、Pixel 3など)もGalaxy S20のワイヤレスPowerShare機能を使用してワイヤレスで充電できます。 ただし、実際のワイヤレス充電器と比較すると、速度ははるかに遅く、充電には長い時間がかかります。
したがって、Galaxy Budsなどのアクセサリを使用することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です