22 October, 2020

最も安全な5つの即時通信ソフトウェアアプリ、すべての情報を暗号化

今日では、ほとんどの人が毎日スマートフォンを介して情報を送信しているため、盗用を効果的に防止するために、特に企業ユーザーにとって、最も安全な即時通信ソフトウェアを使用することは非常に重要です。これは、一般ユーザーにも当てはまります。 多くのマーケティング会社はあなたの情報を追跡して読み取り、あなたにとってより魅力的な広告をプッシュします。

さらに、従来の通信ソフトウェアでは、ユーザーのチャットセッションのコピーが会社のサーバーに保存されるため、ハッキングされた場合、情報が公開され、非常に危険です。
IOSとアンドロイドには多くの通信ソフトウェアアプリがありますが、自分の情報を保護できるアプリを見つけるにはどうすればよいですか? この記事では5つのソフトウェアを整理しました。 簡単に言うと、第三者があなたの情報を取得したとしても、その内容を読み取ることができないように、「暗号化機能」が必要です。

最も安全な5つの即時通信ソフトウェアアプリ

  1. Signal
  2. Telegram
  3. WhatsApp
  4. Silence
  5. Threema

1、Signal

長所
•業界をリードする暗号化技術を使用したオープンソース
•情報自動非表示機能をサポート
欠点
•インターフェースは少し派手
Signalは、ほとんどのユーザーが最高の暗号化標準を持っていると見なしている通信ソフトウェアです。特に、その暗号化エンジンはオープンソースであり、誰でも確認できます。
これは、ハッカーに攻撃されないという意味ではありませんが、より多くのユーザーを引き付けて、暗号化の厳密さを向上させることができます。
このソフトウェアの視覚と外観はシンプルでと基本を強調しているため、派手でモダンなデザインは見られません。好き嫌いははっきりしています。
個人情報の送信だけでなく、グループチャット機能、ファイルや写真の送信、基本的に通信ソフトが持つべき送信機能にも対応しています。
必要に応じて、デフォルトのSMSメッセージングアプリケーションをSignalに置き換えることができますが、基本的なSMSテキストは暗号化されません。暗号化機能を動作させるには、両方の当事者(あなたと他の当事者)がSignalをインストールしている必要があります。それ以外の場合は、通常のテキストと同じです 。
このモデルには、ビデオ通話、一定期間後にメッセージが自動的に消えるなどの便利な機能も用意されており、この機能は、メッセージを残さない人には非常に役立ちます。
ダウンロードページ(無料):App StoreGoogle Play

2、Telegram

長所
•すべてのIM機能がある
•シンプルで直感的なインターフェース
欠点
•デフォルトでエンドツーエンドの暗号化を有効にしていない
elegramはオープンソースの通信ソフトウェアではありませんが、Signalとほぼ同じくらい安全性であり、そのインターフェースは非常にシンプルで快適です。
チャットのバックアップ、情報の自動消去などの機能を提供し、グループチャット、ビデオ通話、ステッカーの送信、音声メモなども実行できます。
唯一の欠点は、エンドツーエンドの暗号化がデフォルトで有効になっていないことです。そのため、最も安全な情報送信プロセスが必要な場合は、「シークレットモード」(Secret Mode)を最初に実行することを忘れないでください。他のタイプの送信は自動的に暗号化(ファイルなど)されます 。
すべての機能を備えた即時通信ソフトウェアが必要な場合は、Telegramを検討してください。
ダウンロードページ(無料):App StoreGoogle Play

3、WhatsApp

長所
•友達がすでに使用している可能性があります
•非常に安全な暗号化規格
欠点
•Facebookが所有
皆さんが知られているように、WhatsAppは、市場で最高の即時通信ソフトウェアの1つであり、エンドツーエンドの暗号化情報送信モードを提供し、スーパー暗号化テクノロジーを使用しています。
WhatsAppは、基本的なテキスト転送だけでなく、ビデオ通話、グループチャット、位置情報の共有、さまざまな種類のファイル転送など、ほとんどのことを実行できます。
放送機能を利用して、一度に多くの人にメッセージを送り、ボイスメモなどを残すこともできます。
WhatsAppのもう1つの利点は、「非常に人気がある」ことです。そのため、おそらくあなたの連絡先リストでは、多くの友達がインストールして使用しています。
デフォルトでは、すべてのチャットが暗号化されており、この機能をオフにすることはできません。
ただし、知っておくべきことの1つは、その所有者が現在Facebookであることです。つまり、世界最大のソーシャルプラットフォームとデータを共有している可能性があります。
Facebookはあなたの情報を読み取ることはできませんが(エンドツーエンドの暗号化でブロックできます)、電話の位置などのマーケティング目的で他のデータを記録します。ExpressVPNと一緒に使用することをお勧めします。
ダウンロードページ(無料):App StoreGoogle Play

4、Silence

長所
•SMS / MMSエンドツーエンド暗号化
•最高の暗号化規格
欠点
•SMSはIMほど安全ではない
Silenceは、情報の安全性と信頼性を維持することに重点を置いた通信ソフトウェアであるため、他の側面では不十分な場合があります(動的ステッカーがないなど)。 インターネット経由でチャットするのではなく、SMSとMMSを直接処理します。
これは実際にはSignalから派生した通信ソフトウェアであり、同じオープンソースと非常に安全な暗号化技術を使用して、政府機関にコードを解かないように、会話の履歴が取得されることが防ぎます。
SignalとSlienceを同時に使用することもできます。
そのため、このソフトは実際にはテキストメッセージングアプリのようなもので、Wi-Fiネットワークが必要ではないですが、グループチャットのサポートが制限されていたり、ビデオ通話機能がないなどの欠点もあります。
すべての内容のセキュリティを確保するために、Silence はパスワードロック機能もサポートしています。
ダウンロードページ(無料):App Store | Google Play

5、Threema

長所
•安全な接続
•最小限のデータを使用する
•匿名SMS
欠点
• 低価格
Treemaはデータが企業や政府によって監視されないようにすることができ、非常に安全な通信アプリケーションです。 これは匿名で使用できるため、IDが公開されることを心配する必要がありません。情報が暗号化されるだけでなく、電話も暗号化されます。
ほとんどの通信ソフトウェアは安全な接続を備えていますが、Threemaの最大の特徴は、情報が送信されると、そのデータがサーバーからすぐに削除され、まったく保存されないことです。
簡単に言えば、テキストは携帯電話にのみ保存されるので、サードパーティのサーバーにハッキングされることを心配する必要はありません。
さらに、このモデルには、画像、ファイル、ビデオ、場所の送信など、完全な情報送信機能もあります。
登録するために電子メールやその他の個人情報は必要ないため、使用されるデータの量が削減されます。
ただし、他のアプリとは異なり、料金はかかりますが、わずか$ 2.99で、セキュリティと匿名性の両方を考慮した通信ソフトウェアは実際には高価ではありません。
ダウンロードページ:App StoreGoogle Play 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です