SDカードとMicroSDカードの書き込み保護を解除する方法

通常、SDはさまざまな理由で書き込み保護されます。人為的な要因だけでなく、ハードウェア自体の問題もあります。 では、SDカードの書き込み保護を解除する方法は?このような問題に対処する最善の方法は、問題の原因を特定するために可能なる原因を一つずつ排除していくことです。SDカードの書き込み保護を解除するためのヒントをいくつか紹介します。

SDカードの書き込み保護を解除する方法

ステップ1、ディスク修復プログラムを使用してSDカードを修復できます。PCを開き、SDカードのドライブを見つけて右クリックします。[プロパティ]-[ツール]を選択して[ドライブのエラーをチェックします]をクリックし、ポップアップする[エラーチェック]ダイアログボックスで[ システムエラーファイルを自動的に修復]および「不良セクターをスキャンして回復してください」を選択してください。「OK」をクリックして修復操作を実行します。 修復操作が完了したら、SDカードをリセット操作を実行します。

ステップ2、SDカードに「Lock」スイッチがあります。SDカードに書き込む前に、保護スイッチがオフになっていることを確認してください。

ステップ3、カードリーダーのハードウェア障害を確認します。一部のカードリーダーは出荷時にシステムがすでに書き込み保護がされているため、特定のブランドのカードにのみ使用できます。 解決策は、別のカードリーダーでテストすることです。新しく交換したカードリーダーがSDカードのデータを正常に読み書きできる場合は、元のカードリーダーが壊れているとの意味します。その場合、カードリーダーを交換してください。

ステップ4、 SDカード、カードリーダー、およびコンピューターとの接続再度確認し、コンポーネント間の正しい接続されていることを確認して、接触不良によるデータの読み取りと書き込みの失敗を防ぎます。

ステップ5、メモリーカードの抜き差し回数が多くなると、メタルシートが酸化または摩耗します。この場合は、消しゴムを使ってメタルシート全体を拭いてください。 通常、大きな損傷はなければ解決できます。

ステップ6、上記の方法のいずれでもSDカードの書き込み保護を解除する方法の問題を解決できない場合は、次の方法を試してください。SDカード修復ソフトウェアを使用してSDカードを修復します。SDカード修復ソフトウェアは通常、SDカードリセットツールを提供します。SDメモリカードの仕様に従ってリセットし、SDメモリカードをより高速で簡単な操作方法を提供します。SDカード修復ツールをインストールしてから、まずSDカードをUSBインターフェイスに挿入し、プログラムを実行して修復するSDカードを選択し、修復します。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です