software reporter toolとは何ですか?それを削除する方法は?

最近、コンピューターはしばしば過熱、ノイズ、低速の問題が出ています。タスクマネージャーを開き、長時間CPUとディスクを占用しているsoftware reporter toolがあることが確認できました。

software reporter toolとは何か、それを削除する方法について考えたところ、高速なGoogleブラウザChromeに付属されているものがわかりました。このプログラムを使い果たしたコンピュータにこっそり置くのはかなりうんざりです。コンピューターがずっと遅くて、再起動しても改善されません。調べると、software reporter toolプログラムがシステムリソースをバックグラウンドで静かに大量に消耗していることがわかりました。

software reporter toolはChromeのクリーニングツールです。Google Chromeをクリーンアップし、不要または有害な悪意のあるソフトウェアを削除できます。software_reporter_tool.exeはシステムをスキャンし、Chromeのスケジュールされたタスクのようなもので、週に1回約20〜25分間スキャンを実行されます。例えば何度もChromeを閉じても閉じられなかった問題、一部の悪意のソフトウェアやアプリケーションがChromeブラウザが実行中にエラーを引き起こした問題など、正常に実行されなかったGoogle Chromeブラウザープログラムの問題をスキャンおよびチェックしし、感染したプログラムを削除するように通知します。簡単に言うと、Software Reporter ToolはGoogle Chromeのクリーンアップレポートツールです。Google Chromeを正常に実行するためのものですが、それによってシステムが遅いと感じられる場合、それを実行停止させる方法を見つける必要がありました。

削除したい場合、まずSoftware Reporter Tool の場所を見つける必要があります。

Chromeを右クリックしてファイルの場所を開くと、ソフトウェアの場所しか見つけることができません。

検索したら、Software reportertool.exeは、User DataのSwReporterフォルダーに表示されています。

削除する方法は簡単です!

方法一

しかし、googleをだますために別の偽のファイルを作成することを忘れないでください。

使用中の不要なエラーを回避するためです。

新しいテキストファイル(.txt)を追加してください。

SwReporterという名前にして、サブファイル名を削除してください。

できたら、偽のSwReporterを右クリックしてプロパティを開き、下記写真図面のように「全般」タブで「読み取り専用」を選択し確認してください。

完了したら、Googleに戻ると、ソフトウェアが有害なソフトウェアを検索できなくなることがわかります。

そして、タスクマネージャーでのプログラムにも存在しません。

システムリソースが消耗されなくなり、パフォーマンスが瞬時にアップされ、運行スピートがはやくなります。

方法二

ネット上からの方法では、Chromeの設定を変更することです。「使用統計情報と障害レポートをGoogleに自動的に送信する」オプションがオフにしますが、著者の元の設定がオフになっているため問題の解決に繋がりません。 そして、著者は別の方法方法を見つけました。

C:\ Users \ Administrator \ AppData \ Local \ Google \ Chrome \ User Data \ SwReporter \ 36.184.200にあるmanifest.json

ファイルを編集します。

「allow-reporter-logs」:true

から

「allow-reporter-logs」:false

に変更します。

このようにして、実行が停止され、次回は起動しなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です