ホーム > >

Excelマクロの記録と確認する

Excelの基本概念」の記事では、Excel VBAオブジェクトモデルについて理解しました。 簡単に言えば、Excelはオブジェクトであり、私たちが知っているように、使用しているすべての関数とメソッドは、このオブジェクトのプロパティ、メソッド、またはサブオブジェクトです。

ご存知のとおり、Excelには関数が多すぎます。つまり、オブジェクトが多すぎます。 Excel VBAの開発プロシージャでは、よく使われるオブジェクト(たとえば、ワークブックやワークシートオブジェクト)以外、他のすべてのオブジェクトの使用方法を知りません。

Excelには、マクロの自動記録(マクロの記録)機能があります。 記録マクロ機能は、ユーザーがExcelとの対話をVBAコードの形式で記録します。 このプロセスは自動的で、ユーザーがコードを編集する必要はありません。ExcelはVBAコードを自動的に生成します。

マクロの記録機能でExcelの固定機能をもらえることはどうやってVBAで実現できますか?実際のExcel開発プロシージャでは、この方法がよく使用されます。 VBAコードの書式がわからない場合は、記録してエディターを開き、コードが表示されているので、チェックすればよいのです。

今日のチュートリアルでは、マクロの記録やコードを表示する方法を解説します。 本例では、「セルの背景色を設定する」マクロを記録し、この操作のVBAコードを表示します。

ステップ1 マクロ有効ブックを用意する

Excel VBA開発では、マクロを有効にするためのワークブックが必要です。 詳細な方法については、次の記事を参照してください。

Excelにあるワークブックをマクロ有効ブック種類で保存します

ステップ2 記録するマクロの情報を入力する

マクロを記録する最初のステップは、マクロの情報を入力します。例えば、マクロ名、指定されたショートカットキー、保存の場所などです。

「開発→コード→マクロの記録」ボタンを順次クリックします。

[マクロの記録]ダイアログボックスで、マクロの情報を入力します。 本例では、デフォルト値を使用します。

ステップ3 操作を記録する

情報を入力した後、[OK]をクリックすると、Excelが記録状態になり、元の[マクロの記録]ボタンが[記録終了]に更新されます。

この時、通常の操作を行います。 セルA1を選択し、塗りつぶしを黒に設定します。

終了した後、他の操作は行わず、開発タブに移動し、「記録停止」ボタンをクリックします。 これでマクロの記録は終了します。

ステップ4 記録されたVBAコードを表示する

Alt + F11を押して、VBAエディターを開きます。 ご覧のとおり、左側のプロジェクトウィンドウに新しいモジュールがあります。

記録が終了すると、Excelはデフォルト名で新しいモジュールを自動的に挿入し、記録されたマクロコードをモジュールに配置します。 モジュールをダブルクリックすると、右側のコード編集ウィンドウに記録されたばかりのマクロのVBAコードが表示されます。

マクロはVBAプロシージャであることがわかっています。マクロを記録する場合、最終のVBAプロシージャ名は、ステップ2で入力されたマクロ名です。

VBAプロシージャの内容は、前の操作のVBAコードです。 本例では、セルの塗りつぶしを設定するVBAコードです。

まとめ

上記は、マクロの記録またはコードを表示する基本的な方法です。 自分でExcelワークブックを開き、よく使う機能と操作を記録して、それらのコードを確認することをお勧めします。 この方法は、実際のVBA開発プロシージャでよく使用されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です