ホーム > >

iPhoneの通話録音のいくつかの方法

iPhoneはAppleの最も人気のある製品です。しかし、このような製品は、消費者が最も必要とする機能である通話録音機能をなかなか提供してくれません。 トラブルを避けるために、iPhoneは最初からこの機能を削除しました。 では、iPhoneで通話を録音する方法はありますか? 答えはイエスです! しかも、一つだけではありません。早速これらの方法を見てみましょう。

インターネット電話について

この方法は、消費者にとって最も一般的な方法です。App Storeで検索してダウンロードするだけよいです。代表的なアプリには、WeTalkなどがあります。ダウンロードは無料で使用料金は通話料として計算されます。

この方法は便利ですが、欠点も非常に目立ちます。

1、まず、この種のアプリは通常インターネット電話と呼ばれるVoipフォンの原理を使用しています。通話の品質はネットワーク回線の品質に関連し、安定したWiFiを使用しないと最高のエクスペリエンスが得られません。が。

2、インターネット電話であるため、相手がかかってきても発信者番号に電話番号が表示されず、録音の信憑性に一定の不確かさが加わります。

3、この種のインターネット電話アプリは、サービス構築に一定のコストがかかるため、通話後、一定の料金を支払う必要があり、中でも録音回数に応じて料金が発生する通話録音アプリもあります。

4、VoIPの仕組みにより、通常は発信のみ録音でき、着信は録音できません。

まとめ:この方法の欠点は目立ちですので、面倒がりや時間に追われている人たちだけに使うのをお勧めます。

通話録音機能付きのヘッドフォンを使用する

Apple録音ヘッドフォンを使用します。

メリットは、録音品質が明確で、実際の通話がそのままで録音されてます。

デメリットは、ヘッドセットを充電する必要があり、録音ファイルをエクスポートするときにUSB経由でコンピューターに接続する必要があることです。

まとめ:この方法は完璧までは一歩離れたものであり、長時間の記録はできません。短期間の記録が必要で、近くにコンピューターを持っている人のみにお勧めします。

iPhoneジェイルブレイク(脱獄)した後に通話録音機能プラグインをインストールする

ポイント:ジェイルブレイク(脱獄)が必要

ジェイルブレイクした後にCydiaでAudioRrecorder 2を検索する。

まとめ:この方式を使用すると、IOSシステムで通話録音を実行でき、音質と使いやすさが完璧です。 唯一残念なのは、ジェイルブレイク必要です。

Appleの三者通話原理を使用する

実際、iPhoneの内蔵電話アプリは「三者通話」機能をサポートしており、他の電話を使用して録音を行うことができます。

具体的な操作:通話インターフェイスで、録音する必要がある通話をダイヤルした後、[通話を追加]をクリックしてから他の携帯電話に接続し、[グループ通話]をクリックすると、録音する番号との通話に接続し、通話しながら録音することができます。

まとめ:この方法は比較的簡単です。通常、録音できるのは発信通話のみですが、着信通話は録音できません。 また、通常どおり発信および受信でき、通話録音をサポートできる別の携帯電話が必要です。

スピーカーを使用する

この方法はシンプルですが、上記の方法でうまくいかない場合は、通話中にスピーカーをオンにして、他の録音機器で録音してください。

iOS 14は通話録音機能をサポートしますか?

iOS 14開発プロトタイプ(Prototype)は、昨年12月にリークされました。バージョンのシステム設定から、「電話とFacetime Calls」の電話録音機能オプションが表示されることがわかります。

上の図でわかるように、Appleは通話録音機能ページでの説明によると、iPhoneで電話録音機能が有効になっている場合は通話相手の許可を得るように勧められ、通話中にデバイスを他のユーザーと共有することは固く禁じられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です