24 October, 2020

Raspberry Pi 4 箱開け(デスクトップキット)

Raspberry PiFoundationはRPi4(Raspberry Pi 4)をリリースしました。これまでと同じように、モデルBを最初に公開し、モデルA、Zero 、 Compute Moduleなどのバージョンを開発しました。

プロセス開発のA +、B +、およびその他の中期的なアップグレードに考慮せず、単にGeneration(世代)について話す場合、今回は比較的通常の世代のアップグレードです。その理由は、第1世代のRaspberryPiと第2世代のRaspberryPiの間は約3年(2012年、2015年)離れていますが、すぐ2016年に3代目が発売されたました。これから毎年新しい世代が生まれると思われ、2017年と2018年が経過し、2019年には第4世代が提案され、時期も3年離れており、過去の世代間隔に戻ったようです。しかし、公式Q&Aで、財団はRPi 4は2020年に発売する予定と述べていましたが、BCM2711チップの円滑な量産により、RPi4は早めにリリースされました。RPi 4のリリースにより、仕様のほぼすべての面で大幅な改善がもたらされました。最初に、以下の比較表について簡単に説明し、次に個別について詳しく説明します。

RPi3とRPi41の比較表

RPi4の詳細

最初にメインコントロールチップCPUについて説明します。今回は、新しい BroadcomチップBCM2711を使用しています。チップを1.4GHzから1.5GHzにわずかに増やしましたが、コアが大幅に変更され、CPUが4Cortex-A53コアから4Cortex-A72に変更されました。公式では、パフォーマンスが3倍に向上したと主張し、GPUもVideoCore IVからVIに変更されました(4は6になります)。

面白いことに、過去のチップ番号の数字が大きいですが、仕様とパフォーマンスが優れた新しいチップの番号の数字が小さいです。新しいチップの番号付けには、別の未使用の数が使用されていると推定されます。ある意味で、BCM2711は28nm(ナノメートル)プロセス技術を使用して、BCM283xシリーズチップを再解釈したものです。

メモリにも大きな変更があります。以前は、RPi3モデルB +は1GBしか使用できませんでした。新しいRPi4には、1GB、2GB、4GBの3つのメモリ容量があります。メモリが多いほど、価格が高くなり、35米ドル 、45米ドル、55米ドルになります。メモリチップは回路基板にはんだ付けされているため、2GBを選択すると1GBまたは4GBに変更することはできません。購入時には慎重に選択する必要があります。さらに、メモリタイプもLPDDR2からLPDDR4にアップグレードされました。

USBポートに関しては、過去にRPi 3B +には4セットのUSB2.0があり、RPi4は初めてUSB3.0を提供し、2セットのUSB2.0と2セットのUSB3.0の構成になります。RPi4はUSBポートまたは通常のSDカードから起動することを選択できます。以前のRaspberryPiはメモリカードでのみ起動することができます。

そして、ビデオ出力インターフェイスです。以前は、デジタルHDMI v1.3のセットとアナログCompositeビデオ出力端末のセットがありましたが、Compositeを使用する機会はますます少なくなっています。RPi4世代では、廃止され、代わりにHDMIとが追加されました。 HDMIバージョンも2.0にアップグレードされており、マイクロバージョンコネクタが使用されています。

メインコントロールチップのアップグレードと内蔵グラフィックス回路の強化(ハードウェアはHEVCビデオフォーマットの解凍を加速します)により、RPi4は2セットのHDMIを介して2セットの4KUHD解像度のビデオ画面を出力できます。画面の更新レートは 毎秒60フレームです。

かつて電源コネクタはmicro-USBを使用していましたが、この新モデルは初めてUSBType-Cを使用し、RPi4の高い仕様で必要とされるより高い電力をサポートすると推定されています。ネットワーク通信についても大きな進歩を遂げています。過去には1Gbpsのイーサネット伝送をサポートすると言われていましたが、元のメインコントロールチップではイーサネットネットワークがUSBインターフェースに接続されているため、伝送のボトルネックはUSBインターフェースにあり、 約300Mbpsです。今回は実際に1Gbpsの伝送速度をユーザーに提供します。 ワイヤレス通信に関しては、Wi-Fiは変更されていませんが、Bluetooth通信もバージョン4.2から5.0にアップグレードされています。

上記以外、RPiの多くは変更されていません。それらは40-pin GPIOであり、ボードの長さと幅は8.56 x 5.65 cmです。アナログオーディオジャック、DSIインターフェイス、CSIインターフェイスなどを提供します。 ただし、RPi 4の消費電力はこれまでよりも大きく、ビデオ出力端子の構成が変更されており、過去のRPi電源とRPiケースは完全には適用できないため、必要に応じて交換する必要があります。

RPi 4の仕様が見直され、デスクトップPCになることが期待されています

最近、Foundationには2つの新しい動きがあります。1つは、同じタイプのRPiが異なるメモリ容量オプションを提供し始めたことです。たとえば、Compute Module 3+は、価格に応じて8GB / 16GB / 32GBの3つのeMMCストレージメモリ容量バージョンを提供します。 それぞれ30/35/40米ドルです。

もう1つは、生産と販売の時間を約束し始めることです。たとえば、RPi3モデルB +がリリースされたとき、2023年1月まで供給されると約束されました。CM3+と今回のRPi 4も、2026年1月まで供給されると約束されました。 上記の2つの動きは、それぞれ2つの意味を表しています。メモリバージョンの選択肢の増加は、Foundationが大量のプリメモリ購入を通じてRaspberry Piのメモリコストを削減しようとしていることを意味し、約束された供給期間は 顧客と開発者は、アプリケーションの開発にRaspberryPiを採用させることを狙っています。

最後に、最も重要なことは、過去のRaspberry PiはデスクトップPCとして使用されていると主張されていましたが、メインコントロールチップの接続設計のボトルネックのため、RaspberryPiは全体的なユーザー使用体験では、依然としてデスクトップコンピューティング環境をスムーズに実行することは困難です。ほとんどの人は、RaspberryPiはオーディオビジュアルプレーヤーの役割を果たすためにのみ適していると考えています。

今回は、RPi 4のハードウェア仕様を大幅に改善し、デスクトップPCのアプリケーション作業に活躍することが期待されます。そのため、Debian 10(コード名 Buster )をベースに、新しいRPiオペレーティングシステム(Raspbian)をリリースしました。RPi 4が、わずか35ドルの低価格、小さなボックスサイズ、ファンなしの静かな操作と相まって、優れたデスクトップPCエクスペリエンスを実際にもたらすことができれば、非常に魅力的です。 新しいオペレーティングシステムがRPi 4のハードウェア仕様を十分に活用できるかどうかは今回この製品が成功または失敗するかの鍵になります。

最初にRaspberryPi4モデルBを紹介しましょう

Raspberry Pi 4モデルBは、現在最も強力な開発マザーボードの1つと言えます。以前とは異なる点がいくつかあり、特に注意が必要です。

1、RAMのサイズは1GB、2GB、4GBから選択できます。

2、電源は5V / 3A DCUSBタイプCになりました。 (e-markの電源コードがないことにご注意ください!)

3、2つのミニHDMI出力があります。つまり、デュアルモニターをサポートしています ! しかも4kに達することができます! !

4、Bluetooth 5.0をサポートしています!

5、4つの USB2.0から2つのUSB3.0と2つのUSB2.0になりました。

全体的な仕様を見ると、私のTinker Boardをはるかに上回り、新しいTinker Board Sよりも優れています。長い間働き続けている現役のTinkerBoardを引退させて、買い替えの時ですね。

箱開けスタート

Raspberry Pi 4デスクトップキットは、Raspberry Pi4用のデスクトップユニットです。

1、電源
2、2本のmicro HDMI ケーブル
3、マウスとキーボート
4、最新バージョンのRaspberry Pi Beginner’s Guide
5、16GB SDカード、NOOBSがインストールされている
6、Raspberry Pi 4 RAM 4GBバージョン、ケース付き

外装

外装の赤はRaspberry専用の赤で、全体のデザインスタイルもとてもRaspberryらしいです。

外箱の側面には中身にあるものが刻印されています。

開くと、電源、ケース付きのPi 4、公式マウス、SDカードがあります。

上層を持ち上げると、下層に公式キーボードがあり、キーボードの下にBeginner’sガイドがあります。

2本のミニHDMIケーブルも下層にあります。

SD card

SDカードにはアダプターが入っており、Raspberryのロゴがプリントされた、とってもキュート! !

マイクロSDカードを抜くとSanDiskEDGE16GBになります

(幸いなことに、知らないブランドのmicro SD卡 XDDではありません)。

電源

この電源のプラグモデルは米国型です。

コネクタもUSBタイプCですが、残念ながらケーブルとアダプタは分解できません。

公式マウス

マウスボックスの上部と下部の開口部にはシールがあります。 これは標準の3ボタンマウスであり、すべてのRaspberry製品と互換性があります。

マウス正面。

マウスの裏。 ちょうど手のひらくらいの大きさです。人間工学的デザインと呼ばれています。

Pi4ボディ

箱を開けるとすぐに、ずっと楽しみにしているUSB 3.0をついに装備されています! !

外殻を分解すると、すべてのジャックがまだそこにあることがわかります。

画面出力は2つのミニHDMIになります。

キーボート

キーボードパッケージの背面に、3つのUSB2.0を提供すると書いてあります。

キーボードの前面には78キーのキーボードです。 ケーブルとキーボード自体は分離できます。キーボードの共通ウィンドウキーもRaspberryPiキーに変更されました。

キーボードには3つのUSB2.0スロットがあるので、他の周辺機器を接続できるます。

USB 3.0は、大容量の読み取りと書き込みのI / O用に残してください。

mini HDMI

2つのミニHDMIが含まれているので、直接デュアルモニターを作成できます! !

公式マニュアル

Raspberry Pi Beginner’sガイドが付属品として入っています。内容はPi4をサポートするようにアップグレードされました。

内容を見ると、かなり基本的なことが書かれています!

上記はRaspberryPi 4の箱開け説明です。

ワクワクしていませんか?早速購入して使ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です