24 October, 2020

RARファイルを解凍できない理由と解決策

「私は重要なRARファイルを持っています。今日、このファイルを解凍しようとしましたが、Winrarは解凍を完了できず、ファイルが破損していることが知らされました。ファイルが破損している理由と、ファイルを解凍できない理由がわかりません。ファイルを作成する方法はありますか? このエラーを修正してファイルを解凍する方法はありませんか?」

RARファイルを解凍できないことは深刻な問題であり、このRARファイルには重要なファイルまたはプログラムがあるかもしれません。 一般的に、Winrarがこのファイルを解凍できない場合はファイルが破損していることを意味します。 このとき、WinRarは実際の状況に応じて異なるエラーメッセージを表示します。

•RARファイルが破損している
•解凍するのに十分なハードディスク容量がない
•選択したファイルはRARファイルではない
•ファイルにアクセスできない
•不明または破損したWinRARファイル

RARファイルに問題がある場合に表示されるいくつかのエラーメッセージわかりましたがwa、なぜこれらのエラーが発生するのですか?

RARファイルエラーのいくつかの理由

ネットワーク上でRARファイルを送信する場合、使用されている送信ソフトウェアやネットワークの問題、またはハードディスクなどのストレージデバイスの問題によって、RARファイルが破損します。 同時に、圧縮または解凍プログラムに問題がある場合、RARファイルは解凍できません。

エラーメッセージが「予期出来ない圧縮ファイルの端末」および「確認エラーが発生しました。ファイルが破損しています。」の場合でも、ほとんどのファイルを取り戻すことも可能です。 その他のエラーメッセージについては正常に修復できるかどうかをテストしていませんが、使用している圧縮/解凍ツールはWinRARであり、他の圧縮/解凍ツールはテストしていません。

まず、1つ目の方法について説明します。ダブルクリックして解凍する圧縮ファイルを開き、エラーメッセージボックスを閉じて、圧縮パッケージ内のファイルを右クリックし、ポップアップされたメニューから[圧縮ファイルを修復]を選択します。ショートカット キーはAlt + Rです。 この方法は、WinRARソフトウェアに付属の修復機能を使用しています。この方法の成功率は高くなく、個人的にはそんなにお勧めしませんが、あまり損傷していないファイルであれば修復できます。

2番目の方法は基本的に1番目の方法とほとんど同じです。最初のステップは、解凍する圧縮ファイルを開き、エラーメッセージのプロンプトボックスを無視することです。圧縮パッケージ内のファイルを右クリックし、ポップアップされたメニューから[確認なし直接解凍]を選択します 。そのショートカットキーはAlt + Wです。 これは、エラーメッセージを無視してファイルを直接解凍する方法ですが、最初の方法と同じく、成功する可能性も非常に低くなっています。

3番目の方法は、最も効果的です。圧縮されたパッケージ内のファイルが破損していない限り、解凍したものは必ず正常に使えます。操作方法は、ダブルクリックで開く必要はありませんが、圧縮ファイルを直接右クリックし、「ファイルの解凍」を選択します。ポップアップされたダイアログボックスで「破損したファイルを残す」を選択して「OK」をクリックして、ファイルが解凍されます 。しかし圧縮パッケージ内のファイルが本当に破損している場合は、この方法は効きません。。

上記の3つの方法は、RARファイルまたはZIP形式の圧縮ファイルを修復するためのものです。圧縮パッケージ内のファイルは修復できません。このような問題が発生した場合は、上記の3つの方法を試してみてください。ほとんどのエラーは解決できます。

ネットワークまたはソフトウェアのダウンロードが原因でダウンロードされた圧縮パッケージは不完全であり、データは失われます。

1.ネットワーク上の理由による場合は、別の時間帯でもう一度ダウンロードしてください。

2.ソフトウェアのダウンロードが原因である場合は、ダウンロードソフトウェアをすぐに使用せず、「名前を付けて保存」してください。

たとえば、Thunderを使用して圧縮ファイルをダウンロードした後、何度もダウンロードしても、「この圧縮ファイルの形式が不明であるか、データが破損しています。」というメッセージが表示されましたが、圧縮ファイルは実際に自分でアップロードしました! ですからこのファイルは問題は問題がないはずです。 「名前を付けて保存」でダウンロードしましたが、ダウンロードに成功し使用できます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です