ホーム > >

Python 3 OSファイル/ディレクトリ方法

osモジュールは、ファイルとディレクトリを処理するための非常に豊富な方法を提供しています。 一般的に使用される方法を次の表に示します。

番号メソッド及び説明
1os.access(path, mode)
アクセス権限を確認する
2os.chdir(path)
現在の作業ディレクトリを変更する
3os.chflags(path, flags)
パスのマーカーを数字マーカーに設定する
4os.chmod(path, mode)
権限を変更する
5os.chown(path, uid, gid)
ファイルの所有者を変更する
6os.chroot(path)
現在のプロセスのルートディレクトリを変更する
7os.close(fd)
ファイル記述子fdを閉じる
8os.closerange(fd_low, fd_high)
fd_low(含まれている)からfd_high(含まれていない)までのすべてのファイル記述子を閉じる。エラーは無視される。
9os.dup(fd)
ファイル記述子fdをコピーする
10os.dup2(fd, fd2)
1つのファイル記述子fdを別のfd2にコピーする
11os.fchdir(fd)
ファイル記述子で現在の作業ディレクトリを変更する
12os.fchmod(fd, mode)
ファイルのアクセス許可を変更し、ファイルは引数fdで指定され、引数モードはUnixでのファイルアクセス許可である。
13os.fchown(fd, uid, gid)
ファイルの所有権を変更するには、この関数はファイルのユーザーIDとユーザーグループIDを変更する。このファイルはファイル記述子fdで指定される。
14os.fdatasync(fd)
ファイルは強制的にディスクに書き込まれる。ファイルはファイル記述子fdで指定されるが、ファイルのステータス情報は強制的に更新されない。
15os.fdopen(fd[, mode[, bufsize]])
ファイル記述子fdを使用してファイルオブジェクトを作成し、このファイルオブジェクトを返す
16os.fpathconf(fd, name)
開いているファイルのシステム構成情報を返す。 nameは、検索したシステム配置の値である。システム値を定義する文字列の場合がある。これらの名前は、多くの標準(POSIX.1、Unix 95、Unix 98など)で指定されている。
17os.fstat(fd)
stat()のように、ファイル記述子fdのステータスを返す。
18os.fstatvfs(fd)
ファイル記述子fdを含むファイルのファイルシステムに関する情報を返す。Python3.3はstatvfs()と同じである。
19os.fsync(fd)
ファイル記述子fdを含むファイルをハードディスクに強制的に書き込む。
20os.ftruncate(fd, length)
ファイル記述子fdに対応するファイルをクリップするため、最大でファイルサイズを超えることはできない。
21os.getcwd()
現在の作業ディレクトリに戻る。
22os.getcwdb()
現在の作業ディレクトリのUnicodeオブジェクトを返す。
23os.isatty(fd)
ファイル記述子fdが開いていて、同時にtty(-like)デバイスに接続されている場合はtrueを返し、そうでない場合はFalseを返す。
24os.lchflags(path, flags)
パスのマークをchflags()のような数字マークに設定するが、ソフトリンクはない。
25os.lchmod(path, mode)
接続ファイルのアクセス許可を変更する。
26os.lchown(path, uid, gid)
chownと同様に、ファイルの所有者を変更するが、リンクを追跡しない。
27os.link(src, dst)
ハードリンクを作成する。引数dstという名前で、引数srcを指す。
28os.listdir(path)
パスで指定されたフォルダに含まれるファイルまたはフォルダの名前のリストを返す。
29os.lseek(fd, pos, how)
ファイル記述子fdの現在の位置をposに設定する。変更方法:SEEK_SETまたは0は、ファイルの先頭から計算される。SEEK_CURまたは1は現在の位置から計算される。os.SEEK_ENDまたは2は最後から計算される。unixやWindowsでは有効になる。
30os.lstat(path)
stat()と類似だが、ソフトリンクはない。
31os.major(device)
元のデバイス番号からデバイスのmajor番号を抽出する(statのst_devまたはst_rdev fieldを使用する)。
32os.makedev(major, minor)
majorデバイス番号とminorデバイス番号を使用して元のデバイス番号を作成する。
33os.makedirs(path[, mode])
再帰的なフォルダで関数を作成する。 mkdir()と類似だが、作成されるすべてのintermediate-levelフォルダにはサブフォルダーが含まれている必要がある。
34os.minor(device)
元のデバイス番号からデバイスのminor番号を抽出する(statのst_devまたはst_rdev fieldを使用する)。
35os.mkdir(path[, mode])
数値モードでpathという名前のフォルダを作成する。デフォルトのモードは0777(8進数)である。
36os.mkfifo(path[, mode])
名前付きpipeを作成する。モードは数値で、デフォルトは0666(8進数)である。
37os.mknod(filename[, mode=0600, device])
filename(ファイル、デバイス特殊ファイル、または名前付きpipe)という名前のファイルシステムノードを作成する。
38os.open(file, flags[, mode])
ファイルを開き、必要な開くオプションを設定する。mode引数はオプションである。
39os.openpty()
新しい偽端末ペアを開く。 ptyとttyのファイル記述子を返す。
40os.pathconf(path, name)
関連ファイルのシステム構成情報を返す。
41os.pipe()
pipeを作成する。読み取りと書き込みのそれぞれのファイル記述子(r、w)のペアを返す。
42os.popen(command[, mode[, bufsize]])
コマンドからpipeを開く。
43os.read(fd, n)
ファイル記述子fdから最大nバイトを読み取り、読み取ったバイトを含む文字列を返す。ファイルに対応するファイル記述子fdが終わりに達し、空の文字列が返される。
44os.readlink(path)
ソフトリンクが指すファイルを返す。
45os.remove(path)
パスがpathであるファイルを削除する。 パスがフォルダの場合、OSErrorがスローされます。ディレクトリを削除するには、以下のrmdir()を参照してください。
46os.removedirs(path)
ディレクトリを再帰的に削除する。
47os.rename(src, dst)
srcからdstにファイルまたはディレクトリの名前を変更する。
48os.renames(old, new)
ディレクトリの名前を再帰的に変更するか、ファイルの名前を変更する。
49os.rmdir(path)
パスで指定された空のディレクトリを削除する。ディレクトリが空でない場合、OSError例外がスローされます。
50os.stat(path)
pathで指定されたパスの情報を取得する。機能は、C APIのstat()システムコールと同じである。
51os.stat_float_times([newvalue])
stat_resultがタイムスタンプをfloatオブジェクトとして表示するかどうかを決定する。
52os.statvfs(path)
指定されたパスのファイルシステム統計データを取得する。
53os.symlink(src, dst)
ソフトリンクを作成する。
54os.tcgetpgrp(fd)
端末fdに関連付けられたプロセスグループを返す(os.open()によって返されるオープンファイル記述子)
55os.tcsetpgrp(fd, pg)
端末fd(os.open()によって返されるオープンファイル記述子)に関連付けられているプロセスグループをpgに設定する。
56os.tempnam([dir[, prefix]])
Python3で削除された。 一時ファイルの作成に使用される唯一のパス名を返す。
57os.tmpfile()
Python3で削除された。 モード(w + b)で開いたファイルオブジェクトを返す。このファイルオブジェクトにはフォルダエントリもファイル記述子もない。自動的に削除される。
58os.tmpnam()
Python3で削除された。 一時ファイルを作成するための唯一のパスを返す。
59os.ttyname(fd)
ファイル記述子fdに関連付けられた端末デバイスを表す文字列を返す。 fdが端末デバイスに関連付けられていない場合、例外が発生する。
60os.unlink(path)
ファイルパスを削除する
61os.utime(path, times)
指定されたパスファイルのアクセス時間と変更時間を返す。
62os.walk(top[, topdown=True[, onerror=None[, followlinks=False]]])
フォルダ内に出力されたファイル名は、ツリー内を歩くことで上下に移動する。
63os.write(fd, str)
文字列をファイル記述子fdに書き込む。書き込まれた文字列の実際の長さを返す。
64os.path 模块
ファイルの属性情報を取得する。
65os.pardir()
現在のディレクトリの親ディレクトリを取得し、ディレクトリの名前を文字列として表示する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です