ホーム > >

スライドマスターの使い方 ― powerpointの効率を向上させる

DIY(自分で作成する)PPTテンプレートは、PPTの専門家とPPTの初心者を区別するための重要な要点です。DIYテンプレートを学ぶことで、PPT作成の効率を大幅に向上させることができ、友人から羨ましがります。著者は詳しい解説を用意しているため、読者の皆さんがDIYテンプレートの使い方をすばやく習得するのに役立つと思います。

解説:

PPTソフトウェアには、直接使用できる多くのテンプレートが提供しています。次の図に示すように、[表示]をクリックし、[スライドマスター]をクリックして、PPTテンプレートを表示します。

[ホーム]タブをクリックし、[レイアウト]を選択して、システムにあるテンプレートを使用できます。

[表示]をクリックし、[スライドマスター]をクリックして、PPTテンプレートを表示します。

左側にある最初のスライドは、テンプレートセット全体の配色、フォント、背景などを制御します。最初のスライドでは、フォントの変更、画像の挿入などを行うことができ、すべてのスライドも操作に一致します。例えば、タイトルフォントを濃い青と太字に変更すると、すべてのページのタイトルフォントが濃い青と太字になります。

1枚のスライドのみレイアウトを変更する場合、最初のスライド以外の任意のスライドを選択して変更し、他のスライドは影響を受けません。例えば、あるページのタイトルを太字、黄色に変更しても、他のページのタイトルのフォントは変更されません。

最初のスライドにロゴや補助図形などを挿入し、特別なスライドを作成して、一貫性のある1セットのスライドテンプレートを作成できるようにします。

ロゴを挿入します。

ロゴの位置を調整します。

長方形を挿入し、色を青に調整します。

長方形を右クリックして、[頂点の編集]を選択します。

頂点の位置を移動して、水面のように長方形の形状を調整します。

最後に、ロゴを最前面に移動し、サイズを調整して、スライドを美化します。

これでオリジナルのPPTテンプレートが作成できました。

新しいテンプレートセットをデザインする場合は、[スライドマスターを挿入]をクリックして、2つ目のテンプレートを編集できます。

1セットのテンプレートでスライドの表示を説明するために、新しいスライドを作成する場合、[レイアウトの挿入]をクリックして、シンプルなスライドレイアウトを挿入できます。

次に、[プレースホルダーの挿入]をクリックし、[図]、[テキスト]、[コンテンツ]などのオプションを挿入して、テンプレートに表示ロジックを配置します。

これで、このテンプレートにある1つのスライドのデザインが完成します。

このような小さなスキルを習得できれば、個人的な特徴を持つPPTテンプレートを作成できるようになります。場合によって異なるタイプのテンプレートを作成すれば、発表会に役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です