20 October, 2020

Power BIチュートリアル+解説:3つのステップで使い方を身につける

Power BIとは何ですか?

Microsoftの公式サイトの概要紹介によると、Power BIは、Office365ソフトウェアの1つであるデータ分析およびdata Insightを共有するためのツールです。 Power BIのメリットは、ユーザーが気楽にデータをチャートに変換でき、分析結果のダッシュボード(Dashboard)を他のユーザーと共有できることです。これより、以前のレポートとデータを統合することは今する必要がなく、ユーザーも前よりデータ分析に集中できます。データをアップロードできるだけでなく、他のデータベースと共有して、分析用のデータを直接抽出することもできます。上級のバージョンでは、ライブ分析(Live analytics)も実行でき、グラフはライブの条件によって変化し、IoTによく使用されます。

4つの重要な機能

初心者の場合には、BIを利用する前に、次にある4つの機能種類を了解しなければならないです。(著者:自分も何度の間違った後、やっとその種類の区別がつきました。)

  • データをチャートに変換するために使用される
  • チャートレポートを表示する
  • インポートしたデータテーブル(Excelなど)を変更する
  • 接続されているデータベースを確認する

「マイワークスペース」はよく使われます。データチャートの作成に使用される重要な情報はすべてここにあります。各種類の機能は次のとおりです。

ダッシュボード

データをチャートにまとめる場所です。ここでは、データのチャートを自由に変更できます。たとえば、元々は円形のチャートを使用していましたが、ここでは長方形のチャートに変更できます。

レポート

ダッシュボードで作成したチャートを確認/共有できるチャートの表示に使用される場所で、チャートを変更できません。

ブック

インポートしたデータテーブルを変更できます。Excelファイルをインポートする場合は、ここで数値を変更できます。

データセット

接続されているデータテーブルは表示されますが、データを変更することはできません。

通常、最初はデータをPower BIにインポートまたは接続し、またダッシュボードに移動して分析するデータテーブルを選択します。チャートを作成した後、レポートでチャートを見つけて、同僚や上司と共有します。

3つのステップで産業の事例のデータを分析する

Power BIの機能を理解するために、Power BIを利用して解説します。巨大なExcelデータファイルを分析しましょう! まず、Microsoftから提供されたサンプルデータ(Power BIテスト用のExcelファイル)をここからダウンロードします。 データテーブルをインポートします。(左下の矢印は「データを取得」と表示されます)ExcelファイルをPower BIにアップロードして、開始します。

ステップ1: 問題を見つける

複雑なデータに対して、まずは問題を見つけます。 データの分析の1つの目的は問題を説明して解決することであり、その答えはデータに隠していることがよくあります。便利なPower BI機能の1つは右側の視覚化とフィールドです。 ファクターはいつでも選択でき、最適なチャートで表示されます。 もちろん、データを視覚化することは、単に数字を見るより理解しやすいです。(これもほとんどのPower BIチュートリアルによく言われる要点です。)

ここにはさまざまなチャートがあり、需要に応じて選択できます。

データ内のフィールド ( Factor ) は、自分の好みに自由に選択でき、データのグラフ化を実現します。

データの名前を見るだけで、これが営業部のデータセットであることがわかります。 経営管理者として、この部門の情報を分かるべきです。それはどの項目で決まりますか?

もちろん利益とコストです。そのため、二つのフィールドを選択します。

(1)Marketing cost (2)Profit

1、Marketing Cost コスト
2、Profit 利益
(3)、コストは利益より高いのは赤字を示します。

(3)チャートを見るだけで、コストが収益より高いことが分かります!これも分析の課題です。赤字の原因は何ですか?

ステップ2:この問題が発生する原因を理解する

Power BIを活用してデータを分析しましょう。コストはどこで使われることを調べます。

(1) Marketing Cost 、(2) Campaign Tacticを選択します。

1、Campaign Tactic キャンペーンの種類
2、Marketing Cost コスト
3、ほとんどのお金はイベントとソーシャルに使われます

ほとんどのコストはイベントとソーシャルに使用されていることが分かるため、これに投資した利益を調べると、赤字の原因が分かります。

ステップ3:問題の原因を見つける

イベントとソーシャルに投資されたお金について実際の収益がありますか?それは赤字の原因ですか?

(1) Campaign tactic (2) Lead status (3) Leadsを選択して、各キャンペーンに興味がある顧客の人数が分かります。

1、Campaign Tactic キャンペーンの種類で、例えば、ソーシャル、電子メールなど
2、Lead status 興味がある顧客の状況で、Accepted(容認された)、Active(意欲的な)とQualified(適格とする)に分けられる
3、Lead 興味がある顧客
(4)、イベントはソーシャルより潜在的な顧客の人数が多いことがはっきり見える
(5)、イベントからもたらされた顧客の7割はActive(意欲的な)とQualified(適格とする)で、ソーシャルからもたらされた顧客の半分以上はAccepted(容認された)である

(4)LeadsとCampaignのチャートのみを見ると、イベントはソーシャルより潜在的な顧客の人数が多いことが分かります。

(5)ただし、Leads status(顧客状況)を比較すると、問題の原因が分かります。イベントのLeads(顧客)はほとんどQualified(適格とする)であり、進展がないです。一方、ソーシャルのLeads status(顧客状況)を見ると、ほとんどはAccepted(容認された)であり、つまり営業部が顧客と連絡している状態です。

簡単に言うと、大量の資金がイベントに投資しましたが、Leads(顧客)は取引のステップに達していないため、利益がないです。今の段階で、欠損の原因はイベントに投資した資金の収益率が予想に達していないと結論付けることができます。

例の中での深く分析

もちろん、イベントの投資収益率は欠損原因の1つですが、他の原因もあるはずです。しかし、他の原因を解明することにはもっと詳しい分析が必要です。この3つのステップのチュートリアルはユーザーがPower BIを使用してデータをチャートに変換できる特性を示します。データをチャートに変換した後、BIに質問を出せば、Power BIからの返事もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です