画面を破壊せずにスマートフォンを消毒および消毒する5つの方法

携帯電話の掃除や消毒の方法は、今日誰もが学ばなければならない知識であると言えます。毎日のスマートフォンの使用回数は、間違いなく20回を超えています。ビジネスやプログラマーは言うまでもなく、 100回超えることもあります。

そして、このように電話に触れるたびに、手にあるバクテリアが携帯にくっつくので、長期になるとかなり怖いです。研究によると携帯のバイ菌はトイレのシートの10倍もあるそうです。
定期的に便座を掃除する人が多いですが、携帯電話は必ずしもそうであるとは限らず、長期間に掃除しないと、非常にリスクが高くなります。
電話に付着したバクテリアの多くが手に戻り、鼻や口に触れたり、食べたりするだけで、健康に影響を及ぼし、病気を引き起こします。
携帯電話のクリーニングは簡単に聞こえますが、実際には細心の注意が必要です。特に、市場で消毒効果のあるクリーニング製品の多くは、画面、携帯電話、または内部コンポーネントを損傷する可能性があります。
したがって、以下は5つの重要なポイントを示し、正しいクリーニング方法を学ぶことができます。

携帯電話を掃除して消毒する5つの方法

方法1:必要に応じて濡らすことができる柔らかいマイクロファイバーの布で拭きます。
AppleとSamsungのサポートページの両方で、スマートフォンを拭くために布を使用してください、特に、マイクロファイバークロスなど、柔らかく、けば立ちのない布を使用してください。
現在、ほとんどのスマートフォンは防水仕様ですので、温水と少量の石鹸で布を湿らせて、表面のふけや汚れなどの汚れを落としますが、液体がスマートフォンに付着する可能性があるので注意してください。
Appleは、クリーニングを行う前に、電話をオフにすることをお勧めします。充電しないことをお勧めします。

方法2:スプレーや漂白剤の使用を避け、スマートフォンにクリーナーを直接スプレーしないでください。「Coloxワイプ」または「消毒用ワイプ」を使用することをお勧めします。
携帯電話の画面を拭くために、従来の消毒スプレーまたは一般的に使用されるクリーナーを使用しても問題はないように聞こえますが、実際にはデバイスを損傷するかもしれません。
iPhoneやその他のスマートフォンを完全に掃除したい場合は、「Coloxワイプ」または70%の消毒用ワイプを使用することをお勧めします。
ただし、拭き取り中に穴の位置は、充電ポートやマイクなどの洗浄液が入らないように注意し、デバイスに洗浄剤を直接スプレーしないでください。
クリーナーを使用すると、画面の表面のコーティングが破壊され、携帯電話の画面が壊れやすくなります。指紋がつきやすくなるだけでなく、傷が付く場合もあります。
スマートフォン保護サービスのSquareTradeは、「スマートフォンの画面は手の油が付着するのを防ぐためにコーティングされており、そのようなクリーナーを使用すると害を及ぼす可能性がある」と述べました。

方法3:携帯電話でUV消毒ボックスを使用して細菌を殺すことも検討できます。
別の新しい滅菌方法に取り組んでいる場合は、携帯電話のUV消毒ボックスなどを試すことができます。
このタイプのマシンは、UVを使用してバクテリアやウイルスを分解します。箱は大きくなく、携帯電話のコレクションのようです。
UV消毒ボックスの有効性を証明する多くのレポートはありませんが、海外メディアのnsider Reviews、CNN、 Reviewed のレビューで高い評価を得ています。
興味のあるお友達も、携帯電話用の7つの最高のUV消毒ボックスをまとめました

方法4:いつでも手をきれいにして清潔に保つ
治療よりも予防は大切です。多くの人がそれを聞いたと思います。そのため、クリーニングに加えて、常に手を清潔に保つことも非常に重要です。
きれいに保つ方法はたくさんありますが、私の個人的なアドバイスは、水と石鹸で洗うことです。手のひらだけでなく、指と爪の内側の細かい縫い目にも注意してください。
本当に手を洗えない場合は、ウェットティッシュや手指消毒剤などを携帯し、必要に応じて取り出して拭いてください。 ただし、注意が必要なのは、アルコールが含まれている場合、あまり頻繁に使用することはお勧めできません。これは、皮膚に損傷を与える可能性があります。

方法5:携帯電話の保護カバーを持っている人のために、保護カバーは洗剤を(一部)使用できます。
スマートフォンに保護カバーが付いている場合、保護カバーは基本的に洗剤を使用できますが、すべてではありませんが、素材によって異なります。
意図的に電話ケースを取り外す必要はありません。触れる場所が清潔であることを確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です