ホーム > >

Perl スカラ

スカラはデータの単純な単位です。

スカラは、整数、浮動小数点数、文字、文字列、段落、または完全なWebページにすることができます。

次には、スカラの例を示します。

実例


#!/usr/bin/perl
 
$age = 20;             # 整数の割り当て
$name = "Ceodata";   # 文字列
$salary = 130.50;     # 浮動小数点
 
print "Age = $age\n";
print "Name = $name\n";
print "Salary = $salary\n";

上記のプログラムを実行した出力結果は次のとおりです。

Age = 20
Name = Ceodata
Salary = 130.5

スカラー数値

スカラーは通常、数値または文字列です。次には、さまざまな型のスカラー数値の例を示します。

実例


#!/usr/bin/perl
 
$integer = 200;
$negative = -300;
$floating = 200.340;
$bigfloat = -1.2E-23;
 
# 八進法 377 , 十進法は
$octal = 0377;
 
# 十六進法 FF, 十進法は 
$hexa = 0xff;
 
print "integer = $integer\n";
print "negative = $negative\n";
print "floating = $floating\n";
print "bigfloat = $bigfloat\n";
print "octal = $octal\n";
print "hexa = $hexa\n";

上記のプログラムを実行した出力結果は次のとおりです。

integer = 200
negative = -300
floating = 200.34
bigfloat = -1.2e-23
octal = 255
hexa = 255

文字列スカラー

次の実例には、さまざまな型の文字列スカラーの使い方を示します。一重引用符と二重引用符の使用上の違いに注意してください。

実例


#!/usr/bin/perl
 
$var = "文字列スカラー - 初心者チュートリアル!";
$quote = '一重引用符で囲んでいる - $var';
$double = "二重引用符で囲んでいる - $var";
 
$escape = "エスケープ文字の使用 -\tHello, World!";
 
print "var = $var\n";
print "quote = $quote\n";
print "double = $double\n";
print "escape = $escape\n";

上記のプログラムを実行した出力結果は次のとおりです。

var = 文字列スカラー - 初心者チュートリアル!
quote = 一重引用符で囲んでいる - $var
double = 二重引用符で囲んでいる - 文字列スカラー - 初心者チュートリアル!
escape = エスケープ文字の使用 -    Hello, World!

スカラー演算

次にはスカラー演算の例を挙げます。

実例


#!/usr/bin/perl
 
$str = "hello" . "world";       # 文字列が連結される
$num = 5 + 10;                  # 2つの数値を加算する
$mul = 4 * 5;                   # 2つの数値を乗算する
$mix = $str . $num;             # 文字列と数値を接続する
 
print "str = $str\n";
print "num = $num\n";
print "mix = $mix\n";

上記のプログラムを実行した出力結果は次のとおりです。

str = helloworld
num = 15
mix = helloworld15

複数行の文字列

一重引用符を使用して複数行の文字列を出力できます。次には例を挙げます。

実例

#!/usr/bin/perl 
$string = ' 初心者チュートリアル 
—— 初心者チュートリアル-テクノロジーを学ぶだけでなく、夢こそ! '; 
print "$string\n";

上記のプログラムを実行した出力結果は次のとおりです。

初心者チュートリアル
——初心者チュートリアル-テクノロジーを学ぶだけでなく、夢こそ!

“here” document のような構文を使用して、複数行を出力できます。

#!/usr/bin/perl
 
print <<EOF;
初心者チュートリアル
    —— テクノロジーを学ぶだけでなく、夢こそ!
EOF

上記のプログラムを実行した出力結果は次のとおりです。

初心者チュートリアル
    —— テクノロジーを学ぶだけでなく、夢こそ!

特殊文字

次には、Perlで特殊文字の使い方について説明します。例えば、__FILE__、__LINE__と__ PACKAGE__はそれぞれ、現在実行中のスクリプトのファイル名、行番号、パッケージ名を表します。

ヒント:は2つのアンダースコアであり、 __FILE__の前後に2つのアンダースコアがあります。

これらの特殊文字は個別のマークであり、文字列に記述できません。次には例を挙げます。

実例


#!/usr/bin/perl
 
print "ファイル名 ". __FILE__ . "\n";
print "行番号 " . __LINE__ ."\n";
print "パッケージ名 " . __PACKAGE__ ."\n";
 
# 解析できない
print "__FILE__ __LINE__ __PACKAGE__\n";

上記のプログラムを実行した出力結果は次のとおりです。

ファイル名 test.pl
行番号 4
パッケージ名 main
__FILE__ __LINE__ __PACKAGE__

v文字列

vで始まり、後ろに句点で区切られた1つ以上の整数が続けると、文字列として認められます。

各文字の数値を直接宣言する場合、”\x{1}\x{14}\x{12c}\x{fa0}” と異なり、v文字列はより理解しやすい文字列を作成する方法を提供します。次には例を挙げます。

実例

#!/usr/bin/perl
 
$smile  = v9786;
$foo    = v102.111.111;
$martin = v77.97.114.116.105.110; 
 
print "smile = $smile\n";
print "foo = $foo\n";
print "martin = $martin\n";

上記のプログラムを実行した出力結果は次のとおりです。

Wide character in print at test.pl line 7.
smile = &#x263a;
foo = foo
martin = Martin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です