ホーム > >

Perl ループ

同じコードをプールする必要がある場合があります。通常、ステートメントは順番に実行されます。関数の最初のステートメントが最初に実行され、次には2番目のステートメントが実行されます。このように類推します。

プログラミング言語は、より複雑な実行パスに対して、さまざまな制御構造を提供します。

ループステートメントを使用すると、ステートメントまたはステートメントグループをループできます。下記のテーブル、ほとんどのプログラミング言語に適用するループステートメントのフローチャートです。

数値0、文字列 ‘0’、 “”、空の list () 、およびundefはfalseであり、他のすべての値はtrueであることに注意してください。trueの前に!またはnotを使用すれば、 falseを返します。

Perl言語には、下記のいくつかのループ型を提供します。

ループ型説明
while ループ指定された条件がtrueの場合、ステートメントまたはステートメントグループがループします。本体をループする前に、先に条件をテストします。
until ループステートメントまたはステートメントグループは、指定された条件がtrueになるまでループします。本体をループする前に、先に条件をテストします。
for ループ一連のステートメントを複数回に実行して、ループ変数のコードを簡略化して、管理します。
foreach ループforeachループは、リストまたは集合変数の値をループするために使用されます。
do…while ループ本体の最後のテスト条件をループする以外、whileステートメントに似てます。
ネストされたループwhile、for、またはdo..whileループ内で1つ以上のループを使用できます。

ループ制御文

ループ制御文は、コードの実行順序を変更します。これより、コードのジャンプを実現できます。

Perlには、下記のループ制御文が提供されます。

制御文説明
next 文next文の次の制御文からループ本体の最後までの制御文の実行を停止し、continue文ブロックに切り替えてから、ループ本体の先頭に戻って次のループを実行します。
last 文ループ文ブロックを終了し、ループを終了します。
continue 文通常、continue文ブロックは、条件文が評価される前に実行されます。
redo 文redo文はループ本体の最初の行に直接移動してループします。redo文の後の制御文は実行しなく、continue文ブロックも実行しません。
goto 文Perlには3つのgoto文があります:get LABLE、goto EXPR、およびgoto&NAMEです。

無限ループ

条件がfalseにならない場合、ループは無限ループになります。

forループは、従来の意味で無限ループを実装するために使用できます。

ループを構成する3つの式はいずれも必要ないため、一部の条件式を空白のままにして、無限ループを構成できます。

実例

#!/usr/bin/perl
 
for( ; ; )
{
   printf "無限ループが実行されます。\n";
}

Ctrl + Cを押すと、ループを終了できます。

条件式が存在しない場合は、trueと見なされます。 初期値とインクリメント式を設定できますが、通常、Perlプログラマーは for(;;)構造を使用して無限ループを表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です